2005年08月22日

坂本九物語を見て

ちょっと見てみるか、と思って見ているうちに、ぐいぐいと引込まれて、最後まで見てしまいました。
配役も、TOKIOの山口達也と、ともさかりえは、どちらも熱演で、なかなかのハマリ役だったのではないでしょうか。坂本九に、 大きな影響を与えたと思われる、両親役の、古谷一行と、岡江久美子はさすが、でしたね。

坂本九の活躍は、その全盛期(?)は、私がまだ生まれる前のことで、詳しくは知らなかったのですが、多少の挫折や問題があったものの、 ほぼ順風満帆な人生だったように見えました。
本名が九と書いて「ひさし」と読むというのは知りませんでした。意外です。

坂本九さんの死は、あまりにも唐突で、43歳というのは早すぎた。
しかし、その反面で、劇的な人生の幕切れによって、坂本九は伝説として、名を残すことになった。
感動したドラマでした。

posted by いさた at 00:19 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

179. 坂本九ファミリー ママ エセフィーユ クリスマスコンサート
Excerpt: 「ファミリーコンサートをいつかやりたい」の書き出しのハガキを故坂本九さんの奥様 柏木由紀子さんからいただきました。奥様と二人のお嬢さん 長女の大島花子さん、次女の舞坂ゆき子さんのお三方..
Weblog: 宝塚受験のための音楽教室「虹の会」を主宰する元宝塚歌劇団 七色春香 の徒然なるままにしたためた日記
Tracked: 2006-12-03 17:10