2007年01月07日

[訃報] 日清食品会長・安藤百福氏 死去

 チキンラーメンの開発者であり、日清食品の創業者である安藤百福氏が96歳で死去されたとのこと。 「インスタントラーメンの父」と言える人物でしょうか。

 私が生まれた時には、インスタントラーメンは既に存在していて、特に珍しいものではありませんが、 日本人の食生活に大きな変革をもたらした人物であったことは間違いないでしょう。
 日清のインスタントラーメンで好きなのは、チキンラーメンとカップヌードルのシーフードです。 どちらも飽きの来ない味です。まさに定番商品。

 故人のご冥福をお祈りいたします。

 

asahi.com
日清食品創業者会長の安藤百福さん死去 即席めんを開発

2007年01月06日01時08分

 日清食品の創業者で即席めんを開発した創業者会長の安藤百福(あんどう・ももふく) さんが5日午後6時40分、急性心筋梗塞(こうそく)で亡くなった。96歳だった。葬儀は近親者のみで行い、 社葬の日取りは未定。喪主は妻仁子(まさこ)さん。

 日本統治下の台湾生まれ。日本に渡り、繊維問屋などを営んだ。34年に立命館大学専門学部を修了。 製塩業、金融業など様々な事業をしながら、48年、日清食品の前身にあたる貿易や卸問屋を営む中交総社を設立、 社長に就任した。

 戦後の焼け跡でみかけたラーメンの屋台の印象が強烈だったことから、 自宅の裏庭にこしらえた作業所で57年初めから即席めんの試作に取り組んだ。翌年、商品化に成功し、 インスタント食品の草分けである「チキンラーメン」を発売した。社名も日清食品に変更した。48歳の時だった。 その後もカップ入りの即席めん「カップヌードル」など数々のヒット商品を発案、 同社を世界10カ国で年間100億食を生産する世界一の即席めん会社に育てた。

 81年に社長を長男に譲り会長になったが、2年後再び、社長に復帰し会長と兼務した。 85年に次男の宏基氏を社長に据え、会長に専念した。晩年も自社の商品への愛着は人一倍強く、 すべての商品の味見をしていた、という。92年、森永製菓が「チキンラーメン」 の名称を用いたスナック菓子を発売した時は、「チキンは我が社の原点」として争い、販売停止に持ち込んだ。

 

posted by いさた at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック