2012年01月28日

嫡出子認定を求めて不服申立て

性同一性障害で女性から男性に性別を変えた「夫」が、妻との間に設けた子供を嫡出子として認めるよう、不服申立てをするそうです。

子供は、第三者の精子を使った人工授精により生れており、夫とは血縁関係は無し。(まあ、「生物」としてそうなるのは当然のことでしょう)

 

不服の主張としては、これが「夫」が生来の男性であれば、役所の窓口では血縁関係の区別ができずに嫡出子として受理されているので、「明らかな差別に当る」ということだそうです。「民法では父子関係に必ずしも血縁関係を求めていない」とも。

この不服のため、子供の出生届は役所では受理されておらず、子供には戸籍が無いとのこと。

 

法律論としての解釈はわかりませんが、社会通念として「血縁関係を求めていない」というのは不自然に思います。

書類や見た目などで簡単に判断できないため、現実に対処できないケースが存在していることを持出して「差別」というのも屁理屈な主張に感じますね。

 

この主張が通るなら、遺伝的に誰の子供であろうと、法律上は自分の子供にできるということになりそうですが・・・・実子とか養子とか、嫡出かそうでないか、そんな区別は全く無い世界を目指しているのでしょうかね。

親子の概念「だけ」が重要で、血のつながりといった生物として根本的な部分の認識がかなり軽視されている感じがします。

 

こだわりがあるんでしょうが、さしあたって子供に戸籍が無いという問題を早く解決して欲しいですね、子供のために。

続きを読む
posted by いさた at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(固め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

2012年年賀はがき当選番号

今年、2012年の年賀はがき当選番号が発表されました。

 

4等のお年玉切手シートは、下2桁「27」と「44」です。

1等は液晶TVや家電セットなど、5種類から選ぶようになっています。詳しくは、記事末尾の日本郵便サイトへのリンクを参照。

 

年賀状は年を追う毎に減っていっていますが、お年玉切手シートは、いまだ年間の風物詩の一つかと思います。

私の場合、だいたいいつも切手シートが1〜2枚当っていればいい方ですが、さて今年は・・・?時間があるときに調べます。

 

賞品との引替えは、7月23日まで。

 

日本郵便

平成24年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号

posted by いさた at 17:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | 覚え書(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

17年が過ぎ

今日は1月17日。17年前に阪神・淡路大震災が発生した日です。

昨年来、「震災」と言えば東日本大震災をイメージするようになってしまいましたが、やはり阪神の震災は、私自身の被災体験もあり、忘れることはできません。

発生から時間も過ぎ、地震の生々しさは薄れてきてはいますが、1.17はやはり特別な日です。

続きを読む
posted by いさた at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 寸書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

20120114の出来事

昨日の土曜日の出来事3題。オチは特になし。

 

(その1)

出勤途中(土曜日だが仕事だった)、事務所に向けて歩いていると、一方通行の通りを逆走して広い道に出ようと信号待ちをしているクルマを見かけた。

一方通行の旨を教えてあげたら、「ああ、そうでしたか」とバックして走り去ってゆきましたとさ。事故や通行不能などのトラブルは発生せず。

実は、一昨日も違う場所で同じ状況に遭遇していました。

 

(その2)

専門書を探しに本屋へ行きました。目的の本はすぐに見つかりましたが、しばらく他の本を見ていました。

そして、何気なく手に取ってみたハードカバーの専門書。中を開いて見ると、カバーの題名と全く違う中身になっていました。

こういうこともあるんだなぁ、と店員に教えてあげたら、「それは失礼いたしました。わざわざありがとうございます」

目的の本でなかったのでこの程度ですが、もしこれが目的の本であったら、全く違った気分になったかもしれません。

続きを読む
posted by いさた at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

「時を止める」実験に成功

アメリカのコーネル大学の研究チームが、「時を止める」実験に成功した、という記事がありました。

止めた時間は40ピコ秒(1兆分の40秒)という、きわめて短い時間ですが、時を止める(その間に起きた出来事を消す)ことに成功したそうです。

 

詳しくは、引用記事を見ていただくとして、時を止めるとは、光の速度を変えることで、現象が発生しても観測できない状態にする、ということのようです。

ステルス技術の発展版、という感じでしょうか。1秒間止めるとか、実用的な段階に達するまでにはかなりの時間がかかるようですが、すごい技術ではあるようです。1兆分の40秒を測定できる、という点もすごいですね。

 

このまま研究を進めていけば、「ザ・ワールド」「キング・クリムゾン」が現実になる時が、来のでしょうか。

続きを読む
posted by いさた at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

Spamメール 日平均通数(2011.07〜2011.12)

2012年になりました。この3連休が終ると、ようやく本格始動、といったところでしょうか。

2011年7月から12月までのSpamメールの日平均通数。各月とも1日〜末日までです。

[通数]

(2010.12 53.6 通/日)

2011.01 45.5 通/日 (前年同月比 52.2%)
2011.02 49.8 通/日 (前年同月比 66.5%)
2011.03 38.3 通/日 (前年同月比 51.1%)
2011.04 55.6 通/日 (前年同月比 44.3%)
2011.05 56.1 通/日 (前年同月比 36.3%)
2011.06 56.6 通/日 (前年同月比 37.0%)
2011.07 68.7 通/日 (前年同月比 62.3%)
2011.08 57.5 通/日 (前年同月比 64.1%)
2011.09 64.5 通/日 (前年同月比 88.6%)
2011.10 85.7 通/日 (前年同月比 123.3%)
2011.11 85.4 通/日 (前年同月比 129.8%)
2011.12 97.1 通/日 (前年同月比 181.1%)

[概況]

7月から12月にかけ、増加しました。特に10月以降は急増。メールの割合は日本語:日本語以外が9:1程度で、6月までとは割合が大きく変りました。エロサイトや出会い系の勧誘がほとんどになり、英文のスパムはとても少なくなっています。

さて、6年ほど続けてきたspamメールの平均通数記事ですが、少々面倒になってきたのでf(^^;、このあたりで止めようと思います。

最後に、通数の総括。

続きを読む
posted by いさた at 15:22 | Comment(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。