2007年01月10日

犬もメタボリック症候群に?

 日本の飼犬の肥満相談が増えているそうです。日本人も肥満・メタボリック症候群が問題になっていますが、 ペットの世界でも肥満が問題になってきているのですね。

 日本でそのような状況だということは、アメリカではもっと深刻な問題であろう、と思われるのですが、 実際はどうなっているのでしょうね。

 こういう話題を聞くと、日本はモノの豊かな国だなあ、とつくづく感じます。いかに世界中から買い集めているか、 ということですね。こんな状態だから、拝金主義になっていくのも仕方がないのかな。

 

まずは1日5分から!テレビを観ながら運動不足簡単解消!! 【Blue-Lagoon】


asahi.com
犬もメタボリック? 健康診断が人気「まず食事制限を」

2007年01月10日17時16分

 日本の中年男性の半数以上がかかっているといわれるメタボリック症候群。実は、 飼い犬の世界でもメタボリック症候群とみられる「中年犬」の肥満相談が増えている。「散歩すれば、 飼い主も犬もやせられる」と思うかも知れないが、急な運動はけがのもと。「まず食事制限でやせることから」 と専門家は忠告している。

 東京都世田谷区のペットショップ「ドッグデイズ深沢店」では、 獣医師による犬の健康診断が人気を集めている。触診で「できもの」を見つけたり、 尿や血液の検査で肝機能やコレステロール値を調べたり、エコーで内臓を調べたり、人間の定期健診と変わらない。最近は、 肥満を原因とする疾患の相談が増えているという。

 同店の獣医師・頼定大和さんは「太りすぎると心臓への負担が増え、 糖尿病などの病気にもかかりやすくなる」と警告する。犬は3〜4歳から代謝が落ちて「中年太り」が始まるといい、 食べ過ぎないように飼い主がしつけたり、ペットフードのカロリーや分量を考えたりする必要がある。

 愛犬が肥満かどうかを見分けるにはどうすればいいのか。人間の場合は、簡単な判断基準として 「ウエストの周囲が男性で85センチ、女性が90センチ以上」という尺度がある。

 ところが、犬の場合は犬種によって大きさや形が違うため、一概に「何センチ以上」 という基準を当てはめるのは難しいという。簡単に見分ける方法として、(1)上から見てウエストがくびれているか(2) 胸を触ってみて、あばら骨がわかるか(3)背骨を触れるか――などが挙げられるという。

 一方、やせるために運動をさせるより、まず食事制限が先だという。頼定さんは「人と同じで、 太った状態のまま運動をさせると、関節を痛めてけがをしたり、心臓に負担がかかったりします」と警告する。

 ペットフードの選び方にも問題がある。栄養学に基づくフード「ユーカヌバ」を販売する「アイムス・ ジャパン」(東京都新宿区)の調査では、犬の健康についての飼い主の悩みでは「肥満」が22・1%と最も多かった。 対処方法は「食事量を減らす」の34%、「食事内容を変える」31・3%と続き、 肥満と食事に対する意識の高さがうかがえる。

 ところが、フードの選び方の優先順位では、犬の「体の大きさ」よりも、食べやすさに関連する 「粒のサイズ」の方が優先されているという結果が出た。

 日本獣医生命科学大学の左向敏紀教授は「粒サイズだけで選ぶのは危険。犬の大きさによって、 摂取すべき栄養素やエネルギー量を考えた食事選びが重要だ」と指摘している。

 

posted by いさた at 18:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 思い事(柔らかめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
今頃… あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

犬もメタボリックシンドロームに …なるかもしれませんね。
昨今の犬は、犬用アイスクリームや犬用ケーキなんかも食べるみたいですし。
Posted by valvane at 2007年01月11日 23:29
今頃… あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

犬もメタボリックシンドロームに …なるかもしれませんね。
昨今の犬は、犬用アイスクリームや犬用ケーキなんかも食べるみたいですし。
Posted by valvane at 2007年01月12日 00:10
>今頃… あけましておめでとうございます。
>今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。


>昨今の犬は、犬用アイスクリームや犬用ケーキなんかも食べるみたいですし。

 ニーズがあるから、そういう商品もできるのでしょうが・・・
 そこまで必要なんでしょうかね。
Posted by いさた at 2007年01月12日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック