2010年04月12日

錆びだらけなのに大丈夫?

 和歌山県南部の国道バイパスの高架橋の橋桁が赤く錆びて、地元住民の方々から不安の声が上がっているようです。

 

 これは、耐候性鋼材を使った橋ですね。きめ細かい錆をあらかじめ発生させてそれを保護膜にし、それ以上の錆を防ごう、 というものです。普通の鋼橋(鉄の橋)だと塗装をして保護膜にするのですが、これは錆が保護膜の役割を果たします。

 おかれた環境にもよりますが、時間が経つにつれて赤い色が暗い褐色に変化していくと思います。

 

 確かに詳しい知識のない人が見たら不安に思うでしょうね。元記事の写真の具合からすると表面は特に何もしない「裸仕様」 でしょうね。安定化処理といって、この耐候性鋼材の表面に多少塗装を施すこともできます(色もつけられる)。

 人目につくのだったら、安定化処理をしておいた方が良かったのかもしれません。裸仕様で技術的には問題がなくても、 利用者に不安感を与えてしまう、というサービス的問題にある程度対処できたはずです。

 

 ちなみにこの耐候性鋼材は、海からの塩分とはあまり相性がよくありません。橋は山間部に架かっているようですが、 和歌山県南部という地域を考えると、塩分の影響は気になるところです。

 

YOMIURI ONLINE
2年で橋さびだらけ!実は「さびがさび止め」

 和歌山県の国道42号バイパス「那智勝浦新宮道路」(8・9キロ)の橋梁(きょうりょう)が赤くさび、 住民らから不安の声が上がっている。

 さびで腐食を防ぐ特殊な鋼材を使用しており、国土交通省・紀南河川国道事務所は「安全に問題はない」と説明している。

 同道路は「那智勝浦道路」(15・2キロ)の一部として、1998年から総事業費1240億円で着工、 一昨年3月に完成。30分余りかかっていた新宮市―那智勝浦町間が11分短縮された。

 インターチェンジや道路が交差する付近の橋梁は塗装されているが、山間部の橋梁は塗装されず、真っ赤にさびたまま。 地元の人らから「手抜き工事では」などの声が上がった。

 紀南河川国道事務所によると、問題の橋梁には「耐候性鋼」という低鉄合金鋼を使用している。塗装しなくてもさびにくく、 さびた場合も、それが表面を保護する役割を果たすという。

 塗装するより安くあがるが、人目につくところにはあまり使用されていない。同道路でも山間部に限って使用したため、 誤解を招くことになったようだ。

(2010年4月11日21時43分  読売新聞)

 

posted by いさた at 16:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
> 管理人様

玄人に了解されていることが、素人に理解されない一例という感じで受け取ったこの一件、大丈夫だというのなら大丈夫なのでしょう。
Posted by tenjin95 at 2010年04月12日 19:02
>tenjin95さん

局部的には、橋桁に通気性が悪かったり、水がたまりやすいところがあると保護膜になる錆ができなかったりといった問題点もあるのですが、おおむね保護膜ができているのでしょう。

ただ、技術的な面だけでなく、大勢の「素人」に不安感を与えないような気配りも必要なのかと思った次第です。
Posted by いさた@管理人 at 2010年04月12日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック