2007年04月09日

北海道苫小牧・児童虐待 長男は生ゴミで生き延びた

 以前の記事にトラックバックをいただいて知りました。北海道苫小牧市で男の子の遺体遺棄事件で、山崎愛美容疑者を、 起訴済の三男の殺人と遺体遺棄に加え、長男の保護者責任遺棄罪での起訴を検討しているとのこと。

 この容疑者は、交際相手と一緒に住みたいがために、子供が邪魔だとして自宅に放置したとんでもない母親(怒)。 以前の記事の時はわからなかったのですが、長男と三男が2人で自宅に1ヶ月間置去りされたとのこと。

 当時三歳だった長男は、自宅に取残されながらも残飯や生米、生ゴミなどを食べて生延びたとのことです・・・・ 1ヶ月間、三歳児が何とか生きていた状況を想像すると、涙が出そうになりますよ・・・
 さすがに三歳で弟の世話をするのは無理でしょう。「弟の死」ということもわからなかったのではないでしょうか。 自分のことで精一杯だったと思いますが、幸運にも生残れたのだから、これからは何とか幸せな人生を歩んで欲しいと思います。

 ところでこの容疑者、二男を亡くしていますが、こちらも虐待の可能性が高そうです。この際、 こちらについても真実を明らかにできないものか。裁判になれば懲役刑なんでしょうが、できることなら、 子供たちと同じ思いを味あわせてやるべきでしょう(怒)

(関連記事)
1歳児を自宅に置去り、死なせた21歳母親

 

毎日インタラクティブ
北海道・苫小牧の男児死体遺棄:1カ月放置、 1歳児殺害の母追起訴 生米で4歳兄生存

 北海道苫小牧市で2月に発覚した男児死体遺棄事件で、札幌地検室蘭支部は6日、母親の同市高砂町1、 無職、山崎愛美(よしみ)被告(21)=死体遺棄罪で起訴=を殺人罪で札幌地裁室蘭支部に追起訴した。 死亡した三男青空(そら)ちゃん(当時1歳)が自らの世話なしでは生存できないと認識しながら、 殺意を抱いて約1カ月放置したと地検は判断した。

 起訴状などによると、山崎被告は昨年10月30日ごろから12月4日にかけ、 青空ちゃんを当時住んでいた市営住宅に放置し、餓死か低体温症で死亡させた。発見時はミイラ状態だった。山崎被告は 「子供たちの世話が面倒になり、殺してしまえと考えた。好きな男性と暮らしたかった」と供述しているという。

 青空ちゃんと一緒に放置された長男(4)は台所にあった生の米やマヨネーズなどを食べて無事だった。 部屋の暖房はついていた。地検は長男に関しては、保護責任者遺棄罪での追起訴を検討している。【真野森作】

毎日新聞 2007年4月7日 東京朝刊

 

asahi.com
放置「餓死するはずだった」/2児遺棄事件

2007年04月07日

■チャーハンが「最後の晩餐」/生ゴミ食べ生きていた長男
――苫小牧

 幼子を2人きりにすれば2人とも餓死するはずだった。

 苫小牧市の民家の物置から幼児の遺体が見つかった事件で、死体遺棄と殺人の罪で起訴された山崎愛美 (よしみ)被告(21)は、当時1歳と3歳の男児の育児に嫌気がさし、昨年10月末、2人を残して家を出た。その前夜、 冷蔵庫の残りものでつくったチャーハンを「最後の晩餐(ばんさん)」として食べさせた。

 山崎被告が自宅に戻ったのは、1カ月余り後の同12月4日。2人を置き去りにして、 交際相手の家で暮らしていたが、1歳の青空(そら)ちゃんの遺体の腐乱化が進み、近所から悪臭の苦情が寄せられ、 家の明け渡しを迫られていたため、通告されていた退去日に仕方なく戻った。

 ドアを開けると。死んでいると思った長男が、飛び出してきて抱きついた。 冷蔵庫の中にあった残飯やマヨネーズ、米、水、さらに生ゴミを食べて、生き延びていたのだ。冬だったが、 昼間は暖房が自動的につくアパートだったため、凍死することもなかった。

 3歳の長男は、自らの命をつなぐことはできたが、弟の世話まではできなかった。 おむつもとれていないハイハイ歩きの赤ん坊の青空ちゃんは、1週間ほどで死亡したとみられる。暖房で腐乱化が進み、 近所に悪臭が漏れた。

 札幌地検の調べに対し、山崎被告は、「夜の仕事が楽しく、交際相手と一緒に住みたかったので、 子どもを殺してしまおうと思った」と供述しているという。

 地検は今後、長男に対する保護責任者遺棄罪での起訴も検討する。

     *     *     *

■殺人罪で母追起訴――札幌地検室蘭支部

 苫小牧市の民家の物置から幼児の遺体が見つかった事件で、札幌地検室蘭支部は6日、 死体遺棄罪で起訴されている同市高砂町1丁目、無職山崎愛美(よしみ)被告(21)を殺人罪で追起訴した。山崎被告は 「世話するのが面倒になり、餓死させようと思った」と殺意を認めているという。

 起訴状によると、山崎被告は昨年10月30日ごろから12月4日までの間、 当時住んでいたアパートの自室に、三男の青空(そら)ちゃん(当時1歳)を殺害する目的で放置し、死なせたとされる。

 

posted by いさた at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(4) | 時事(子供) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

山崎愛美被告 二男も殺害?動画あり
Excerpt: 北海道・苫小牧の男児死体遺棄:1カ月放置、1歳児殺害の母追起訴 生米で4歳兄生存 北海道苫小牧市で2月に発覚した男児死体遺棄事件で、札幌地検室蘭支部は6日、母親の同市高砂町1、無職、山崎愛美(..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2007-04-09 19:29

憤怒・虐待2題
Excerpt: 10歳長女に点滴針さし、尿から精神安定剤成分 母親と同居男逮捕へ 大阪市阿倍野区のマンションで小学5年の長女(10)に点滴用の針を刺す虐待を加えたとして、大阪府警阿倍野署は傷害容疑で母親(39)と..
Weblog: DANGER
Tracked: 2007-04-09 20:39

生ゴミで生きた4歳児
Excerpt: この情景を想像して落涙しない人は人間ではない。 北海道苫小牧市で1カ月近くも母親が2人の子供を家に置き去りにしたまま、男の家で愛欲に溺れていた事件。放置された1歳児は餓死したが、4歳の兄が生存し..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2007-04-09 23:34

ひどすぎる。
Excerpt: 4歳生ゴミで生存、1歳放置死…21歳母を殺人で起訴北海道苫小牧市高砂町の市営住宅で昨年12月、無職女が男児2人を1か月以上置き去りにしたうえ、死亡した三男(1)の遺体を遺棄した事件で、生き延びた長男(..
Weblog: Famiglia Nera[ 妖婦の日常劇 ]
Tracked: 2007-04-10 12:59