2011年08月31日

原子力発電は賠償しても低コスト?

 財団法人日本エネルギー経済研究所が、発電コストを試算した結果を発表したそうです。

 それによると、原子力は1kwhあたり7.2円で、火力発電は10.2円と3割ほど安く、 福島原発事故の賠償額を10兆円としても、日本の原発運転期間46年間に均してしまえば、 7.2+1.3=8.5円でなお低コストだそう。一方、地熱発電などのコストは8.9円とのこと。

 こういった試算をしていますが、その一方で福島原発の溶けた核燃料を回収開始するには技術的課題が多くあり、 将来の工程を明示できない状況にあるようです。スリーマイル島の事故では6年かかったそうで、 それ以上にかかることは間違いなさそうですね。

 

 燃料回収に向けて技術開発が必要となると、事故対策費でこれからどれぐらいの費用が必要になるのでしょう、 ちょっと想像がつきません。

 賠償以外の費用がさらに積み上がれば、また賠償額が膨らめば「低コスト」という一種の優位性は大きく揺らぎます。 さらに(起きて欲しくはありませんが)他に事故が起きれば・・・コストの上昇はとどまるところを知らなくなる可能性もあります。

 そして、莫大な費用を投じて事故処理が出来ても、今度は放射能で汚染された、 人が利用できない土地が出現するということにもなるでしょうが、発電コストにはその当たりの評価が織り込まれているのかどうか。

 

 試算結果の数字で原子力は8.5円、地熱は8.9円。 自然エネルギー発電は原子力とコスト的に同等で事故被害のリスクは小さい、と見るか、 いや賠償を考えてもこのように低コストであり、十全にコントロールすれば原子力が優位だ、と考えるのか。

 解釈の仕方により、使われ方が大きく変わってくる数字ではあります。総理大臣が変わって、 エネルギー政策に変化はあるのでしょうか。

 

続きを読む
posted by いさた at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

[アメリカ東海岸] ハリケーン、地震と滅多にない災害が

 アメリカの東海岸では、大型ハリケーンの上陸可能性があるとして、 ニューヨーク市などでは低地の住民25万人に対して避難命令が出されたり、全ての公共機関が止まる予定であるなど、 混乱しているようです。

 もし、ニューヨークに大型ハリケーンが上陸すれば1893年以来、およそ120年ぶり。また、 先日東部のバージニア州でM5.8の地震があり、原発2基が緊急停止するなどするなどしましたが、 こちらはおよそ70年ぶりのことだそうです。

 

 日本では強い台風やもっとマグニチュードの大きい地震が珍しくないですから、 アメリカ東部ではこの程度の規模のものでまた大騒ぎしているな、という感じもしますね。

 しかし、もともとハリケーンや地震が珍しい地域で起きていることなので、その地域の人々にとっては 「滅多にない未曾有の災害」であり、100年に1度程度の頻度の災害であれば、「想定外」である事態だと思われます。

 社会インフラもその規模の災害に対応するレベルには整備されていないかもしれません。 そのような状況であると想像すれば、今の騒ぎも当然の事態かと思います。

 

 日本も、今年は台風や記録的豪雨が多い状況です。アメリカのハリケーンがどうなるのかはわかりませんが、 巨大都市圏で発生可能性のある大規模な災害への対処として、今回のアメリカの対応方法は、日本でも参考にできるかもしれません。

 

続きを読む
posted by いさた at 12:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

菅首相、ようやく正式に退陣表明

 今日の午前に公債発行特例法と再生エネルギー措置法が参議院で可決、成立し、菅首相が正式に退陣表明しました。

 退陣の条件に挙げていた3法案が成立して、公約通りの退陣表明となりましたが、やっとか、という「正式な」意思表明です。これで、8月の終わりか9月の初めには新しい首相に変わるようです。

 

 しかし、東日本大震災以後半年近くもの間、何も進展のない空虚な時間が過ぎてしまったように思います。菅首相のみの責任ではなく、政局ばかりに関心がある政治家の責任も大きい。ここ十数年は「空白の〜」と言われる時ばかりでは・・・

 

 これからは、「B級グルメ」などと言われる次期民主党代表選が話題になります。一つの区切りにはなるのでしょうが、次の首相で世の中が進んでいくかどうか、今の時点ではあまり期待もできません。

