2007年02月01日

中国の人工衛星破片が宇宙空間の脅威に

 中国が昨年12月12日の衛星破壊実験で破壊した、人工衛星の破片が地球の上空に大量に散らばっており、 国際宇宙ステーションや他の人工衛星に衝突する危険があるとのこと。アメリカの民間機関の軌道計算により、 具体的な危険性が示されているそうです。
 デブリと呼ばれる破片は、10cm以上の大きさのものが把握されているもので517個、 さらに10cm以下のものは数千個はあると見られる、とのこと。

 デブリは秒速6〜8キロ(マッハだと17.6〜23.5)の高速で地球を周回しているそうなので、 小さなものとはいえ、運動エネルギーはすさまじいものです。もし人工衛星などを直撃したら、大事故。

 中国は、大気圏のみならず、宇宙空間でも環境破壊か・・・というニュース。もっとも、 アメリカや旧ソビエト由来のデブリも、話題にならないだけで既に大量に地球の周りを周回しているのかも。

 こういった問題は、対処する方法は無いんでしょうかね。次第に周回軌道の高度が下がってきて、 大気との摩擦でデブリが燃尽きるのを待っているしか手がないんだろうか。

 

日本がはじめて打ち上げに成功した人工衛星「おおすみ」の構造図です。国産技術での衛星打ち上げにかける技術者たちの情熱へ想い..


YOMIURI ONLINE
中国の衛星破片、軌道にびっしり…人工衛星などに脅威

 中国の弾道ミサイルによる衛星破壊実験で発生した約10センチ以上の破片(デブリ) が地球の上空を大量に取り巻き、国際宇宙ステーション(ISS) や人工衛星が危険な状態にさらされていることが米民間分析機関によるコンピューター画像の分析で明らかになった。
 雲のような無数のデブリが北極から南極の上空を通る軌道をびっしりと埋めており、 赤道に対して約50度傾いて地球を回るISSが、南半球の上空でデブリ帯を通過することがわかった。 計算に基づく具体的な衝突の危険性が示されたのは初めてで、分析を担当した科学者は「脅威である」 との見方を示している。

 分析したのは世界の宇宙機関や軍事専門家らに衛星解析データを提供する「CSSI」のトーマス・ ケルソ博士。 北米航空宇宙防衛司令部が正確に把握した大きさ10センチ以上と見られる517個のデブリの軌道データなどをもとに、 日本時間先月12日の破壊から14時間の動きを追跡した。

 破壊された衛星は高度約850キロにあったが、デブリの一部は破壊の衝撃で軌道を外れ、 高度200〜3500キロの範囲にまで散らばった。追跡できていない10センチより小さなデブリは、 さらに数千個はあると見られている。

 この領域は稼働中の衛星が多く、宇宙飛行士が滞在するISSも周回している。 デブリは秒速6〜8キロの高速で地球を回り、衝突すると大事故につながる可能性がある。 特に船外活動中の宇宙飛行士への危険が大きい。現在、個々のデブリはISSから数キロ離れているが、計算では、 米軍事衛星に約60メートルまで近づくとの結果もでた。ISSでは、 今年12月〜来年1月に打ち上げ見通しのスペースシャトル「エンデバー」に搭乗する日本の土井隆雄宇宙飛行士が実験棟 「きぼう」の一部を取り付ける船外活動を行う予定で、影響が懸念される。
(2007年2月1日13時17分  読売新聞)

posted by いさた at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック