2008年03月11日

エンデバー打上げ成功

 日本人宇宙飛行士・土井隆雄さんが乗組むスペースシャトル・エンデバーの打上げが成功したとのことです。

 期待のかかるのは、日本専用の宇宙実験施設となる「きぼう」の第1回目の設営のようです。 3回に分割して運搬するうちの、最初の回だということです。

 主目的に期待がかかるのは当然のことですが、それよりも私が気になるのは、以前に聞きつけていた、 「無重力空間でブーメランを飛ばすとどうなるか」ですね。

 予定通りにブーメランを飛ばしてもらえるのか、そして飛ばしたならどのような結果になるのか? 楽しみです(^^)

(関連記事)
宇宙ステーションでブーメランを飛ばすと・・・

 



毎日.jp
エンデバー:打ち上げ成功 「すべて順調」とNASA

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)永山悦子、大治朋子】日本初の有人宇宙施設「きぼう」 を国際宇宙ステーション(ISS)に設置する第1便の米スペースシャトル「エンデバー」が、 米東部夏時間11日午前2時28分(日本時間同日午後3時28分)、米航空宇宙局(NASA) のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。打ち上げ1時間後の会見でNASAは「すべて順調に機能している」 と明らかにし、打ち上げは成功した。エンデバーには、土井隆雄飛行士(53)が乗り組み、飛行4日目に、 きぼうの保管室を設置する予定。成功すれば、宇宙で人が過ごすことができる日本独自の空間が初めて誕生する。

 きぼうは生命科学や材料などの研究をする実験棟で、保管室のほか、5月打ち上げの実験室、 来年度中に打ち上げの船外実験施設などから成り立つ。

 シャトルに積み込む荷物には重量制限があるため、実験室に装置を入れたまま打ち上げることはできない。 このため、一部の装置を保管室に入れて最初に打ち上げておき、次いで実験室を打ち上げるという手順になった。 3回に分けて運搬され完成する。

 エンデバーには、土井さんのほかドミニク・ゴーリ船長(50)ら計7人が乗り組んだ。 土井さんは97年以来、2度目の宇宙飛行。今回の搭乗員の中では最年長で、 日本人宇宙飛行士としても毛利衛さんの52歳(00年)を抜いて最年長での宇宙への挑戦となる。飛行時間は26日 (日本時間27日)までの15日18時間7分の予定。ISS組み立てのための飛行としては過去最長となる。 きぼうの設置のほか、カナダ製の高性能ロボットアーム設置などが予定されている。

毎日新聞 2008年3月11日 15時37分 (最終更新時間 3月11日 17時16分)

 

posted by いさた at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 思い事(喜・楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

NASA、土井隆雄さん搭乗のエンデバー打ち上げ
Excerpt: 米航空宇宙局/NASAは11日未明(日本時間11日
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2008-03-12 19:31