 

続きを読む
posted by いさた at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(8) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

島田紳助、唐突に芸能界引退

 島田紳助が、暴力団幹部と親しくつきあっていたとのことで、昨晩会見を開き芸能界を引退。

 会見を開いて今夜限り引退、というのはあまりにも唐突。しかし、表に出ないところで既にいろいろと物事が進行していたかもしれず、そのあたりのことは一般人にはわからない事情があるのでしょう。引退せざるを得ない何かがあるのでしょう。

 

 島田紳助は、司会者で人気はありましたが、個人的には数年前に食傷気味になってそれ以来ほとんど出演番組を見ることもありませんでした。唐突な引退には驚きましたが、かといってあまり残念、という感情も湧かず、急な引退だな、という印象だけが残る感じです。

 TV局を始め、関係者は大慌てでしょうが、これが落ち着いたら次の世代が出てくる機会が増えるのでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(7) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

人間ドックの「健常者」は過去最低

 昨年人間ドックで検診を受けた人308万人のうち、検査値に異常が無い「健常者」の割合は8.4%で、 過去最低だったそうです。統計を取り始めた1984年は29.8%で、「健常者」の割合は年々少なくなっているそうです。

 

 1984年から2010年まで約25年間。その間の人間ドック受診者の母数や検査項目、 あるいは検査結果の正常値の判定基準など、一定ではないでしょうから、 健常者の割合の変化をそのまま受け取ることも出来ないと思います。

 

 しかし、健常者が約1割程度、ということは残る9割は何らかの部分で異常値がある、ということですから、 むしろ異常値がある方が大多数派なのですね。

 異常値といっても、治療の必要が無いような軽いものから、 精密検査を要するような重度なものまで様々にあると思われますが、そちらの区分による割合ははっきりとはわかりません。

 ただ、軽い分類に入る人の割合はかなり多いのではないかと思いますので、 これと健常者をあわせれば結構な割合になって多数派になりそうな感じがします。

 

 「健常者」でいることが難しい世の中になっているみたいですから、健康志向、 ということが注目を浴びるのも納得するところです。

 ただ、人間ドックの検査に全くかからない健常者を目指す、いわば完全無欠的な健康志向も、 それはそれで必要かと思いますが、多少不健康なところがあってもそれと付き合って生きていく、という方が、 強迫的な部分が少なくて、現実的な感じですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思い事(柔らかめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教員試験を盗撮してネット公開

 大阪府の教員採用試験で、受験者が試験の様子を盗撮して、その動画をYouTubeで公開しているとのこと。

 盗撮して公開した本人は、試験には過去に一度不合格、今回も不合格になっており、 「盗撮は試験のおかしさを証明するための証拠」的なことを主張しているそうで、大阪府教育委員会が本人から事情を聞くそうです。

 

 京大などの入試でネットカンニング、 という事件もありました(その後の東日本大震災発生で、騒ぎも消え去りましたが)。しかし、 こちらはカンニング目的では無いようです。

 試験不合格がよほど不満だったのか、それとも本当に試験に不正がありその告発となるか、と想像もできますが、 まあ前者である可能性の方がはるかに高そうです。

 

 私が先日受験してきた技術士の試験では、試験の注意事項として、試験室内の写真撮影は禁止、という項目が出ていました。
京大入試の件も影響しているのかも知れませんが、昨年度などは自分の書いた回答(論文)を記録しておくために、 提出直前に解答用紙をケータイのカメラで撮影する受験者もいたらしいので、そちらの影響の方が大きいかも知れません。

 

 この盗撮された府教委の試験も、というか他のさまざまな試験においても、撮影・録音の禁止、 という禁止事項は必須のものなのでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

大阪府本庁舎の咲洲全面移転を断念

 橋下大阪府知事が、府の本庁舎の咲洲への全面移転を断念するとのことです。先日の東日本大震災で、咲洲庁舎の耐震性能、特に長周期地震動への性能不足が露呈し、防災拠点としては無理があるとの判断のようです。

