2007年01月27日

サンヨー製洗濯乾燥機 16万台リコール

 三洋電機の洗濯乾燥機が、出火する恐れがあるとして16万台に及ぶリコールが発表されました。 2004年に同様のトラブルでリコールしたものの、修理後も発火事故が起きたため、再度のリコールとなったようです。

 「リコール」と聞くと私はクルマを思い浮かべますが、クルマに比べ、家電製品は所在の把握が難しいでしょうから、 リコールも大変ですね。

 時節柄、不具合への対応の遅れや、隠蔽ではないか?と言った点に注目され、 三洋電機もまた追及されそうな感じがします。電池の不具合に続き、イメージダウンになり、 経営再建中のサンヨーにとって影響が大きいでしょう。

 リコール対象機をお使いの方はご注意下さい。

 

asahi.com
三洋電機の洗濯乾燥機から発火7件 16万台リコール

2007年01月26日23時10分

 三洋電機は26日、04年以降に無償修理(リコール)した洗濯乾燥機が修理後にも発火、 利用者がやけどを負う事故が起きていたと発表した。問題の製品は16万4000台に上り、全対象機種を無償修理する。 同社は無償修理後の発火を公表しておらず、同日、経済産業省の指導を受けて公表した。同省は 「修理が終わるまで乾燥機能を使用しないように」と呼びかけている。
写真

会見を終え、頭を下げながら席を立つ三洋電機の有馬秀俊取締役(中央)ら=26日午後7時6分、 大阪市北区で
写真

発火する恐れがある4機種のうちの2機種。約10万台販売したAWD―A845Z(左)と、 約5万7千台販売したAWD―B860Z

 発火事故は最初のリコール前の3件を含む計7件。問題の機種は、乾燥とスチーム洗浄機能を使う際、 配線とヒーターの制御回路の接合部分(2カ所)が過熱、回路を覆うナイロン製の被膜に引火する恐れがある。

 問題の機種は02年から04年にかけて販売された。3件の発火トラブルが起きたため、 04年9月に不具合を発表。配線の接合部を修理し、カバーを不燃性のものに交換する無償修理に踏み切った。

 だが、05年4月、甲府市で修理後の機種から発火、1人がやけどを負った。この機種は、 カバーの交換など、決められた通りの修理がされていなかった。また、リコール後に発火した残りの3件は未修理機だった。

 発売時、カバーに引火の可能性があるナイロンを使っていたことについて、 大阪市内で記者会見した有馬秀俊取締役は「設計上安全に関する考え方が甘く、事前の検証も不足していた」としたが、 設計ミスは否定した。

 また、公表が遅れた理由については「修理済み品2600台を再調査したところ同様の修理ミスはなく、 再修理は必要ないと判断した」と説明。

 だが、06年11月と12月に未修理機の発火が相次ぎ、経産省が修理体制の強化を指導。 修理済み機を含め、すべてを再点検・無償修理することを決めた。対策にかかる費用は2億5000万円程度という。

 同社は27日から該当機種の使用者向けにフリーダイヤル(0120・34・3226)を開設するほか、 ダイレクトメールでも修理を呼びかける。転居した人には、従業員が市役所などに出向いて転居先を調べる。

 経営再建中の三洋にとって、洗濯乾燥機は家電部門では数少ない「看板商品」だけに、 イメージ低下による業績への影響は避けられない。

■三洋製洗濯乾燥機の無償点検・修理の対象機種

【機種】      【発売時期と対象台数】

AWD―A845Z  02年4月〜03年10月▽9万9320台(すべて)

AWD―B860Z  03年6月〜▽5万7787台(一部)

AWD―S8260Z 03年6月〜▽4766台(一部)

AWD―U860Z  03年8月〜▽2491台(一部)

■三洋製洗濯乾燥機が原因の発火事故

04年7月(群馬県太田市) 製品が焼損

04年8月(東京都千代田区) 製品が焼損

04年8月(福島県相馬郡) 製品が焼損

04年9月 リコールを発表

05年4月(甲府市) 木造民家の脱衣所・風呂場が延焼。家人がやけど

06年2月(茨城県土浦市) 洗面所・風呂場などが延焼

06年11月(三重県伊勢市) 製品が焼損

06年12月(鳥取県米子市) 風呂場の一部が焼損

※三洋電機調べ

 

posted by いさた at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック