2005年11月22日

構造計算書の偽造(その3)−責任の分担

 世の中、マンションの作り手よりも、買手となる人が多数派ですから、耐震計算書偽造の問題で気になるのは、 偽造に至るプロセスよりも、欠陥構造物に住むことになってしまった人々への賠償に関することでしょう。
 転居等の費用を負担する、といった発表をしている建築主もある一方で、偽造については姉歯設計以外の関係者は、 今のところ「知らなかった」として責任を認めていないようです。

 私の勝手な見立てでは、検査機関を除き、「全く知らなかった・気づかなかった」ということは無かったと思いますが、 どうなのでしょう。検査機関については「内容はチェックしていないので知らなかった」というところでしょうか。

 賠償を受ける側としては、別に誰が賠償してくれても良いのでしょうが、賠償する側としては、 瑕疵は無い(責任はない)、として賠償を回避したいところでしょうね。賠償するとしても、偽造に関しての責任は認めず、 企業イメージの悪化をわずかでも食止めたい、というところでしょうか。

 偽造の実行犯、という感じの姉歯一級建築士ですが、計算書を偽造した事実からは逃れられない、と見て、一か八か、 暴露戦術に出ようとしているのでしょうか。
 インタビューに応じたりするのは、戦術の一環かもしれませんね。

posted by いさた at 18:37 | Comment(3) | TrackBack(9) | 建築関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
TBありがとうございます。
戦術ですか^^;
確かにそのような考え方もできますね!

一つ思うのですが、姉歯さんの誠意があまり感じられない気がしますね。。。
Posted by achi at 2005年11月25日 17:42
こちらこそTBありがとうございます。
姉歯さんにしてみれば、確かに書類の偽造はしたけれども、その動機はクライアントの圧力であり、検査機関も偽造に気づいていない。自分「だけ」が悪いわけではない、という心境なのではないでしょうか。
そういう心境では、なかなか誠意を感じる態度はとれないのではないでしょうか。
Posted by いさた at 2005年11月25日 17:55
今、世間を騒がせている耐震偽装犯罪の姉歯建築士も創価学会員です。
そして、その尻拭いに税金を投入しようとしている北側国土交通大臣も創価学会員です。
創価学会の狂信者達は、どこまで身勝手なのでしょうか?
被害者の代表も創価学会員?という情報も読んだ覚えがあります。
創価学会の悪行もいい加減にして欲しいですね。

こんなカルト集団が作った公明党など皆で潰しましょう。

【参考ブログ】
創価大学出身政治家・北側国土交通大臣が公金を投入したがる理由とは!?
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10006879677.html
必撮!勤め人 2005年 11月 29日 人命のデフレ(GRD)
http://artisan.exblog.jp/2032542

ついでに

 オーストリアが創価学会(公明党)をカルト(セクト)に指定
 http://www.lermanet.com/cisar/books/990913b.htm
 チリ議会が創価学会(公明党)をカルトに指定
 http://www.hrwf.net/html/chile2001.html
 ベルギーが、創価学会(公明党)をカルトに指定
 http://members.ozemail.com.au/~skyaxe/mahikari.htm

 京都 相国寺・金閣寺・銀閣寺・承天閣美術館の公式ホームページ
 http://www.shokoku-ji.or.jp/information/activity/shoseki/shoseki04.html
Posted by an_idle at 2006年01月04日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

姉歯建築問題の裏で・・・
Excerpt: ここのところ目立ったニュースがなく(マスコミが力を入れて流すニュースという意味)、姉歯建築問題がニュースをにぎわしていますが、APECに関することなど、もっとやらなければいけないことがあるのではないで..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-11-24 19:06

次々と明らかになる欠陥建築物
Excerpt: 姉歯系建築物に、次々と欠陥建築物が明らかになっています。これから、姉歯系建築物以外にも、探せばどんどん出てくるでしょうが、これは業界の体質改善のための膿を出す作業だと思っています。 しかし、こうやっ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-11-24 19:07

建築物の安全性も金次第
Excerpt: 千葉県の姉歯建築設計事務所によって作成された「構造計算書」に耐震強度の値に偽造があり、建設されたマンションなどは、震度5強で崩壊する恐れがあるとのこと。 兄やんとしては、他にも同じようなことが明るみ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-11-24 19:08

耐震強度偽装発覚
Excerpt: 1都2県のマンションやホテルの耐震性を示す「構造計算書」が偽造されていた。 民間の指定確認検査機関も構造計算書のずさんな偽造を見逃していた。 http://headlines.yahoo.co..
Weblog: サラリーマンの面白ニュース発信
Tracked: 2005-11-24 21:52

姉歯建築士 業者側の圧力があったと証言
Excerpt: 姉歯建築士は、国交省が指摘した21棟すべての書類偽造を認めたうえで、コスト削減を求めるマンション開発会社や施工会社からの圧力が動機だと証言しました。 姉歯建築士は、完成済みと未完成を合わせた21棟の..
Weblog: MESSAGE FROM achi
Tracked: 2005-11-24 21:53

広がる不信:「耐震強度偽装問題」
Excerpt: とにかく分譲マンションなどに不信感が広がり始めている。例の姉歯建築設計事務所、それと民間の指定確認検査機関であるイーホームズ及びそれらの関連業者らを巡る、耐震強度偽装問題(構造計算の偽造)だ。一番の当..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2005-11-25 13:29

耐震強度偽造問題
Excerpt: 他人事じゃないかもね、手抜きマンション。 先週末から偽造構造計算書が発覚して、蜂...
Weblog: 禁煙日記 禁断症状
Tracked: 2005-12-01 02:00

姉歯元一級建築士による耐震強度の偽装問題について
Excerpt: 姉歯元一級建築士(12/8資格取り消し)による耐震強度の偽装問題について、現在テレビでも大騒ぎしてますね。 朝から夜中まで一日中といった感じです。 国交省の6日までのまとめで、姉歯元建築士が設計に..
Weblog: 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて
Tracked: 2005-12-09 01:22

耐震強度偽装問題その2
Excerpt: 自民・渡辺議員質問長すぎっ 耐震強度偽装問題証人喚問 40分中30分“演説” 『自民党・渡辺具能(ともよし)議員は、最長の40分もの時間を与えられながら、30分以上も自身の推理を披露。渡辺氏の悠長な..
Weblog: 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて
Tracked: 2005-12-17 21:33