2007年06月07日

全ての抗菌剤が効かない強力な結核菌

 昨今は薬剤に耐性のある細菌が増えて、問題になっていますが、薬剤に耐性のある結核菌がさらにパワーアップして、 全ての抗菌剤が効かない菌が、イタリアで検出されていたそうです。

 その菌に感染した患者の女性2人は、2003年に結局無くなっているとのことなので、 少なくとも4年以上前には強力な結核菌が出現していたということですね。その他、 2003年から2005年にかけてイランで見つかっているようです。

 先日、同じように薬剤耐性の高い結核菌のキャリアになっているアメリカ人が、 ヨーロッパへと新婚旅行に行って問題になっていた記憶がありますが、ペースは遅くとも、 着実に世界へと広まっていっているように思えます。

 結核菌にしてみれば、生残るための進化。人間から見れば、一度は克服したかに思えた「死の病」 が再び襲いかかるという状況。大阪は日本国内でもなぜか結核患者が多いそうです。 日本で同じ菌が発見されるのも時間の問題か?

 

YOMIURI ONLINE
あらゆる抗菌剤が効かない結核菌、イタリアなどで検出

 【ワシントン=増満浩志】感染拡大が世界で懸念されている「広範囲薬剤耐性」(XDR) の結核菌がさらに強力になり、すべての抗菌剤が効かなくなったタイプがイタリアなどで検出されたことがわかった。

 世界保健機関(WHO)ストップ結核部のマリオ・ラビリオーネ部長によると「XXDR」 (極度薬剤耐性)の結核菌という新名称も提案されているという。

 イタリアの患者は女性2人。菌は最初から多数の抗菌剤に耐性を持っていたが、 結核専門でない医療機関で様々な抗菌剤を投与され、次第にすべての抗菌剤に対する耐性がついたらしい。 2人とも2003年に死亡したことが、欧州の専門誌で先月、報告された。

 一方、イランでは03〜05年に結核患者約1300人の菌を調べた結果、 12人が検査したすべての抗菌剤に耐性を示した。米感染症学会の専門誌に載った論文によると、 12人全員が治療歴のない新規患者だった。

(2007年6月7日15時31分  読売新聞)

posted by いさた at 20:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
> 管理人様

先日、当方にて、ニホンカモシカが増えすぎ、それを天敵としていたニホンジカが増えすぎて、自然がかえって壊されているという記事を書いたのですが、なんだか、こちらの記事を拝見しながら、然への無力さを感じました。
Posted by tenjin95 at 2007年06月07日 20:52
 薬剤耐性菌は、人間の考えはまだまだ自然には及ばない、ということを端的に表している問題のひとつですね。

 結核菌対策も、新しい抗菌剤を開発する、という対策ではイタチごっこになるのは目に見えています。時間稼ぎにはなるでしょうが・・・
 全く別の観点からの対策でないと立ち向えないでしょうね。

 人間はまだまだ自然に対して「畏れ」をもって相対せねばならないという事だと思います。
Posted by いさた at 2007年06月07日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リアル・バイオハザードにならなければいいのですが・・・(耐性結核菌感染の男性が、全米を大騒動)
Excerpt:  日本でもはしか(麻疹)の集団感染で大騒ぎになっていますが、アメリカでも似たようなことで大騒動になっているみたいです。 もっとも、あちらの方の騒動は、ヨーロッパの国々も巻き込んでいるようですが・・・..
Weblog: 現代徒然草
Tracked: 2007-06-07 20:27