2009年05月27日

高校レベルの数学に

 いまだに混同してしまう必要条件・十分条件について調べていたら、わかりやすく解説されているサイトに巡り会いました。

放課後の数学入門

 関西学院高等部の先生が作成されたサイトのようです。平易に解説されていてわかりやすい(^^)

 高校1〜2年レベルまで数学は仕事上よく使い、日常は特に意識することも無く使っていますが、 改めて定義などを確認したい場合に役立ちそうで、ありがたいです。もとのサイト作成の趣旨からは外れているとは思いますが。

 

 ちなみに、A→Bが真(成り立つ)の時、AはBであるための十分条件、BはAであるための必要条件、 ということになります。

 

posted by いさた at 16:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 覚え書(仕事系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
お世話になります。

サイト拝見しましたが、これは面白いです。
私は文学部出身の文系人間ですが、
受験科目で一番好きだったのが数学だったので。

今の仕事でも計数感覚や数学的な論理的思考が要求されるので、
仕事でもためになりますね。
Posted by だんな at 2009年05月28日 11:11
>だんな さん

紹介した私も、このようなコメントをいただけると嬉しいです。

>受験科目で一番好きだったのが数学だったので。

文系としては珍しいタイプでは?

社会に出れば、数学的な思考やセンスが要求されることは多々ありますから、このようなサイトがあるのはありがたいことです。
Posted by いさた@管理人 at 2009年05月28日 11:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック