2008年10月23日

九州新幹線高架橋の埋設型枠に欠陥

 鹿児島市と熊本県八代市を結ぶ九州新幹線の高架橋に使われた埋設型枠に欠陥があり、型枠が剥離してはがれる、 といったケースが起きているそうです。

 扱いが比較的大きいのは、問題のある型枠材「ASフォーム」が、 麻生一族である株式会社麻生が販売したものであるから、のようですね。ま、ネガティブキャンペーンでしょうが、 ちょっと弱いかな、と思います。

 

 それはさておいて、興味引かれるのは技術的な面です。

 この型枠材が剥離・落下して、例えば人や車に当る、といった事態が考えられますが、 橋本体の耐久性にまで影響は無いのでは。型枠材自体を橋の耐力に含めて考えたり、 あるいは型枠により橋が保護されるということで、鉄筋のかぶりを減じる、ということは普通はやらないので。

 ただし、鉄道の場合、独自の設計基準を持っているので、少し違う可能性はありますが、 たぶん基本的なラインは同じでしょう。

 

 埋設型枠の効用として、急速施工が可能(脱枠が不要)、また鉄筋コンクリート自体を保護し、 コンクリートが剥離して落下するのを防ぐ、といったことがありますが、今回の場合、 後者の効用は期待できない(型枠材の方が先に落下してはね・・・)ということになります。

 対策としては、型枠材がはがれないようにアンカー等で固定する、または問題のある材料は撤去してしまい、 別のコンクリート面保護を施す、ということが考えられます。

 

 欠陥が明確になれば、麻生の費用負担の元に対策をすることになるのでしょうが、 構造物の瑕疵担保はどうなっているのでしょうね。建設自体は7〜8年前のようなので、まだ時効ではないのかな。

 瑕疵担保となると、JRと建設会社間の問題になると思いますが、施工はどこがしたのでしょうね。

 

asahi.com
九州新幹線高架に欠陥材 麻生グループ会社が販売

2008年10月23日15時1分

 鹿児島市と熊本県八代(やつしろ)市を結んで04年に開業した九州新幹線で、 欠陥のあるパネル材料が高架橋の建設に使われていたことが関係者の話でわかった。 販売元は開業前に欠陥の補修にあたったが、一部の高架橋は未補修のまま放置されているという。

 九州新幹線を建設した鉄道・運輸機構(旧・日本鉄道建設公団)は「製品に欠陥があるという説明は聞いていない」 としており、販売元の株式会社麻生(旧・麻生セメント、福岡県飯塚市)から改めて事情を聴く。

 欠陥があったのは、麻生が販売した「ASフォーム型」。高架橋の橋脚の上に載る橋げたをつくる際、 コンクリートを流し込む型枠の底面部分の「埋設型枠」として使われている。施工後も残り、 橋げたのコンクリートと一体化しなければならないが、ASフォーム型は接着力が弱く、コンクリートから剥離(はくり) してしまう欠陥があったという。

 パネルがはがれたまま放置されると、 鉄筋コンクリートの劣化を速めるなど耐久性の問題点を指摘する専門家がいる。はがれたパネルの一部が落下して、 下にいる人を傷つける恐れを心配する声もある。

 朝日新聞が入手した麻生の社内報告書によると、ASフォーム型は、樹脂などでできた厚さ1センチの板。 同社などが開発し、98年に販売を始めた。下水処理場の池や小学校のプールの床などに使われたが、 はがれて浮き上がってしまったり、外れてしまったりするトラブルが続発した。社内には「こんなことでは売れない」 と出荷停止を求める意見もあったが、00年には九州新幹線への出荷が始まった。

 九州新幹線では、鹿児島中央―新八代間の高架橋の相当数で、 鉄建公団から工事を請け負った建設会社がASフォーム型を採用した。ところが、01年、施工中の高架橋で、 パネルが橋げたから剥離・脱落していたのが見つかった。このため、同社は、 工事可能な高架橋については金具を打ち付けて物理的にパネルを固定するなどの工事を行った。

 同社は02年、事業そのものから撤退し、ASフォーム型の製造をとりやめる方針を決めた。

 鉄道・運輸機構によると、パネルの剥離があるとその都度、業者の側が補修していたといい、 その総数は集計していないという。開業直前の検査や監査の際にも15カ所で剥離を確認し、補修した。 機構やJR九州によると、開業後は、剥離が新規に発生しているとの報告はないという。

 機構によると、剥離の原因について、同機構の担当者が麻生の担当者に問いただしたことがあったが、 明確な返答はなかったという。同機構は、欠陥について報告を受けたことはなかったとしており、 剥離の原因は建設会社による施工に問題があった可能性が高いと従来は考えていたという。

 02年10月に麻生社内で作成された報告書は一連の経緯について「ASフォーム型は欠陥品」「開発当初、 各種試験を怠った」「初期のトラブルの原因分析を十分行わず、販売し続けた」と分析。 当時麻生の担当専務だった中村正治(まさはる)監査役(65)は朝日新聞の取材に、 「新製品をいろいろ改良しながらやっていったようだが、結果的には外れた。まずかった」と話している。

 麻生の担当者は「高いところなど、補修できないところがあった」と話している。中村監査役は「これから (不具合が)出たとしても、私どもが責任をとってきちっと対応する」と話している。

 麻生は、セメント製造や病院経営など幅広い事業を営み、ホームページによると、 07年度のグループ総売上高は1380億円。01年に社名を「麻生セメント」から「麻生」に変更した。麻生太郎首相 (68)の弟・泰(ゆたか)氏(62)が社長を務め、妻・千賀子(ちかこ)氏(58)が取締役に名を連ねる。 麻生首相も政界に入る79年まで社長を務めていた。

 

posted by いさた at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック