2007年05月17日

愛知 元暴力団員が内縁の妻を人質に立てこもり(追記有り)

 訳がわからない事件が続いていますが、愛知県は長久手町というところで、 元暴力団員が内縁の妻を人質に自宅に立てこもっており、拳銃を多数発砲、ケガ人が出ています。 立てこもりはこの記事を書いている現在も続いており、元暴力団員の子供や、現場に駆けつけた警官も拳銃で撃たれています。

 なぜこうゆう事態になったのか、この犯人が捕まらないとわからないことですが、 家族間のもめ事が原因なんでしょうか?駐車の仕方を巡って近所とトラブルがあったなどなど、情報は錯綜していますね。

 一番迷惑しているのは、現場周辺の住民です。東京都町田市であった立てこもり事件も、 事態の収拾まで長い時間がかかりましたが、こちらも同様な展開になるのでしょうか。周辺の人たちのためにも、 早く解決して欲しいですね。

 

2007.05.18 10:50追記
 現在も依然として立てこもっている模様。昨晩、負傷した警官を救出する際、若き警察官が撃たれて殉職されたとのこと。やりきれない話です。
 殉職された方に、心からの哀悼の意を捧げます。

 

asahi.com
警官救出時に別の警官撃たれ心肺停止 立てこもり事件

2007年05月17日22時35分

 17日午後3時47分、愛知県長久手町の民家で、「父が拳銃を持ち出して立てこもっている」と、 女性から110番通報があった。立てこもった男は、現場に急行した警察官に向けて複数回、発砲し、 女性1人を人質に立てこもっている。駆けつけた警察官のうち、愛知署長久手交番の木本明史巡査部長(54) が首を撃たれ、そのまま玄関先に倒れた。捜査員が男に説得を続け、同日午後9時23分に木本巡査部長を救出した。 病院に運ばれ、意識はあるという。救出の際、突入の警察官が左胸を撃たれ、心肺停止の状態だという。

 調べによると、立てこもっているのは同町長配(ちょうはい)2丁目、 元山口組系暴力団組員大林久人容疑者(50)。大林容疑者は約10年前に組から除名されたという。

 現場は、大林容疑者の自宅で、人質に取られているのは大林容疑者の内縁の妻とみられる。

 ほかに大林容疑者の長男の健人さん(25)が腹を、次女の里紗さん(21) が足をそれぞれ撃たれて病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 通報してきた女性は、最初の通報からまもなく、再び電話してきて、「父は落ち着いている。 興奮するかもしれないから来ないでください。拳銃はおもちゃです」と話した。

 午後4時ごろ、木本巡査部長は同僚の警部補(53)とともにパトカーで現場に到着。 警部補が駐車している間に、木本巡査部長が先に民家に入っていったところ、大林容疑者が3発を発砲。 警部補が駆けつけると、民家の玄関先に木本巡査部長がうずくまっていたという。

 大林容疑者は、説得にあたっている捜査員に対し、「娘と電話で話したい」と要求。 これを受けて病院で手当てを受けている里紗さんが大林容疑者と電話で連絡を取り合った。

 大林容疑者が「救急車が近づけば撃つ」と言っていたため、木本巡査部長を救出するまでの約5時間半、 近づけない状態が続き、民家から5メートルほど離れた場所から肉声で捜査員が説得していた。 突入の際に2発の銃声が現場で聞かれた。

 現場の民家は、東名高速道路名古屋インターから東に約2キロの名古屋市郊外の住宅街の一角。 近くには愛知学院大のキャンパスや中学校などがある。同町内の小中学校では、 下校する児童生徒に保護者を付き添わせるなどの措置を取った。県警は、 現場から周囲300メートルの範囲を立ち入り禁止にした。

 

「何やってるんだ」接近する捜査員に向け発砲

2007年05月17日22時48分

 元暴力団組員、大林久人容疑者(50)が自宅に立てこもって6時間余り。 撃たれて玄関先に倒れたままの木本明史(あきふみ)巡査部長(54)を助け出そうと、 捜査員らの動きが慌ただしくなった。

