2006年03月16日

何千万年か後には

 超音波で会話するカエルが中国で発見されたとのこと。このカエル、何千万年か後には、 ケロロ軍曹並にまで進化するか?  f(^^;

 人間が知らないだけで、鳴声を出す動物は、例えば犬や猫でも、 実は超音波でいろいろな会話をしているのかも知れません。これを感じることができる人間が、動物の感情や言葉がわかる、 ということなのかもしれませんね。

 

YOMIURI ONLINE
カエルも超音波で会話…中国の生息種、米教授ら発見

 コウモリやイルカだけでなく、カエルにも、 人間には聞こえない超音波を使って会話する仲間がいることが、米イリノイ大学のアルバート・ フェン教授らの研究でわかった。

 このカエルは「カクレミミハヤセガエル」。中国の有名な景勝地・ 黄山の急流に住んでいて、水の音などに邪魔されずに会話をするために、超音波を利用しているらしい。

 両生類でこうした能力が明らかになったのは初めて。16日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 このカエルは、鳥がさえずるように鳴き、鳴き声の中には可聴域ばかりでなく超音波の音も含まれる。

 フェン教授らが鳴き声の超音波部分だけを録音して聞かせたところ、 8匹のうち2匹が顕著な反応を見せた。1匹は、音のない状態では3分間に6回鳴いたのが、 超音波を聞かせると鳴く回数が18回に増えた。

(2006年3月16日3時5分   読売新聞)

 

posted by いさた at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック