2008年10月21日

日本一短い川が誕生

 和歌山県に、日本一短い川が誕生、その名も「ぶつぶつ川」。長さ13.5m。

 日本一短い、というのは、管理者が町から県にかわり、やや専門的に言うと、河川法の適用を受ける河川になった、 ということで、そう言った河川の中では一番短い、ということのようです。なので、誕生、と言っても、 川自体は以前から存在しています。

 

 これまでの、北海道島牧村のホンベツ川の30mを抜いた、ということのようです。雑学的知識としては、 知っていれば話の種にはなるかもしれませんね。

 和歌山県は観光名所になってくれれば、と言った淡い期待を抱いているようです。13.5mの川に見どころがあれば、 日本一物件として有名になるか?f(^^;

 

iZaニュース
日本最短13.5メートル! 和歌山・ぶつぶつ川

16:06更新

 日本一短い川が誕生−。和歌山県は21日、那智勝浦町にある長さ13.5メートルの「ぶつぶつ川」 を2級河川に指定した。法律で定められた河川では、北海道島牧村のホンベツ川(全長30メートル)を抜いて “日本一短い川”になった。

 ぶつぶつ川は粉白川(このしろがわ)に流れ込む支流。 地下水源からふつふつと水がわき出ることから名付けられた。地元の人が野菜や魚を洗ったり、 飲み水として利用してきたという。

 ぶつぶつ川を管理していた那智勝浦町が今年7月、県が管理する2級河川への格上げを要望。 県は水質や景観を保全するため指定した。県は「日本一の川としてPRし、観光名所になってくれれば」としている。

 

posted by いさた at 17:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

この記事へのコメント
晩まんま後のお散歩タイムにございます(そっか?汗)。

> 日本一短い川が誕生、その名も「ぶつぶつ川」。長さ13.5m

その短さに”ぶつぶつ”言っている川なのか、素朴にツッコミを入れたいところで・・・滑りまくり汗。

我が家の猫の額ほどの庭に、3mくらいの「川」を作ると、それはもう世界一短い「川」になるということで勝手に自慢します(ワケワカメ汗)。
Posted by 時評親爺 at 2008年10月22日 19:18
>時評親爺さん

>我が家の猫の額ほどの庭に、3mくらいの「川」を作ると、

都道府県に管理してもらうようになれば、晴れて日本一ですよ。

時評親爺さんの家の庭が一躍観光名所になるかも(^^;
Posted by いさた at 2008年10月22日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本一の2級河川が2つも。
Excerpt: 和歌山県には、 日本一の2級河川が2つもあります。 ひとつは、『ぶつぶつ川』。 先日、日本一短い2級河川だと、報道された川です。 ...
Weblog: Kio -朔北- De nuevo
Tracked: 2008-10-26 09:50