2012年12月03日

中央道・笹子トンネルでトンネル天井崩落事故

昨日、ニュースで第一報を見たときは、「崩落」というので地山ごとトンネルが崩落したのかと思いました。

が、状況が判明してきてみると、換気のためにトンネル内に設けたいたコンクリート製の吊り天井が100mほどの長さに渡って崩れたそうです。

救出活動は現在も続いているようですが、亡くなられた方もおられ、過去に無い惨事になってしまいました。被害に遭われた方にはお見舞申上げるとともに、亡くなられた方にはお悔やみ申上げます。

 

さて、事故原因はまだはっきりとはしていませんが、天井を吊っていた金具のボルトの抜け落ちが確認されており、設備の老朽化と施設の維持管理の問題が原因としては有力なようです(もちろん、それ以外に他の要因が影響している可能性もあります)。

 

トンネルの設計は専門外ですが、老朽化が原因としても、一度に100mほどの長さに渡って連鎖的な崩落が起きるものなのか、疑問に感じました。

天井板の支持方法にもよるのでしょうが、そんな脆い破壊の仕方はしないように配慮されている気がしますが、笹子トンネルが竣工したおおよそ35年ほど前は、設計思想が違っていたのでしょうか。

それとも、保守点検で異常に気づいておらず、結果的に大規模事故につながってしまったのか?

 

近年はトンネルに限らず橋や港湾など、公共インフラの老朽化とその保守が大きな問題になってきています。

トンネル以外でも、これから老朽化が原因の事故が出てくる可能性が高いでしょう。アメリカで橋が崩落する事故も起きていますが、これから同様の事態が日本で起きないとも限らない・・・・

公共インフラの点検はだいぶ進んでいる(ことになっている)そうですが、この事故を契機に保守点検の方法論の見直しが必要かもしれません。

 

さしあたって、笹子トンネルと同様な構造のトンネルが高速道路と国道をあわせて約50箇所あるそうです。

打音検査による緊急点検がはじまっているとのことですが、それで異常を発見できるかどうか、手法的に問題は無いのでしょうか。

続きを読む


posted by いさた at 15:17 | Comment(4) | TrackBack(8) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。