 東日本大震災時には、咲洲庁舎は10分間揺れて最上階付近の最大振幅は2.7mあり、360箇所が損傷したそうです。この時の震度は3。これがもっと震源が近い南海地震になると、はるかに地震力は大きいでしょうから(専門家の中には最大振幅が12m以上になるといった意見も・・・)、これではかなりの耐震補強を施す必要があり、そのあたりで移転断念、という判断になったようです。

 咲洲のある南港周辺では、建物だけでなく地盤あるいは道路・橋が地震でやられる可能性がありますし、海のそばで津波も心配です。建物を補強しても、周辺インフラの破壊で府庁が孤立する可能性もありますから、防災拠点としては立地自体に問題があるように思います。

 

 知事が自説に固執せず、早い段階で断念に至った判断は良かったのではないかと思います。その反面、大阪府庁の防災拠点としての機能については問題が露呈しただけで、解決の方向が見えていません。

 咲洲は断念、現在の本庁舎は建物が古いため耐震補強が大変、ではどうするか、という点ではまだ名案が無いように思われます。

 現本庁舎の近くで新しい庁舎を建設する、という方法が結局、もっとも良い解決案だと感じますが、巨大な赤字を抱えて、咲洲庁舎に金をつぎ込んでいる今の財政状況では、その実現は難しそうです。

 

 咲洲庁舎は「安物買いの銭失い」、そんな言葉をあてたくなりますね。明らかに「失敗」となれば、この秋の府知事・市長選に影響が出るでしょう。

 

続きを読む
posted by いさた at 15:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

TV画面での津波警報表示色を統一

 津波警報や注意報が発表されている間、TV画面に発表区域を色分けした地図が表示されますが、この色合いを統一することが決まったそうです。

 これまでは各局で異なった色を使っており、色の組合せによっては色覚障害者が見分けられないといった指摘があったことから配色が検討され、それならばいっそ統一、となったようです。

 

 統一に関しては、配色の相談を受けた東大の准教授の呼びかけによるようですが、これは名案でしたね。

 まず、色覚障害への対応として、バリアフリー的な観点から出発していますが、解決策は複数考えられるはずです。これが統一されて、どのチャンネルでも同じ配色で表示されていれば、色覚障害者だけでなく、一般市民にとっても見やすくなります。チャンネルを変えても、同じ配色ならすぐに見分けがつきますね。

 防災に関する情報表示ですから、わかりやすいのはとても重要です。バリアフリーから一歩踏み込んで、ユニバーサルデザイン、というと言い過ぎかもしれませんが、より普遍的になったと思います。

 

 この共通表示は、在京の放送局は7月までに既に導入済みで、系列局でも導入が進められているそうです。津波警報の表示はそうそう見ない方が良いですが、もし発令されたときには、新しい表示方法がこれまで以上に役立てば良いですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

スーパー堤防、一部復活か

 昨年の事業仕分けで無駄遣いと批判されて廃止判定された「スーパー堤防」が、 有識者検討会で一部継続するように提言され、事業規模を1〜2割程度に縮小して復活する見通しであるようです。

 

 スーパー堤防は、普通の堤防よりもはるかに幅が広く洪水などで破壊されにくい堤防で、 広い法面を街の一部として利用することも考えられています。

 必要な用地が大幅に広くなり、特に都市部では用地費がかさむことが「無駄遣い」の一因でもあります。 その一方で高台が周辺に無く、避難が困難な場所については人命保護の観点から必要である、 との判断より事業復活となったようです。

 この判断は、東日本大震災発生により防災に対する意識が変わった、という影響があると思われます。

 

 スーパー堤防は一部整備済みで、ある程度の実績がありますが、これから整備をするものは、やはり堤防自体の耐震性能、 あるいは洪水だけでなく津波に対する対応、といった点の再評価を行い、性能不足であれば対策を施す必要があると思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

口ひげに育毛剤

 ラグビー日本代表選手がドーピングに引っかかり、2年間資格停止になったという記事がありました。口ひげを生やすため、禁止成分が含まれる育毛剤を使った、ということです。

 ドーピングとなった原因の真偽はさておいて、育毛剤を使うケースと言えば、淋しくなったあるいはなってきた頭髪を育てる、という使い方を一番にイメージしますが、なるほどヒゲも毛には違いないので、そういう使い方もありますね。

 

 その使い方に対しては、柔軟な発想だなあ、と思いました。ファッション的要素としてヒゲが欲しかったのでしょうが、それを生やしたいために取った行動の結果が、2年間資格停止というのは痛いですね。

 禁止薬物を含んでいない育毛剤(あるんだろうか?)を使えばよかったのかもしれません。

 

続きを読む
posted by いさた at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(なるほど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

日本の人口減少続く

 今年3月末現在の住民基本台帳ベースの日本の人口が発表され、約1億2620万人とのことです。 東日本大震災で被災した22市町村の人口はデータが集まらなかったため除外されているとのこと。

 上の除外された人口を考慮した前年比で12万3千人ほどの減少になっています。震災の犠牲者を含めると、 もっと減少していることになるでしょうか。

 

 先日の技術士二次試験、建設一般の問題の中でふれられていたように、人口が減少していく社会になっています。 建設業界に限らず各方面で、もっと大きくは「国のあり方」に影響を及ぼす社会的な変化です。

 今後どう取り組むべきか、というのは試験問題でしたが、今後は、人口増加を目指すよりは、 減少を前提として今の社会のあり方をどう変換していくか、という課題の解決に取り組む方が現実的だと思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

放射線測定器が売れている?

 福島第一原発事故の影響で、福島県以外の地域でも自前で放射線測定器を購入し、測定する住民が増えているそうです。 読売の記事は千葉の例ですが、福島県に近い地域ほど、そういった傾向が強いのでしょうか。

 機器による測定結果の違いにも触れていますが、長さや重さを量るわけではないので、それなりの誤差も出るでしょうね。

 

 原発からの放射性物質の放出はまだ続いていますし、行政や研究機関の測定結果はさほどきめ細かくない。 自衛のためには自身で放射線の状況を知る必要がある、ということでしょう。

 そうして、誤差はあれど、きめ細かく放射線の状況を把握できたとして、次は安全性を判断したいところですが、 現時点ではその判断基準が曖昧であるところが問題ですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[技術士] 二次の筆記試験いよいよ・・・

 この記事を書いている今は、8/5(金)の深夜、もう少しで8/6(土)になる時間。

 技術士二次試験の筆記試験の日がいよいよ近づいてきました。総監部門のみ、土曜日からですが、 私が挑戦する建設部門はあさって8/7(日)が試験日。

 

 建設業界、建設関連業界も年々経営状況は厳しさを増す一方の状態。零細設計事務所がこの先生き残っていくのに、 技術士の資格が多少なりとも役立てばと思うのですが、合格率15%程度と結構難関試験です。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

誤差は6500万年に1秒

 東大教授が考案した「光格子時計」という非常に正確な時計は、その誤差が6500万年に1秒だそうです。

 理論的には100億年に1秒というところまでいけるそうですが、今回は6500万年に1秒の誤差である、と実証されたとのこと。精度が実証されている時計の中では、世界一の精度だそうです。

 精度が実証されていないものには、70億年に1秒、という精度の時計がアメリカにあるそうですが・・・いずれにしても学問や高度技術のために必要な精度で、庶民の日常生活に要求される精度ではありませんねf(^^;

 

  誤差を実証するにあたっては、2台の時計の進み具合を比較したと書かれていますが、こういう場合は、測定による、というよりは理論計算によることになるのでしょうか。実証した手法に興味がありますが、理屈は難しそうです。

 いろいろいっても優れた技術の成果であることには変わりはありません。世界に誇って良い技術ですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

サウジで1000mの超々高層タワー計画

 サウジアラビアの世界的富豪が、高さ1000mの超々高層タワーの建設計画を発表したとのこと。実現して完成すれば、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」828mを抜き世界一の高層建築になりますね。

 

 建設費が約950億円、5年計画らしいです。その資金力もさることながら、建設可能な技術がある、ということです。ドバイで先行しているのである程度のメドはついているのでしょうね。

 地域的に見て、日本のような耐震設計の想定はなさそうなので、これほどの超々高層タワーも割に現実的なのでしょう。

 

 スケールの大きさでため息が出てくる話ですが、バベルの塔建設の欲望はやはりある、というところでしょうか。

 

続きを読む
posted by いさた at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。