2011年08月31日

原子力発電は賠償しても低コスト?

 財団法人日本エネルギー経済研究所が、発電コストを試算した結果を発表したそうです。

 それによると、原子力は1kwhあたり7.2円で、火力発電は10.2円と3割ほど安く、 福島原発事故の賠償額を10兆円としても、日本の原発運転期間46年間に均してしまえば、 7.2+1.3=8.5円でなお低コストだそう。一方、地熱発電などのコストは8.9円とのこと。

 こういった試算をしていますが、その一方で福島原発の溶けた核燃料を回収開始するには技術的課題が多くあり、 将来の工程を明示できない状況にあるようです。スリーマイル島の事故では6年かかったそうで、 それ以上にかかることは間違いなさそうですね。

 

 燃料回収に向けて技術開発が必要となると、事故対策費でこれからどれぐらいの費用が必要になるのでしょう、 ちょっと想像がつきません。

 賠償以外の費用がさらに積み上がれば、また賠償額が膨らめば「低コスト」という一種の優位性は大きく揺らぎます。 さらに(起きて欲しくはありませんが)他に事故が起きれば・・・コストの上昇はとどまるところを知らなくなる可能性もあります。

 そして、莫大な費用を投じて事故処理が出来ても、今度は放射能で汚染された、 人が利用できない土地が出現するということにもなるでしょうが、発電コストにはその当たりの評価が織り込まれているのかどうか。

 

 試算結果の数字で原子力は8.5円、地熱は8.9円。 自然エネルギー発電は原子力とコスト的に同等で事故被害のリスクは小さい、と見るか、 いや賠償を考えてもこのように低コストであり、十全にコントロールすれば原子力が優位だ、と考えるのか。

 解釈の仕方により、使われ方が大きく変わってくる数字ではあります。総理大臣が変わって、 エネルギー政策に変化はあるのでしょうか。

 

続きを読む
posted by いさた at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。