2009年09月08日

波浪=風浪+うねり

 勉強モードの記事ですが、海の波浪について。

 ある海域で、その場で吹く風によって起きる波が風浪。一方、 遠い海域で吹いている風で起きた風浪が伝わってきたものがうねり。波浪はこの風浪とうねりからなります。

 

 例えば、台風がまだ日本から遠い状況で、大きな波で海が荒れてきますが、これは「うねり」。

台風が接近して暴風雨圏内にある状態なら「風浪」。まあ、これには「うねり」も含まれるのでしょうが。

 

 うねりは、浅い海岸に達すると急に波高が高くなることがあるので、注意が必要。

 

(参考)
気象庁 | 波浪の知識 風浪とうねり

 

posted by いさた at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック