2011年10月30日

[実験] Windows Live Writer (2)

最近はWindows Live Writerにも慣れてきました。以前に書いた実験記事(1)でうまく行かなかった点、一つは解決しました。二つは仕様としてあきらめるしか無さそうです。

 

1.段落冒頭の字下げ(全角スペース)は書いていてもアップ時に削除される。これは表現の面ではマイナス点かも。

→未だ解決策はわからず。記事アップ後にソースを見るとスペースはあるけれど、なぜか半角スペースになっている模様。

 

2.トラックバック時に使う概要は、意図的に記入しないと空欄のまま。(WLWの表現では「引用」)

→そういう仕様のようですね。

 

3.記事のアップ時にトラックバックURLを空欄にしていても、何かデータが送られているようである(,カンマを送信している?)

→「,」を入力しておくと良いようです。

 

4.seesaa管理画面で見る記事本文のソースは改行が無く、そのままではとても見にくい。

→これも仕方が無いと言えば仕方が無いみたいです。

 

今回はこれに一つ追加。

5.投稿時間を指定してブログに投稿するとアップ後の投稿時間が9時間ずれる。これは、時差の取扱い方の問題。

 

5は、投稿時間を実際の時間より+9時間で投稿すると解決するのですが、それも何なので、 この記事では「投稿日」の指定をせずにアップしてみます。

さて、どうなるのか。ちなみに、今は2011年10月30日 0:38。

 

2011.10.30.00:41 追記
投稿日時を指定しなければ、投稿時点の日時が正しく日本時間になるようです。



posted by いさた at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独言工房的 実験室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。