2012年10月26日

[アメリカ] 生きたまま弱火で調理・・・人間を?

非常にショッキングに感じたニュースですが、ニューヨーク市警の現職警官が人肉食を目的とした女性の誘拐計画を共謀した、として起訴されたそうです。

 

警察のデータベースを使って、獲物を物色していたとのことなので、警察に入った目的は、自分の嗜好を満たしたいがためだったりするのでしょうか。

「女性を生きたまま弱火で調理」などと考えていたようです・・・・ニューヨークが舞台のドラマ『CSI:NY』の中では猟奇殺人がこれでもか、と起きるわけですがそれに匹敵するような内容かと思います。

 

ただ、『CSI:NY』では正義の味方であるニューヨーク市警の警官が、現実では異常な計画の共謀者というのは悲壮な現実ではあります。実行されていないのが救いですね。

 

こんなニュースに触れると、「世も末」という言葉を実感しますね。

続きを読む
posted by いさた at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

地下鉄丸ノ内線車内で洗剤入りの缶が破裂

昨日の深夜、東京の地下鉄丸ノ内線で乗客の女性が持っていた洗剤入のアルミ缶(コーヒーの空缶にふたをしたものだそうです)が突然爆発して中の液体が飛散り、十数名が負傷うち二人が重傷を負うという事故があったそうです。

アルミ缶に入っていたのは強アルカリ性の業務用洗剤で、缶のアルミと化学反応を起して水素が発生し、そのために缶が爆発した可能性が高いようです。

なぜそんな洗剤を持っていたのかと言えば、勤務先から家用に分けてもらい、持帰る途中であったようです。

 

洗剤を持込んだ女性に悪意があったとは思えませんが、状況だけを見れば一種の「無差別テロ行為」とも受取られない結果です。

また、業務用洗剤を分け与えた人も同様に悪意は無かったのでしょうが、取扱いに不注意があったと言えそうです。

 

電車の車内など、意外と危険性の高いものが持込まれていて、たまたま事故になっていないだけなのかもしれません。

続きを読む
posted by いさた at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(固め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

日本脳炎予防接種後死亡、アレルギー反応?

岐阜県で、日本脳炎の予防接種を受けた小学5年生男児が、接種直後に意識不明、心肺停止状態となって亡くなったそうです。

同時に接種を受けた3年生の妹は特に異常がなかったとのこと。

 

日本脳炎の予防接種は副作用が問題になって数年の間推奨されておらず、2009年に新しいワクチンができて再開されていました。

しかし、このようなニュースを聞くと現在のワクチンの安全性が気になってきますね。

接種が推奨されていない期間あたりに生れた子供たちは、現在、予防接種をするように勧められているので、対象になっている子供(亡くなられた子もこの年代です)を持っている親ならばなおさらに気になります。

 

状況からすると、何らかのアレルギーがあって、重篤なアナフィラキシーショックを起したように思えます。

予防接種で一般的に起きやすい副作用では無いと思いますが、原因の解明が望まれますね。

 

日本脳炎 | 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html

 

続きを読む
posted by いさた at 13:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | 時事(子供) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

1歳児の尿から覚醒剤反応が

今年の5月だそうですが、体調不良で東京都小平市内の病院を受診した1歳男児の尿から覚醒剤が検出されるという事件があったとのこと。

男の子は回復した後、児童相談所で保護されているそうです。

 

家族は覚醒剤について「知らない」と言い、覚醒剤は家宅捜索でも見つかっていないそうです。

1歳児が口にするものは限られた範囲のものではないかと思いますが、その子の身の回りの環境は本当にクリーンなのでしょうかね。

 

原因の解明が待たれますが、「ワンピース」の「シーザー・クラウン」が子供たちにあげていたお菓子、みたいなことでなければいいですが・・・・

かといって、実は市販のありふれた食品に覚醒剤が混入していた、という原因だったりするのも恐ろしい話ですが・・・・

続きを読む
posted by いさた at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(子供) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

[アメリカ] ゴキブリ大食い大会優勝者が死亡

アメリカでゴキブリ大食い大会に出場し、優勝した男性が大会直後から耐潮がおかしくなり、ついには死亡するという出来事が・・・

 

この大会は、は虫類ショップの主催で行われ、ゴキブリをはじめ、ミミズやヤスデなどを「生で」食す大会だったようです。要は、は虫類になったつもりで餌を食う、との趣旨でしょうかね。

亡くなった男性はゴキブリの部の他、ミミズの部や、ヤスデの部にも出場して、いろいろ食べていたようです。

死因は不明だそうですが、ヤスデが分泌する有毒な体液が原因との意見があるそうです。しかし、他の参加者の体調には異変がないらしいので、ヤスデ説でも説明は仕切れないように思います。

 

さて、ゴキブリやミミズ・ヤスデなど、平常時なら加熱しても食べられない、食べたくない食材ですが、これを食べてしまう人もやはりいるのですね。

アメリカの出来事なので、「文化的に食する」というわけでもないでしょうから、やはり個人の嗜好なのでしょうね・・・気持悪くて私にはとてもできない・・・・

続きを読む
posted by いさた at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

山中伸弥京大教授 ノーベル生理学・医学賞受賞

iPS細胞(新型万能細胞)の研究成果で、山中伸弥京大教授が今年のノーベル生理学・医学賞を受賞。

受精卵を使わずに万能細胞を作り出す手法を見つけ、再生医療や難病治療に新しい可能性を見つけた点が評価されたとのことです。

 

生理学・医学賞は、日本人としては25年ぶり2人目。快挙ですね(^^) ずいぶん昔の業績ではなく、新しい業績が評価された点が特に良いのではないでしょうか。

 

より研究を進めて、実際にの医療に応用し、いままで治療できなかった病が治るようになると良いですね。

続きを読む
posted by いさた at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(11) | 思い事(喜・楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

[訃報] 俳優・大滝秀治さん

数々の名脇役を務めた俳優・大滝秀治さんが亡くなられたとのこと。87歳。

 

私の中で印象が強いのは「特捜最前線」でしょうか・・・・最近見たなかで印象深かったのは時代劇専門チャンネルでやっていた最強NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で、幼少の頃の政宗の師匠である和尚の役ですね。(※作品自体は古いですが)

「虎哉宗乙」(こさいそういつ)という人物の役でしたが、型破りではあるが人間の様々な面を深く理解している名僧でした。まさに「師」という感じでした。

老け役が多かったせいか、今年で87歳だった、と聞いても何やら思ったより若かったのだなあ、と思ってしまいますね。

故人のご冥福をお祈りいたします。

続きを読む
posted by いさた at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(9) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

くじの日当選番号チェック結果(2012年)

9月2日に発表されたくじの日当選番号「8922」、手持のはずれ券をチェックしましたが、残念ながら敗者復活はならず。

 

はずれ券と言っても、スクラッチが30枚ほどあっただけでした。ジャンボ宝くじも無し。

ロトはよく買っていますが、従来からの宝くじはほとんど買わなくなってしまいました。

posted by いさた at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寸書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。