2009年04月19日

[HOTEI] GUITARHYTHM V

 2009.2.18発売だった、布袋寅泰の「GUITARHYTHM V」。「GUITARHYTHM」としては実に15年ぶりのリリース。約2ヶ月経った今、ようやく鑑賞。 懐かしの「GUITARHYTHM RETURNS」から始まる全17曲、1時間7分35秒。

 

 全体を通しては、肩の力が抜け、好きなことをのびのびとプレイしているなあ、という感想。年月の流れの賜物でしょうか、昔よりも丸くなったようで。格好いい、ではなく、スマートさの方が強く、粒ぞろいで快い余韻が残る感じ。

 野太い「III」からはまた違った方向性。やはり15年間が積み重なった「今」の布袋がいる、というアルバムでしょう。

 

 オフィシャルブログでは「ポップアートとしてのロックンロール、ここに極めたり」 と表明されています。

 Vに収められた各曲のタイトルにちりばめられたイメージは、宇宙、空、未来、など前向きで広がりを感じさせるもの。どちらかと言えば極めた完成品、というより、これから広がる可能性を秘め、力強さを感じさせるカオス的状態であるように思いました。

 方向性が収束してきて、ある完成形に近づくのは、VI、VIIあたりか。

 

私のお気に入り

6.風の銀河へ

14.天空のDIVA

15.APPLES

 

posted by いさた at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 布袋寅泰関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック