2011年02月05日

家電エコポイントのテキトーなCO2削減試算

 家電エコポイントの根拠になったCO2削減量の計算が、 実際の削減効果とはかけ離れて大きかったことが発覚したそうです。

 制度実施の時の環境省の試算では400万トン削減。その後、実際の販売実績からの試算では70万トンほどと、 当初の試算は6倍ぐらい大きかったようです。

 

 試算のいい加減さは引用記事にいろいろと書いてありますが、計算根拠資料を廃棄していたということから、 当初から計算のうさん臭さを認識していた可能性が結構高そうです。

 きちっとした試算に基づいて政策を実施せよ、というのは正論ですが、その前にそもそも家電エコポイントって、 家電関連業界への経済対策なんじゃないでしょうかね。

 

 CO2削減云々は、そのための建前であって、たとえ当初予測よりだいぶん少なかろうが、「増加」じゃなくて「削減」 になっていて、建前が崩れなくて良かった、ぐらいの意味合いしか無いと思いますが・・・・

 まあ、こういった試算は、いかようにも操作できるということがよくわかる件ではありますね。

 

asahi.com
家電エコポイント、CO2削減試算ずさん 効果6分の1

2011年2月5日15時0分

 「二酸化炭素(CO2)の削減効果は年間400万トン」。政府がそううたって2009年5月から進め、 家電の買い替えを促した家電エコポイント制度。その根拠となったCO2削減予測値の算出方法が、 実態とかけ離れたものだったことが分かった。算出に関する資料の廃棄が昨夏判明し、 環境省が当時の担当者に聞き取り調査する中で明らかになった。

 家電エコポイント制度は、省エネ性能の高いエアコンと冷蔵庫、地上デジタル対応テレビが対象。対象品の購入で、 商品券や地域特産品などと交換できるポイントがもらえる。1点は1円相当。 2011年3月までに約7千億円の税金が使われる見込みだ。

 環境省は制度開始の際、家電1台あたりの消費電力の削減率は50〜60%に達すると試算。エアコン131万トン、 冷蔵庫130万トン、テレビ104万トンの計365万トンを「100万トン単位になるよう四捨五入」(担当者)し、 「400万トン削減」をうたった。

 しかし昨年3月に同省が実際の販売データに基づき行った試算では、削減率はエアコン23%、冷蔵庫46%、テレビ14% 。削減総量も69万トンと当初予測の約6分の1だった。

 数値のずれは、買い替え対象商品をすべて1995年製と設定したのが一因だ。

 内閣府のデータでは、09年3月時点での一般世帯の平均使用年数は、エアコンが10.3年、電気冷蔵庫は9.9年、 カラーテレビは9.2年。この値からすると、買い替え前の家電製品は95年製より新しく、 エネルギー効率のよいものが多いことになる。

 さらに、すべて同じ大きさのものへの買い替えになると想定し、大型化という「増エネ」要因を考えなかった。テレビでは、 32型から32型への買い替えが前提。しかし電子情報技術産業協会の統計では、算出に使われた95年時点で「30型以上」 のカラーテレビは全体の4.6%。ほとんどは30型未満だ。一方、エコポイント事務局の統計では、 昨年12月までにエコポイント制度で買われたテレビの36%が37型以上だった。

また、テレビの場合、買い替えではなく、2台目を新しく買う「増エネ」行動も全く起きない想定だった。

 こうして算出された「400万トン」が財務省との折衝や国会説明など各所で使われる一方、 環境省の担当者はその削減量をどう試算したかを記した資料は廃棄していた。

 環境省は廃棄に気づいた昨年7月から、内容について当時の担当者に複数回、聞き取り調査を実施。 その結果明らかになった試算について「95年製を前提にした理由は不明。単一サイズしか考えなかったり、 買い増しを想定しなかったり精密な計算ではなかった」としている。今年1月からは、 古い家電の廃棄とセットでなければポイントがもらえないよう制度を変えた。(赤井陽介)

    ◇

 環境シンクタンク「住環境計画研究所」の中上英俊所長は、「相当エネルギー効率が悪かった時と比較し、 大型化すら想定しないのは変。政権が経済対策を急ぐ中で焦って試算したのかもしれないが、もっと精密な予想は出来た」と指摘。 「家電ごとに、計測器で実測した省エネ量に応じてポイントをつける仕組みを考えるべきでは」

 大和総研の小黒由貴子・主任研究員は「エコポイントで、家電を買う際に『省エネ』の尺度が消費者に根付いた」とし、 経済対策としても一定の効果があったという。ただ、「試算はどんな条件だったかをセットで示すべきだ。妥当性を示したり、 後に検証して次なる施策に役立てたり出来なくなる」と話す。

 

posted by いさた at 17:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
>きちっとした試算に基づいて政策を実施せよ、というのは正論ですが、その前にそもそも家電エコポイントって、家電関連業界への経済対策なんじゃないでしょうかね

モノを生産してそれが売れれば売れるほど、CO2が発生するわけですよね。CO2削減量は要は新旧機器のスペックの差に過ぎないわけですから、本当に削減するのであれば計画経済に移行して生産量を調整するしかないでしょう。といいたいところですが、地球温暖化とCO2の因果関係もいろいろ解釈があるらしいですし、景気刺激策ということで割り切ったのかもしれませんね。そういうのも「アリ」とするのが政治なのかもしれません。

とはいえ「6倍」はサバを読み過ぎでしょうね。
Posted by 三四郎 at 2011年02月13日 18:55
>三四郎さん

エコポイントの件については、主目的がCO2削減ではないと思いますので、削減量が当初の試算と比べて云々、という結果の検証をしても仕方がないのではないでしょうかね。

モノを買い換えてもあまり削減にはならない、という点が実証された事には意味があるかもしれません。
(つまり、同種の政策も同じような効果であるという事)


>とはいえ「6倍」はサバを読み過ぎでしょうね。

政策の建前として、インパクトを与える必要があってのことでしょう。
試算の値は、まさに「政治的な数字」ですね。
Posted by いさた@管理人 at 2011年02月15日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック