2010年04月13日

「ハイジ」原作に盗作疑惑

 昔は、日曜日の19:30からのテレビといえばアニメの世界名作劇場。その中でも「アルプスの少女ハイジ」 は屈指の人気作ですが、その原作小説「ハイジ」が実は盗作だったのではないか?という疑惑が持ち上がっているそうです。

 

 原作の「ハイジ」は今から130年前の1880年にスイスで書かれたそうですが、それより遡ること50年、 ドイツ人作家が「アルプスの少女アデレード」という作品を発表していたらしいです。

 ハイジの本名「アーデルハイド」と「アデレード」がそっくりで、ストーリーや描写も酷似しているそうです。

 

 今だったら盗作とするのか、それとも「リスペクト」なのか、とか論議があるかもしれませんが・・・・ なにせ130年も昔のことなので、真相を作者に正そうとしてもできません。

 子孫がいれば何か聞いてみるとか、「ハイジ」 誕生の背景をうかがわせるような文書が残っていたりしたら何かわかるかもしれませんね。

 

 まあ、原作が盗作だったとしても、アニメの「アルプスの少女ハイジ」そのものが盗作というわけではありませんが、 何か複雑なものがありますね。

 シュピリによる原作発表から相当の時間が流れており、また世界的に有名になっている作品ですから、 仮に盗作であったとしても、例えばそのドイツ人作家の作品を下敷きにしていることを明示し、 敬意を表すことで解決できないものでしょうかね。

 

YOMIURI ONLINE
「アルプスの少女ハイジ」原作に盗作?疑惑

 【ジュネーブ=平本秀樹】スイス人女性作家ヨハンナ・シュピリが1880年に書いた小説「ハイジ」が、 その50年前にドイツ人作家が書いた別の作品によく似ていると若手文学研究者が指摘、スイスメディアは、「ハイジの“父親” はドイツ人だった」などと大きく報じている。

 この小説はアニメ「アルプスの少女ハイジ」の原作で、騒ぎのきっかけは、ドイツで活動する文学研究者ペーター・ ビュトナー氏(30)が、ドイツ人詩人・作家のヘルマン・アダム・フォン・カンプが1830年に発表した 「アルプスの少女アデレード」と題する作品を偶然見つけたこと。

 この作品の主人公の名前アデレードは、ハイジの本名(アーデルハイド)とそっくりなうえ、 作品の筋書きや描写もシュピリの原作小説と酷似しており、シュピリが、この作品を下敷きにした可能性が高いという。

 スイスのフランス語紙「バン・ミニュット」は、「ハイジは盗作。神話は崩壊した」と報じるなど、 スイス国内で波紋が広がっている。

(2010年4月13日10時51分  読売新聞)

 

posted by いさた at 12:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
> 管理人様

> なにせ130年も昔のことなので、真相を作者に正そうとしてもできません。

一応、文系の研究者として、1つ申し上げますと、今回の発表はあくまでも、類似した著作が見つかったというだけであって、両方の作者にどのような接点があったのか?とか、或いは両方に更に共通する原・原作はなかったのか?とか、調べることは沢山あると思います。今の段階では、まだ何ともいえません。しかし、非常に興味深い発見であります。それから、ご指摘の通り、ハイジの魅力が無くなるわけではないです。
Posted by tenjin95 at 2010年04月13日 20:38
>tenjin95さん

確かに、両作家の節点や両作品に共通する別の作品がある可能性など、作家の身辺のことまで調べてみないと、確定的なことは言えないですね。なるほど。

これを機会に、「アデレード」の方にスポットを当てる、というのも面白いかもしれませんね。
Posted by いさた@管理人 at 2010年04月13日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック