2007年02月12日

40歳長女を監禁、衰弱死させる

 栃木県の60代の夫婦が、40歳の長女を1ヶ月あまり監禁し、衰弱死させた事件が起きていたとのこと。 長女を半畳ほどの囲いをつくってその中に監禁、衰弱して寝たきりになった後は物置の浴槽の中に放置、 と惨いことをしていたものですね・・・。

 しかし、40歳にもなったいい大人を監禁する、なんていうのはどんな事情があったのでしょう。 夫婦の供述では娘の家出を防ぐため、ということですが、どうも腑に落ちません。さらに、 長女が亡くなったのは昨年9月半ばだったそうで、なぜ半年近く経った今になって逮捕となったのか。

 謎が多い事件です。

 

asahi.com
囲いの中に監禁、40歳長女死なす 夫婦を容疑で逮捕

2007年02月12日15時39分

 40歳の長女を自宅に1カ月余り監禁し、衰弱死させたとして、栃木県警捜査1課と那須烏山署は12日、 栃木県那須烏山市南1丁目、貸家業伊藤信也容疑者(67)と妻の時枝容疑者(65) を監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

 調べでは、2人は06年8月初めごろ、自宅内の土間にトタン板で半畳ほどの囲いを作り、 長女の孝子さん(当時40)を閉じこめた。囲いの中には簡易トイレを置き、食事は3食与えていたが、 孝子さんは次第に食べ物を受け付けなくなり、9月初旬には寝たきり状態になった。排便をしやすくするため、 自宅内の物置にある使われていない浴槽内に移したまま、医師の診察を受けさせずに放置。同月15日午前5時半ごろ、 低栄養症で死亡させた疑い。同日午後0時10分ごろ、「娘の具合が悪い」と父親が119番通報し、発覚したという。

 調べに対し、2人は容疑を大筋で認めており、「娘は家出の癖があり、 回復したらまた家出をされると思い、病院に行かせなかった」と供述しているという。孝子さんは、20代で離婚した後、 両親のもとに戻ったが、02年2月、両親が家出人捜索願を出し、翌3月、福島県内で保護されたことがあったという。

 

 

posted by いさた at 17:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
> 管理人様

さきほど、テレビニュースで見て拙僧も不思議に思った一件だったのですが、ご指摘のように今後の捜査を待たないと分からないことばかりです。しかし、第一報としては、見ていて暗くなるような話です・・・
Posted by tenjin95 at 2007年02月12日 18:51
tenjin95さん、いつもお世話になっております。

>しかし、第一報としては、見ていて暗くなるような話です・・・

私は、40歳にもなった大人を監禁する、というあたりで何か複雑な事情があるのでは、と想像してしまいます。
 謎めいているだけに、気分が暗ーくなる話ですね。
Posted by いさた at 2007年02月12日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

バカヤローなやつら(47)
Excerpt: 大田原の2人死傷事故 あおり行為原因か 運転の男再逮捕へ、危険運転適用も視野大田原市の国道4号で1月、軽乗用車がガードレールに衝突し、同乗者2人が死傷した事故が、後方の乗用車にあおられるなどして起き..
Weblog: DANGER
Tracked: 2007-02-12 21:16