2007年01月12日

カエル・ツボカビ症が日本で確認される・両生類絶滅の危険が

 カエル・ツボカビ症という両生類の病気が、日本でも初めて確認されたそうです。関東地方で、 ペットとして輸入された中南米産のカエルが発症して発覚。ツボカビは水の中で数週間生き続けることができ、 野外へ広まると根絶は不可能だそうです。なお、人間には感染しないとのこと。

 カエル・ツボカビ症は、オーストラリアで90年代の終りに報告があってから、諸外国で流行し、 中には両生類の個体が9割(!)減った地域や2ヶ月で野生のカエルが絶滅(!)した地域もあったようです。
 人間で言えば、中世ヨーロッパで流行したペストや、20世紀初頭に流行したスペイン風邪(インフルエンザ)、 最近ではSARSに匹敵、いやそれ以上の病気ですね。両生類にとって非常に大きな脅威です。

 近年は外来種による生態系の混乱や破壊が問題になっていますが、これはその中でも象徴的な事件ですね。 両生類をペットとして飼育している人は責任重大です。ここでツボカビが野外で繁殖してしまえば、 日本の両生類が絶滅する可能性があるのですから・・・・。

 

手描き風のイラストが素朴なラウンド型のお弁当箱。


asahi.com
両生類絶滅させるカエル・ツボカビ症、国内で初確認

2007年01月12日09時34分

 世界各地でカエルなどの両生類に壊滅的な打撃を与えてきたカエル・ツボカビ症が、日本でも見つかった。 アジアでは初の確認だ。人間などには感染しないが、野外に広がると根絶できず、 生態系に深刻な影響を及ぼす恐れがある。 日本野生動物医学会、日本爬虫(はちゅう)両棲(りょうせい)類学会、 世界自然保護基金(WWF) ジャパンなどは13日に、検疫の強化や販売・ 流通の監視などを訴える緊急事態宣言を共同で出す予定だ。

 ツボカビ症が見つかったのは、東京都内で個人がペットとして飼っていた中南米産のカエル。 昨年11〜12月に、11種35匹中14匹が次々と死んだ。麻布大学での検査で、 12月25日にツボカビ症と確認された。10月末に購入したカエルから感染した可能性が高い。今年に入り、 関東地方のペット小売店でも中南米産のカエルが陽性と分かった。

 ツボカビ症は、90年代に豪州でカエルの激減を招いた病気として、98年に初めて報告された。以後、 米国や中南米、アフリカ、欧州などで相次いで流行が確認された。食物連鎖を通じて、 確実に生態系に打撃を与えていると考えられている。

 中米パナマでは両生類48種が感染し、個体数が9割減った。 95年に侵入し年平均28キロの速さで西から東に広がったことが後の調査で分かった。 2カ月で野生のカエルが絶滅した地域もあり、二十数種のカエルを動物園などで保護する「両生類箱船計画」が始まった。

 ツボカビは水の中で数週間生き続け、野外へ広がってしまうと根絶は不可能だ。 渓流が多い日本では繁殖しやすいとも指摘される。また、ペット飼育で感染が広がる可能性も高く、 関係者は危機感を強めている。

 関係学会など16団体の緊急事態宣言は「死んだカエルを飼育していた水を、野外に排水することは禁物」 と訴え、輸入・販売業者にも「カエルが感染していないことを確認してほしい」と呼び掛ける。

 宇根有美・麻布大助教授(獣医学)は「飼っているカエルに少しでも異状を感じたら、 獣医師に相談してほしい。消毒法や治療法があり、人にはうつらない。飼育を放棄して、屋外に放すことだけはしないで」 と言う。

 

posted by いさた at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

国内で両生類絶滅の危険性
Excerpt: 世界各地でカエルなどの両生類を絶滅に追いやっているカエル・ツボカビ症が 昨年12月に国内で初めて確認されていたことが分かった。 アジアで公式に感染が確認されたのは初めて。感染力が強く、致死率も90..
Weblog: 男40代サラリーマン日記
Tracked: 2007-01-12 15:39