2007年06月13日

警視庁の捜査資料1万件がWinnyで流出

 警視庁の捜査資料が約1万件もWinnyで流出していたことが発覚。 26歳の巡査長の私物PCがウィルスに感染しており、そこから広まったらしいです。もれたのは捜査情報で、 個人情報はもちろんのこと、捜査に関するノウハウに関連した情報もあるかもしれませんね。 少年事件の容疑者の実名などもあるらしい。

 先日、同様の個人情報流出で、自殺した千葉の教諭がいました。 この事件の流出件数はその教諭のケースとは比べものにならないぐらい多く、かつ重要度が高いですね。 警視庁は巡査長にどのような処分をするのでしょう。江戸時代なら切腹ものか・・・・・

 何回繰返すんだ、という感じですが、こういう流出は無くなりませんね。ファイル交換ソフトは、 一度使うと辞められないものなんでしょうね。

 

毎日インタラクティブ
警視庁資料:1万件がウィニーネットに流出 少年実名も 

 個人情報が記載された強制わいせつ事件の被害者の供述調書など、 警視庁の捜査資料とみられる膨大なデータが、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」 のネットワークに大量流出していることが13日分かった。毎日新聞が入手した。流出データは全体で1ギガ以上、 ファイル数としては1万件超。警察からの流出では過去最大となる。警視庁は12日夜に流出事実を確認。 北沢署地域課の巡査長(26)の個人用パソコンに保管されていたファイル約1万件が流出し、 中に捜査情報が含まれていたとみて調べている。

 関係者らによると、流出データはフロッピーディスク約800枚分に相当し、流出時期は今春とみられる。

 データは、監視中の被疑者を撮影したとみられる写真や、被疑者の通話記録、取り調べ状況報告書、 犯罪歴照会結果報告書などと記載された捜査関連資料が多数含まれている。このほか「強姦(ごうかん)関係」「殺人未遂」 「変死」など事件ごとに分けたフォルダーもあり、中には、住所、氏名などの個人情報が記された少年事件の書類もある。

 ほとんどが04年から05年に作成されたもので、 警視庁の複数の署名や組織犯罪対策部の部署名が記載された公文書とみられる書類が多い。

 ウィニーを巡っては、昨春、岡山や愛媛県警など全国の警察で同様の流出が相次ぎ、 警察庁が全国の警察本部に対し、公務だけでなく私物パソコンについてもウィニー使用を禁止する緊急対策を通達している。 この時期に警視庁の大量流出が明らかになったことで、 ウィニーによる被害が国内でさらに深刻化していることを示している。

 警視庁は13日午前11時すぎから、北村博文警務部参事官が緊急に記者会見し、 情報流出したみられるデータが少なくとも文書が9000件、写真が1000件に上ることを明らかにした。

 流出元は北沢署地域課勤務の巡査長(26) が所有する自宅のパソコン2台のうちの1台とみられるという。このパソコンには、 同僚の巡査部長のパソコンから捜査資料などのデータを取り込んでいた。 流出した捜査資料の大半はこの巡査部長が組織犯罪対策1課時代に作成されたものとみられ、巡査部長からも事情を聴き、 データの確認を急いでいる。

 北村参事官は「情報セキュリティー対策を徹底している最中、このような事案が発生したことは誠に遺憾。 今後、調査を尽くして厳正に対処する」と話している。

 ◇Winny(ウィニー) インターネットを通じて、 ユーザー同士がそれぞれのパソコンに所有している音楽、写真、映像などの情報を共有し、交換し合う 「ファイル交換ソフト」の一種。02年5月に公開された。複数のサイトから無料でダウンロードできる。 各自が欲しいデータを提示し、データを所有しているユーザーが提供。匿名性が高く、 誰がどんなファイルを持っていて何をダウンロードしているのか、分からない仕組み。

毎日新聞 2007年6月13日 15時00分

 

YOMIURI ONLINE
警視庁情報1万件流出、巡査長の私物PCがウィニー感染

 警視庁は13日、同庁北沢署地域課の男性巡査長(26)の私物パソコンから、 捜査資料など約1万件の文書類や画像がインターネット上に流出したと発表した。

 問題のパソコンはファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」のウイルスに感染していたとみられ、 供述調書や被害者の実名が入った強制わいせつ事件の告訴状とみられる文書など捜査対象者の個人情報も大量に流出している。 警察庁では今年3月、全国の警察官の私物パソコンについてウィニーの有無を点検するよう指示し、 警視庁も全職員を対象に調査を実施したが、この巡査長は「ウィニーはない」と虚偽の報告をしており、 調査の不完全さも明らかになった。

 警視庁によると、12日午前8時ごろ、ネットの掲示板に「警察情報が流出している」 との書き込みがあったため、調べた結果、同日夜になって、 該当する文書約9000件と画像約1000件の流出が確認された。文書は、少年事件の捜査資料や、 カジノとばくに関する捜査報告書や供述調書、捜査対象者の銀行口座の分析資料など。

 文書には巡査長の経歴書が含まれていたことから、同庁は流出元を巡査長と特定。 13日朝から事情を聞いたところ、巡査長は「同僚からもらったデータをパソコンに取り込んでいた」と話した。 巡査長の私有パソコン2台のうち1台にウィニーがインストールされていたことが判明。 遅くとも今年4月にはウイルスに感染していたとみられる。

 流出したデータは、同じ地域課の上司の巡査部長(32) がパソコンの外付けのハードディスクに保存しており、巡査長はこのハードディスクを借りたことがあった。 この巡査部長は以前、警視庁組織犯罪対策1課などに所属しており、 外国人犯罪に関する捜査情報なども流出した可能性もある。

 北村博文・同庁警務部参事官の話「このような事案が発生したことは誠に遺憾。今後、厳正に対処したい」

(2007年6月13日14時29分  読売新聞)

 

posted by いさた at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(4) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

またもや Winnyで流出(警視庁)
Excerpt: 自衛隊や警察は本当に懲りない集団だね。今度は警視庁の捜査資料とみられる膨大なデータが北沢署地域課の巡査長(26)の個人用パソコンからWinnyを介して流出。 その量たるものファイル数としては1万件超、..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2007-06-13 23:37

警視庁の捜査情報1万件が流出
Excerpt: 北沢署巡査長PCがウィニーに感染 少年事件の被疑者名も 警視庁は13日、同庁北沢署地域課の男性巡査長(26)の私物パソコンから、捜査資料など約1万件の文書類や画像がインターネット上に流出したと発表..
Weblog: DANGER
Tracked: 2007-06-14 00:15

ハニカミ王子関連: 福澤朗アナの約束は反故?な TBS とタイガーウッズに質問したテレ朝の非常識…とか、 Winny を介して警察から捜査資料が、過去最大の流出…とか、雑記とか
Excerpt:  ゴルフのハニカミ王子こと石川遼選手に関し、 TBS の、マナー無視の取材姿勢が問題になった後、 『ピンポン!』 の総合司会を務める福澤朗アナウンサーが謝罪と共に調査報告を視聴者に言明されていました。..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-06-14 01:18

≪Winny≫警視庁極秘ファイル流出…球界&芸能界ブルブルのワケ
Excerpt: 警視庁極秘ファイル流出…球界&芸能界ブルブルのワケ  警視庁北沢署地域課の巡査長(26)の個人パソコンから警察の内部情報を含む約1万件分のデータがファイル共有ソフト「Winny」(ウィニー)を..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2007-06-14 22:07