2009年01月19日

風力発電所付近で健康被害?

 日本各地に風力発電所が増えていますが、その周辺で身体のしびれや、頭が揺さぶられるような感覚など、 体調不良が起きるケースも増えつつあるそうです。

 原因自体ははっきりと解明されていないようですが、 低周波音(人間の耳では聞取りづらい周波数が100ヘルツ以下の音)が原因ではないか、と考えられているようです。 風力発電の風車の近くの家で、低周波音により家が振動する現象は確認されているようです。

 

 風力発電の風車、風車というとオランダの方の風景イメージを思い起すので、「プロペラタワー」 という表現の方が個人的にはしっくりと来る感じです。

 何度かそのプロペラのそばに行ったことがありますが、発電中は「ブオン、ブオン」と絶え間なく音が出ています。 会話に支障があるようなボリュームではありませんが、やや小さめの音量のBGMとして流れ続けれている、 といった印象でした。

 人家が近くにあった場合、このような音が周辺に届き、建物が振動したりするのでしょうね。周波数の帯域によっては、 人体に影響を及すことがあるのかも知れません。人に影響しているのであれば、 周辺の動植物にも何らかの影響を与えている可能性もありそうです。

 

 クリーンエネルギーとして期待されているものの一つですが、そう良いことづくしでも無く、負の側面もある、 ということなのでしょう。これまで人里離れた場所に設けてきたものが、適地が少なくなり、 人家の近くにつくられるようになったことで顕在化してきたと考えられますね。

 環境省によると、低周波音の影響に関しては、今のところ科学的に未解明で、対策の規制値・ 目標値が設定できない状態だそうです。風力発電自体に、ちょっと行き詰りが見えた、という感じがします。

 

 

asahi.com
風力発電、近所で頭痛・不眠 環境省、風車の騒音調査

2009年1月18日8時58分

 新エネルギーとして期待されている風力発電所の近くで、頭痛やめまい、 不眠などの体調不良を訴える住民が増えている。原因は解明されていないが、 風車から出る音が関係していると考えられており、環境省が調査に乗り出した。背景には、 風車が人家近くに設置されるケースが増えつつあるという事情もありそうだ。

 愛知県田原市の久美原風力発電所から350メートル離れた場所に住む大河剛さん(40) や家族が体に異変を感じたのは07年1月、風車が動き始めてすぐだった。体がしびれ、 頭が揺すられるような症状が続いて眠れない。風車から遠く離れると楽になり、家に戻ると苦しくなった。

 騒音を測ってもらうと、低周波音で家が振動しているのが分かった。「健康には影響がない」と言われたが、 一家はアパートを借り、夜になると避難している。地元では「風車病」と呼ぶ人もいる。

 低周波音とは、周波数が100ヘルツ以下の音のことで、人には聞き取りづらい。 工場のボイラーや冷暖房機などからも発生するため、以前から近隣住民が体調不良を訴えるケースが報告されていた。

 大河さんのような訴えは、田原市のほか、愛媛県伊方町、静岡県東伊豆町、愛知県豊橋市、 兵庫県南あわじ市で少なくとも約70人に上る。豊橋市では、別の事業者が稼働させている1基のほかに、中部電力 (名古屋市)が13基の新設を打ち出すと「人家に近い」と反対運動が起きた。中電は 「低周波音被害に対する安全基準値がなく、住民の理解が得られない」と計画を凍結中だ。

 日本で風力発電所の建設が本格的に始まったのは90年代末だが、地球温暖化問題が注目されるにつれて増え、 07年度末で1409基に。当初は北海道や東北の海沿いなどだったが、ここ数年は適地が少ないこともあって、 人家の近くに建ち始めている。静岡県の伊豆半島に約80基を設置する計画があるほどだ。ある風力発電事業者は 「風がよく吹き、住宅のない場所があっても国立公園内だったりして、適地探しが大変だ」と話す。

 低周波音問題への社会的な関心の高まりに「低周波音問題対応の手引書」(04年)を作成していた環境省は、 豊橋市のケースなどを踏まえて、風車と体調不良の関係をめぐる海外情報の収集を開始。 風車の一部で低周波音の測定を始めるなどしているが、大気生活環境室の志々目友博室長は「科学的に未解明で、 まだ対策目標値が示せない」と言っている。(編集委員・武田剛)

 

 

posted by いさた at 15:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
こんばんは
我が地域(といっても25q先)に、20基の風車が建設されています。
環境にいいと言われていたのに、健康被害が出るとは。
すべての方面に良いというものは、ないのかもしれません。
Posted by ぜん at 2009年01月19日 21:23
>ぜんさん

風力発電は、例えば、火力発電に対して、発電時に石油を使わない、といったメリットはあるのですが、その反面、安定して発電するのは難しい(風任せだし)、大電力を得るのは難しい、というデメリットもあります。

健康被害に関しては、人家近くに建設されるようになったことで、認識されるようになったものでしょう。

言われるように、非の打ち所がない、というものはそうそうあるものではない、ということなのでしょうね。
Posted by いさた at 2009年01月19日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

風力発電、近所で頭痛・不眠?
Excerpt: 風力発電、近所で頭痛・不眠 環境省、風車の騒音調査(朝日新聞) - goo ニュース 新エネルギーとして期待されている風力発電所の近くで、頭痛やめまい、不眠などの体調不良を訴える住民が増えている。原因..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2009-01-19 21:23