2007年03月01日

中学で遅刻生徒をランク付け「地獄へ直行」

 神奈川県川崎市の中学で、遅刻した生徒を回数によってランク付けし、廊下に貼り出していたそうです。 掲示はすでに止められており、掲示をした先生は学年集会で謝罪したとのこと。

 記事を読んでいて疑問に思ったのは、何が悪かったんだろう、ということですね。最高ランクの「地獄に直行」 という表現がまずかったのか、それとも「廊下」に貼り出したことが悪かったのか(各教室なら良かったのか?)。それとも、 文科省の視察があった時だけ掲示を外したことが悪かったのか。または、もっと根本的に、 遅刻をした者の名前を明らかにしたことが悪かったのか?

 掲示を行った先生と生徒との関係がよくわかりませんが、お互いに信頼関係がよく築かれていて、 掲示は指導の一環である、名前が出たら恥ずかしいから遅刻をしないように気をつけよう、 という風に理解されていたのであれば、私はそんな謝罪云々という問題ではないと思います。
 せいぜい、「地獄へ直行」ではなくて「家庭訪問」とか「厳重注意」ぐらいの表現にしてはどうか、 ぐらいではないでしょうか。

 


 

毎日インタラクティブ
中学教諭:遅刻生徒を格付け 「地獄へ直行」など掲示

 川崎市麻生区の市立長沢中(渡辺直樹校長)で昨年9〜12月、2年の学年主任の男性教諭(48)が、 遅刻した生徒の名前を回数に応じ「イエローカード」「地獄へ直行」 などと5段階にランク付けして廊下に張り出していたことが分かった。教諭は27日の学年集会で、生徒に謝罪したという。

 同校によると、ランクは遅刻回数の少ないものから順に「イエローカード」「レッドカード」 「家庭にTEL」「校長先生と面談」「地獄へ直行」。マジックで模造紙に書いて廊下に張り出し、 各ランクの脇に生徒の名前を書いた付せんをつけていた。

 渡辺校長は「教諭と生徒の関係は良好」として放置。だが、同11月、 文部科学省職員が同校を視察した際には外させた。その後、教諭は再び模造紙を張り出したが、 他の教職員の指摘で同12月末に取り外したという。渡辺校長は「教諭への指導が足りなかった。 生徒や父母に説明とおわびをしたい」と話している。【吉住遊】

毎日新聞 2007年3月1日 11時56分 (最終更新時間 3月1日 12時11分)

 

posted by いさた at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(2) | 思い事(柔らかめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【遅刻対策】もっとよいインパクトの言葉を選べなかったものでしょうか…。
Excerpt: 遅刻対策にと,受け取り方によっては「悪いインパクト」を与える文言で,遅刻した生徒を名指しにしていた中学校があったのとの事―。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2007-03-03 17:59

遅刻多い生徒は「地獄へ直行」という遅刻対策
Excerpt: 川崎市麻生区の市立長沢中学校で、2年生の学年主任を務める男性教諭が昨年9月〜12月、「イエローカード」から「地獄へ直行」まで5段階の文言を書いた模造紙を廊下に張り、遅刻回数に応じて生徒の名前を張り付け..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2007-03-03 20:08