2011年02月28日

京大などでネットカンニング

 京大などの文系学部試験問題が、試験時間中にヤフー知恵袋に書き込まれ、「ネットカンニング」が行われた問題。こういう事件は、発覚したときには、それは氷山の一角でしかない、といったケースが多いような気がしますが、さて現実はどのようになっているのでしょうか。

 不特定多数の目に触れる場所に書き込まれたので騒ぎになっていますが、限られた人たちにしか漏洩していないケース、というのはどうなんでしょうか?

 

 ともあれ、これから3月になり、まだまだ試験は続くので、他の大学も神経を使っているところでしょう。

 真似るヤツが出てくる可能性が高そうですし、今年だけでケリが付く問題でもなく、大学受験のみならず高校や中学受験にも影響が及びそう、とか考え出したらきりがないですね。

 携帯電話の電波を妨害して通信できなくする機械などというものを、試験会場に一時的にレンタルして設置する、なんていうことができたら良いのかもしれません。

 

 さて、「aicezuki」の件では警察も動き始めたようです。何らかの容疑で立件するのは難しいのかもしれませんが、どのような手口なのか、外部に協力者がいるのかなど実態の解明はして欲しいところです。

 しかし、仮に犯人が特定されても、未成年だったら実名は出てこないのですかね。

 

 こう大騒ぎになると、受験生を持つ親で、もし自分の子供が、試験問題が漏れた大学をことごとく受験していたら、合否以外の心配事が増えてしまいましたね。

 しかし、こんな手段を使って合格したところで、つまるところ自分のためにはならない、ということがわかっているのでしょうか。合格することが最終目標では無いのに。

 

続きを読む


posted by いさた at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(10) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。