 午後9時15分すぎ。ジュラルミンの盾を構えた15人ほどが、一列になって家の方へ近づいていく。

 午後9時20分すぎ。「おいおい、何やってるんだ」。大林容疑者の声がして、「パーン」と1発、 発砲音。さらに35分にももう一発。

 この間、暗闇のなかで木本巡査部長は救い出されたが、新たに機動隊員が胸に銃弾を浴び、 心肺停止状態となった。

 事件が起きたのは午後3時すぎ。110番通報で駆けつけた木本巡査部長と、大林容疑者の長男、 健人さん(25)、次女の里沙さん(21)が撃たれた。

 いつもは静かな住宅街は騒然とした。上空には報道各社のヘリコプターが何機も旋回。 倒れたままの木本巡査部長が、ときおり腕を動かす様子がカメラのレンズを通して映し出された。

 近所の男子中学生は、友達2人と遊びに行く途中に発砲音を聞いた。「危ない」 と思って近くの愛知学院大学バレー部の合宿所に逃げ込んだ。

 合宿所から見ていると、ガラス窓のわきに男がいて、周囲を囲む10人以上の警察官に対し、 「窓の前に1人だけ来い」と大声をあげた。

 合宿所の学生らによると、男は進み出た警察官に拳銃を向け、「土下座しろ」「弾は100発ある」 「裏から入ってもわかるシステムになっているんだ」などと声を張り上げたという。

 かたわらで里沙さんが担架に乗せられて運ばれていった。「お願いだから撃たないで。撃たないで、 撃たないで。お願いだから」と叫んでいた。

 事件に近所の住民は声を震わせた。

 近くの機械販売会社の男性従業員によると、午後4時ごろ、 現場の家の前で4人ぐらいが言い争いをしている声がし、そのあと5、6発の銃声が聞こえた。 事務所の電気を消し外に出ないようにしたが、窓越しに玄関近くで倒れている人が見えた。

 大林容疑者は普段から、家の前の道路への車の止め方をめぐって近所の人とトラブルを起こしていた。 自分も以前、言い争いになったことがある。でも、「まさか拳銃を持っているとは。 一歩間違ったら自分も撃たれていたかもしれない。背筋が寒くなった」。

 地元の長久手町役場では、安心安全課の職員が学校や児童館などとの電話連絡に追われた。 「こんな事件は聞いたことないし、体験したこともない。庁内バタバタです」と担当職員。

 加藤梅雄町長が出張中のため、伊藤祥子副町長が陣頭指揮をとった。「子どもの安全確保が第一」と、 町内の小中学校や保育園、児童館に連絡をとり、施設に残った子どもは保護者に迎えに来させる対応をとった。

 

posted by いさた at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(6) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

内縁の妻を人質に。愛知立てこもり(継続中)【地域ニュース・凶悪事件】
Excerpt: ブッシュさんの国のように「一気に突入」「人質の安否は基本的に無視」「銃撃戦」「人
Weblog: 管理人は別の顔
Tracked: 2007-05-18 00:52

まだ続く愛知の立て籠もり事件 警官一名が死亡
Excerpt: 愛知県長久手町で起きた立て籠もり事件は、日を越えてもまだ続いています。警官一名が、銃撃され死亡しています。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2007-05-18 07:23

仲間の命は後か?愛知の立て篭もり事件
Excerpt: 地元愛知で今だ続いている立てこもり事件。朝から新聞もテレビもこのニュースばかり。
Weblog: ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳
Tracked: 2007-05-18 18:59

愛知で立てこもり
Excerpt: 17日午後3時45分ごろ、愛知県長久手町長配の民家から「父親が拳銃を持ち暴れている」と110番があった。 大林久人容疑者(50)は元暴力団員で、長男、健人さん(25)と次女、里紗さん(21)に発..
Weblog: O塚政晴と愉快な仲間達
Tracked: 2007-05-18 19:24

愛知・長久手立て籠もり事件、愛知県警堂々容疑者の身柄を確保す。
Excerpt: 人質の元妻が保護されたとの報が入ったので てっきり犯人は逮捕され事件は解決したかと思ったら まだ立て籠もり中やないかい! しかも、偉そうに「保護した」と発表しているが 人質の元妻が自力で脱出してきたの..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2007-05-18 21:13

愛知立てこもり事件
Excerpt: また、拳銃発砲事件が起こってしまいました。 警官救出時にSAT隊員撃たれ死亡 愛知立てこもり(朝日新聞) - goo ニュース 17日午後3時47分、愛知県長久手町の民家で、「父が拳銃を持ち出して立..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2007-05-18 22:00