2009年01月14日

他の子供にも同じことを

 昨年の暮れに、自分の子供・五女が受ける点滴にスポーツドリンクを混入させたとして逮捕された母親が、同じ事を既に亡くなっている、次女、三女、五女の3人にもしていた、と認めたそうで、四女の殺人容疑で再逮捕されました。証拠の面から、次女と三女については事件として立件するのは難しいようです。

 いずれも、動機は、殺害ではなく、看病をすることで、他人に注目してもらい、同情してほしかった、ということらしいです。「代理ミュンヒハウゼン症候群」である可能性が高まったようでもあります。

 

 長女は健在のようですが、次女以降について、母親を異常行動に駆り立てる何かがあったのでしょうか。看病をして、母親は満足したのかもしれませんが、病気にされたあげく、殺されてしまった子供たちが可哀相でなりません。

 

(関連記事)
我が子の受ける点滴に古いスポーツドリンクを混入

 

asahi.com
「次女、三女、四女に同じことした」 点滴混入容疑の母

2009年1月14日20時45分

 入院中の五女(1歳11カ月)の点滴にスポーツドリンクを注入したとして殺人未遂の疑いで逮捕された母親が、同様の手口で06年に四女の新奈(にな)ちゃん(当時8カ月)を殺害していたとして、京都府警は14日、高木香織容疑者(35)=岐阜県関市神明町4丁目=を殺人の疑いで再逮捕したと発表した。府警は同日、岐阜県警と合同捜査本部を設置した。

 五女に対する殺人未遂容疑について京都地検は同日、「新奈ちゃんに対する殺人容疑と関連が深く、両事件を併せて捜査する必要がある」として処分保留とした。

 府警によると、高木容疑者の5人の子どものうち次女、三女、新奈ちゃんが、いずれも五女と似た症状で乳幼児期に死亡していたことが判明。高木容疑者に事情を聴いたところ、「3人にも(五女と)同じことをした」と供述したという。ただ、死後に解剖されたのは新奈ちゃんだけで、専門家は次女と三女の立件の難しさを指摘する。

 高木容疑者は今回の再逮捕容疑について、新奈ちゃんの点滴に水道水を混入したことは認めているが、殺意は否認。「つきっきりで看病したかった。周囲の人に頑張っていると思われたかった。同情してほしかった」などと話しているという。

 捜査本部の調べでは、高木容疑者は06年3月中旬〜4月中旬、岐阜大学医学部付属病院(岐阜市)に入院していた新奈ちゃんの点滴チューブに注射器で水道水を複数回注入し、同年5月5日に死亡させた疑いがある。病院は当時、死因を肺水腫と判断した。

 新奈ちゃんは同年2月、肝機能障害と体重低下の症状で個室に入院。病院の検査で、新奈ちゃんの血液から水回りなどに存在する菌が見つかっていた。捜査本部は高木容疑者が注入した水道水が感染源とみている。

 

posted by いさた at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(3) | 時事(子供) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

点滴腐敗液混入、母親を殺人容疑で再逮捕
Excerpt: 四女殺害容疑で母親を再逮捕入院中だった1歳10カ月の五女の点滴に腐敗した液体を混入したとして、殺人未遂容疑で岐阜県関市の無職、高木香織容疑者(35)が逮捕された事件で、京都府警は14日、平成18年に生..
Weblog: SCRAMBLE-8
Tracked: 2009-01-15 01:21

高木香織容疑者、再逮捕?
Excerpt: やっぱりねぇ。そんな感じは受けましたよね。 京都大病院に入院中の五女に対する殺人未遂容疑で逮捕された母親の高木香織容疑者。 3年前、生後8カ月で死亡した四女の点滴に水道水を混入し殺..
Weblog: いい加減社長の日記
Tracked: 2009-01-15 07:24

高木香織容疑者を再逮捕
Excerpt: 四女殺害容疑で母再逮捕=「同情されたかった」と供述−点滴注入事件・京都府警 入院中の五女(1つ)の点滴に液体が注入された殺人未遂事件で、京都府警は14日、2006年に生後8カ月の四女を同様の方法で..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2009-01-15 12:28