2007年02月26日

伊吹文科相曰く、日本は「同質的な国」「人権メタボ」

 記事タイトルは、伊吹文科相が長崎県の自民党支部大会で放った言葉だそうで。

 「同質的な国」は真意を計りかねますが、例えばアメリカのような多民族の国に比べれば、 価値観やものの考え方の振れ幅が小さい、という意味なんでしょうか。これは人によって解釈が全然違うでしょうね。 (今の)日本人は多様な価値観を持っているから、同質的ではない、なんていう主張もありそう。

 「人権メタボ」は、権利のみを主張しすぎの感がある現在の状況を批判しているのでしょうか。権利のみ主張しすぎ、 という点は私も同感ですが、かといって義務ばかりではやせ細って餓死、ということになるでしょうか。 義務と権利のバランスが大切ですね。

 

100種以上の野菜、果物、穀物、海草、野草にキノコ類を凝縮、あなたのからっぽの身体へ投入!

 

asahi.com
「日本は同質的な国」「人権メタボ」と文科相発言

2007年02月25日21時21分

 伊吹文部科学相は25日、長崎県長与町で開かれた自民党長与支部大会で、 「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」と発言した。 「教育再生の現状と展望」と題して約600人を前に講演し、昨年12月に改正された教育基本法に触れて 「悠久の歴史の中で、日本は日本人がずっと治めてきた」とも語った。

 同法の前文に「公共の精神を尊び」という文言が加わったことについては、 「日本がこれまで個人の立場を重視しすぎたため」と説明。人権をバターに例えて「栄養がある大切な食べ物だが、 食べ過ぎれば日本社会は『人権メタボリック症候群』になる」と述べた。

 86年には、当時の中曽根首相が「日本は単一民族」と発言し、アイヌ民族から抗議を受けた。

 

YOMUIRI ONLINE
「大和民族が統治、日本は同質的な国」講演で文科相

 伊吹文部科学相は25日、長崎県長与町で開かれた自民党長与支部の大会で講演し、 「大和民族がずっと日本の国を統治してきたのは歴史的に間違いのない事実。極めて同質的な国」と発言した。

 講演は「教育再生の現状と展望」と題して約40分行われた。約600人を前に「悠久の歴史の中で、 日本は日本人がずっと治めてきた」とも語り、多民族国家である米国との違いを強調。 教育基本法など終戦直後に作られた法を見直す意義を指摘した。

 さらに、同法改正を説明する中で人権をバターに例え、 「毎日バターばかり食べていればメタボリック症候群になる。人権は大切なものだが食べ過ぎれば日本社会は 『人権メタボリック症候群』になる」と述べた。

 政治家の日本と民族を巡る発言では、1986年、中曽根首相(当時)が「日本は単一民族」と発言、 アイヌ民族の抗議を受けた。

(2007年2月26日13時3分  読売新聞)

 

posted by いさた at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(3) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「人権メタボリック症候群」??
Excerpt: またまた出ました大放言。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2007-02-26 20:24

伊吹文科相が”日本は極めて同質な国”
Excerpt:  伊吹文科大臣が長崎での講演で”日本は極めて同質な国”と発言したそうだ。”大和民族が日本の国を統治し
Weblog: ねじれ川柳惑星
Tracked: 2007-02-26 23:14

「極めて同質な国」の「人権メタボ」という虚妄
Excerpt: 2007.2.26.23:20ころ (2007.2.27.17:15ころ、コメン
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2007-02-27 19:57