2007年04月25日

関越道の橋梁で不適切な施工が発覚

 NEXCO東日本が、関越道にある2橋で不適切な施工がなされていたと発表。引用したYOMIURI ONLINEの記事は、何とか一般の人にわかりやすい表現を、という努力がうかがえますが、 やっぱりわかりづらい(^^;

 専門用語で書けば、「沓かアンカーバーか落橋防止かわからないが、とにかくアンカー孔モルタルのうち、 半分は砂を使っていた」ということです。1973年に施工ということなので34年前のことですね。 橋の耐震補強工事の過程で発覚したのでしょうか。
 NEXCOによれば「必要な強度は確保されている」そうです。後付チェックなので、どんな内容かわかりませんが、 無収縮モルタルの区間だけを有効として耐力チェックしてOKだった、という感じでしょうか。

 新工法として無収縮モルタルの代りに砂を使えば、モルタルが半分で済むし、コストダウンにつながるか? アンカーボルトの定着長を短くしても良いかも  :-P

 

YOMIURI ONLINE
関越道で不適切施工、橋げた固定材のモルタル代わりに砂

 東日本高速道路関東支社(東京都台東区)は24日、埼玉県内の関越自動車道川越― 鶴ヶ島インターチェンジ(IC)間の2か所で、橋げたを土台に固定する材料に、 モルタルの代わりに一部で砂が使われていたと発表した。

 耐震強度を高める補修工事を進めているが、同支社は「安全性を再計算し、必要な強度は確保されている」 としている。

 問題の工事個所は、同県川越市笠幡の本線橋と、 同県鶴ヶ島市藤金の関越道の上を通る市道を支える橋げた。2か所とも1973年に日本鋼弦コンクリート (現安部日鋼工業)が施工した。同支社によると、コンクリート製の橋げたの底に振動を吸収する緩衝材をつけ、 アンカーボルト(直径約5センチ、長さ50〜60センチ)で土台につなぎとめる。この際、土台に開けた穴 (直径約10センチ)にボルトを差し込み、砂やセメントなどを成分とする「無収縮モルタル」を流し込んで固定する。

 しかし、問題の2か所では、無収縮モルタルは土台の穴の上半分だけに入れ、 下半分には砂を入れていたことが確認されたという。

(2007年4月24日23時38分  読売新聞)

 

posted by いさた at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック