2006年09月22日

河川水質ワースト1は大和川

 全国の1級河川の水質調査結果が発表され、ワースト1は大和川だということです。 ちなみに1級河川というのは国土交通省が直接管理している河川のことです。1級だからと言って、偉いわけではありません。

 さて、大和川というと、 この手の調査ではワーストの常連ですね(^^; 同じ大阪近郊で猪名川の水質も良くないとのことですが、 これは知りませんでした。もう少しマシか、と思っていました。
 こういう不名誉なことは早く返上した方がいいのですが、都市部の川ではなかなか難しいことです。

 全体として河川の水質は改善傾向ということで、良い方向ではありますね。その昔、 公害問題で水質汚濁と言われていた頃よりは、現在の方が格段に良くなっているのは確かです。

 

国土交通省
平成17年全国一級河川の水質現況の公表について
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/05/050922_.html

asahi.com
河川の水質、最悪は大和川・2位鶴見川 昨年の調査

2006年09月22日20時58分

 国土交通省は22日、昨年の全国162の1級河川の水質調査結果を発表した。下位4河川は03年、 04年と同じでワースト1位は大和川(奈良、大阪)で2年ぶり、同2位は鶴見川(神奈川)だった。ただ、 10年前と比べると、大幅な改善傾向にあるという。

 生物化学的酸素要求量(BOD)の平均値は、大和川が1リットルあたり6.4ミリグラム、鶴見川は4. 7ミリグラム。一方、水質が最もきれいな尻別川(北海道)など6河川は0.5ミリグラムだった。

 上位6河川は、尻別川、後志利別川、鵡川、沙流川、札内川(いずれも北海道)、荒川(新潟)で、 ともに1位。ワースト3〜5位は綾瀬川(埼玉、東京)、中川(同)、猪名川(大阪、兵庫)の順。

 

posted by いさた at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック