2010年02月27日

チリで大地震 M8.8(追記あり)

 日本時間にして今日の15:30頃に、南米のチリ南部を震源とする非常に大きな地震があったとのこと。 マグニチュード8.8・・・巨大です。被害状況などはまだ詳しくわかっていないようですが、相当な被害が出ているのでは、 と思います。

 

 およそ半世紀ほど前にはM9.5の地震があり、日本にも津波が到達し、三陸沿岸で被害がありました。 今回も日本まで到達する可能性がありそうです。気象庁が影響を調査しているそうですが、津波注意報を出すレベルなのでしょうか。

 

 ハイチで大きな地震があったばかりですが、今度はチリ。ここ数年、地球規模で活動的になっているようです。 地理的に離れているとは言え、日本も要注意です。

 

2010.02.28 12:25 追記
 太平洋沿岸から瀬戸内海全域にかけ、大津波警報〜津波注意報が出ています。早いところではこの追記の時点で到達でしょうか?
どうぞお気をつけて早めに対策してください。
 はるばる太平洋を横断して到達してくるとは、凄まじいエネルギーの爆発です。

 

続きを読む
タグ:チリ 津波
posted by いさた at 19:47 | Comment(2) | TrackBack(14) | 自然災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

そんな商品券を出していたとは

 年度末がいよいよ押し迫ってきたこともあって仕事が妙に忙しいのと、 今週はseesaaのメンテが長引いてブログサービス自体が不調だったこともあって、記事を書いておりませんでした。

 ここらでちょっと息抜きしないと保たないな・・・ということで、 世の中の動きはどうなんだろうとニュースサイトを眺めていたら、何か情けないニュースがありましたね。

 

大阪府がプレミアム付き商品券を発売したそうですが、およそ1/4ほどが売れ残っているそうです。 有効期限が3月11日までと2週間ぐらいしかないみたいです。

 これはまずい、と大口の購入者には宅配するサービスをするらしいですが、有効期限の短さがネックになっていますね。

 

 私など、大阪府民ではありますがそんな商品券が発売されることすら知りませんでした。そういえば、 大阪府は紙の広報を廃止したんでしたっけ。ネットで府庁のサイトを見に行ったらわかったんでしょうか?

 

 これは、明らかに失敗ですね。知事を筆頭に、府の職員が買い取って使うのがいいんじゃないでしょうか。

 

続きを読む
posted by いさた at 17:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

公式に最も重い元素

 最も重い112番の元素が公式に認定され、「コペルニシウム」と命名されたそうです。 コペルニクスにちなんだ名前だそうで、地動説の考え方は原子核のモデルにも通じる、ということだとか。

 直近の111番はレントゲニウムというそうで、これはレントゲンにちなんだ名前のようですね。

 

 私が学校で周期律表を習っていた頃は、最も多い番号は何番ぐらいだったのか・・・もうほとんど記憶にありませんが、 100番ぐらいまでだったような気がします。

 

 人工的に合成することで、どんどん原子番号が大きくなっていっているようです。公式認定されていないものでは、 118番まで論文で発表されているらしいですね。

 庶民の日常生活には、まず関係のない事柄ではありますが、科学技術の先端はどんどんと突き進んでいるんですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(なるほど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

[訃報] 俳優・藤田まことさん

 急な知らせで驚きました・・・・俳優の藤田まことさんが昨日の朝、大動脈破裂のため亡くなられていたそうです。76歳。

 

 近年は体調がすぐれなかったとは言え、このところ芸能活動に本格的に復帰されようとしていた矢先の訃報。そういえば、 先日「剣客商売」をしていたように思うのですが・・・・うーむ、何があったんだろうかと思いますが、 持病が悪化したというわけでもなさそうで、まさに急死ですね・・・・

 巨星、という印象ではありませんが、演じる役は非常な存在感のあるキャラクターとなり、 個性を発揮される名優だと感じていました。長寿TVシリーズのまさに原動力になっていましたね。

 残念ながら、中村主水、安浦刑事、秋山小兵衛・・・はもう見れないのですね。

 故人のご冥福を心からお祈りいたします。

 

続きを読む
posted by いさた at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(14) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

[冬季五輪] スケート・ペアで3位につけている(追記あり)

 カナダ・バンクーバーで冬季オリンピックが開催されていますが、フィギュアスケートのペアで、川口・ スミルノフ組が現在3位につけているとのこと。フリーの演技が残っていますが、今はメダルを狙える好位置、 というところでしょうか。

 

 ペアの場合、オリンピックに出場するためには2人が同じ国籍である必要があるそうです。そのため、 現在出場している川口悠子選手は、ロシアに帰化してロシア国籍を取得したそうです。

 本人の弁によると、国籍に関してはオリンピック出場のためやむを得ず・・・というような拘りは無いみたいですね。 自分の夢を実現するためには国籍の変更などは手段の一つ、という感じなのでしょうか。

 

 そのため、ロシア代表として出場している川口選手ですが、同じ日本人として、 メダル獲得に向け頑張って欲しいと思います。

 

2010.02.16 20:05追記
フリーの演技があり、惜しくも4位でメダルには届かなかったようです。残念でしたが、これからも活躍して欲しいと思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

祝日法改正で地域別大型連休?

 祝日法を改正して、5月の大型連休を地域ごとに分散しようという動きがあるようです。同時に、 ハッピーマンデーを止めて元に戻す方向でもあるようです。

 

 まず、ハッピーマンデーを止めるのは別にかまわないですね。今の有り様では、本来の祝日の意味が薄れていますし。

 もう一つ、ゴールデンウィークを地域ごとにずらそう、というのはどうでしょうか。欧州の一部でも既に導入されているし、 観光振興の効果もあるということですが、単一の国内地域のみで商売している企業ばかりでは無いので、 連休が地域ごとに違っていたら、結局休むことができなくなった、ということも十分に考えられます。

 仮に国内を6地域に分割して1週間ずつずらしたら、1ヶ月半ほどどこかで連休があることになります。 大きな企業で各地に支社があるところは、いろいろと混乱しそうですね。

 私の細々とした仕事にしてみても、こういう連休前になると、休みに入る前に成果が欲しい、という話が必ず出てきます。 これが各地域でばらばらに出てきたら、納期がずれる分、処理は可能かもしれませんが、休むのが難しくなるかもしれませんね・・・ ・

 

 仮に、地域別大型連休が実施されて嬉しいのは観光関連の業界とカレンダーの業界でしょうか。 休日特別料金のような特別料金の設定期間が長くできるかもしれないですし、 カレンダーもいろいろなバージョンが必要になって売り上げが増えるかもしれません。

 分散効果としてはどうでしょうか、地域をどう分けるつもりなのかわかりませんが、結局は人口が多い首都圏や関西・ 中京圏が休みになる時が稼ぎ時ということになるんじゃないでしょうかね。

 

 理論だけが先走って現実の見通しが甘そうな政策ですが、民主党なら壮大な社会実験として、 とにかくやってしまいそうな感じはします・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(4) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

給食にカドミウム米

 兵庫県神河町の学校や幼稚園・保育所などの給食に使われた米から、カドミウムが検出されたとのこと。その濃度は、 農水省が流通規制をする濃度を上回るが、食品衛生法で定めている基準値は下回っているそうです。

 問題の米は町内産の米で、今のところ健康被害の報告は無いらしいですが、2月4日、 5日と給食に使われて子供たちが食べているそうです。

 

 町内には生野鉱山(現在は閉山)があり、以前にそこからカドミウムが流出していて、 周辺の水田にはカドミウムが蓄積しているところがあるようです。かつては、食品衛生法の基準値を超えたこともあったそうです。

 それも今は昔、土壌改良で対策済みということですが、結構な濃度のカドミウムが検出されるということは、 そんなにうまく行っていないのかもしれません。

 

 兵庫県の説明では「水田の管理が徹底されていない」とさも農家の責任のような口ぶりですが、 検査結果を待たずにコメを消費に回した県体育協会の怠慢であることは明らか。

 コメの供給は検査結果確認後、というほとんど当たり前に思える処理にしていれば、 子供たちが食べることなど起きなかった。

 

 「これまでの検査結果から大丈夫だろうと思っていた」というのでは、検査は形骸化していたようにとれます。 ひょっとして「悪い結果」が隠蔽されたケースもあったのではないか?と疑いたくなります。 まるで某国の釈明を聞いているような気がしますが、日本なのですよね。

 

 過去に、鉱害の問題が顕在化していた土地柄なら、水田の管理も確かに重要ですが、 検査する側も相応に慎重にならないといけませんよ。カドミウムが身体にたまると、「イタイイタイ病」になる可能性もありますよ。

 こんな無責任の被害を被るのは、結局は子供たちであり、町民の方々です。基準値を下回っているから良いとか、 健康被害が無いから良いとか、安穏としていないで、再発防止策を真剣に考えないとダメです。

 

続きを読む
posted by いさた at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

必要以上の利益は返還

 岐阜の建設会社が、岐阜県発注の建設工事を受注する際、自社にとって十分と判断した以上の利益は、 発注元に返還するという提案をしたそうです。

 現在、公共事業の競争入札では、品質確保ということで最低制限価格というものを設け、 これを下回る額を入札すると失格になったり、あるいは本当に応札額で業務が遂行できるのか調査されたり、 あるいはチェックが非常に厳しくなったりします。

 この建設会社は、正直に入札すると失格になるため、最低制限価格で応札し、余分な利益は返還します、 と提案しているようです。

 

 私なら、利益がでるなら出来るだけ積んでおこう、ということを考えますが、この会社は違いますね。 自治体の財政を心配するのなら、別に返還という形をとらなくても、自主的にどんどん寄付すれば済むことですから、 この提案は明らかに今の制度の変革を求めているということです。

 まあ、元記事内での「入札では最低制限価格の少し上を狙うことが目的化」という現状は事実ですし、 自由な競争とは言い難いです。

 ただし、発注側としては制限を設けないとダンピング競争になり、 過度のコストダウンで造られる構造物の品質に不安がある、というのもまた実情だろうと思います。安いところに出しました、 というのは簡単でわかりやすいですが、事前に「品質」を評価することがなかなか難しいのですね。

 

 今回の提案は、入札制度に一石を投じるという点ではなかなかに興味深いです。発注側としては、自分達の積算価格が高い、 ひいては税金の無駄遣いと言われているようで、もしかするとあまり気分は良くないのかもしれません・・・・

 

 もし、このような返還提案を「落札のためのテクニック」として使う業者が次々に現れれば、 また事情が変わってくるでしょう。応札額は形骸化して、代わりにリベートで競うような状況になってしまう可能性があります。

 発注側としては、返還には応じられない(寄付は歓迎でしょうが)のではないですかね。

 

続きを読む
posted by いさた at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 土木関連(入札契約) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

石巻で3人殺傷、連れ去り

 今日の朝早く、宮城県石巻市で、家にいた3人が殺傷される事件が起きています。

 18歳で生後4ヶ月の赤ちゃんがいるという女性を、元交際相手のこれも18歳の男が連れ去るために、 たまたまその場にいた女性の姉とその友人1名を刺殺、ひとりに重傷を負わせています。女性はいったん連れ去られるも保護され、 こちらはケガ程度だったようです。

 

 この犯人、日頃から女性に暴力を振るっていて、女性が何度も警察に相談するほどだったようです。 赤ちゃんの父親はこの犯人なのか?

 事件の背景がさっぱりわかりませんが、つまるところ、別れ話のもつれなんでしょうかね。 日常的な暴力がエスカレートした極限状態のようでもありますが、私が想像するよりもはるかに簡単に、 人を刃物で刺しているような感じがします。

 

 こういう事件は増加するばかり、という印象ですが、簡単に殺傷に走る・ 走らせる要因というのはいったい何なのでしょうね。

 

続きを読む
タグ:宮城 石巻
posted by いさた at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(4) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

サントリー・キリン経営統合は物別れ

 サントリーとキリンの経営統合話は、結局物別れに終わったとのこと。

 同族経営のサントリーと三菱財閥が起源にあるキリン、両者の経営に対する考え方の違いによるもののようです。 経営統合後に、創業者一族がある程度株を持って影響力を残しておきたいというサントリー側と、 突出した大株主の存在を嫌うキリンの間で意見があわなかった、ということらしいですね。

 

 サントリーとキリン、どちらの経営方針が良いともわかりません。ただし、世界規模でやっていこうとすれば、 統合して規模を大きくする方がメリットがあったが、その機会を逸した、ということになるでしょうか。

 相容れないほど方針が異なるのに、無理に統合してもうまくいかないでしょうから、仕方のない結果ということでしょうね。 今後は、別会社との統合話が出てくるのかもしれません。

 

続きを読む
posted by いさた at 20:18 | Comment(4) | TrackBack(8) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

本人は不起訴、秘書は起訴

 小沢一郎の金にまつわる疑惑。東京地検が本人に事情聴取を行うところまでいきましたが、本人は嫌疑不十分のため不起訴、先に逮捕されている秘書は起訴となりました。

 政治資金規正法違反で起訴されましたが、虚偽記入の額は史上最高だそうです。

 

 これで事態は終結、小沢氏本人は幹事長続投、という流れになっているようですが、不起訴なのは嫌疑が「不十分」だったということで、依然としてグレーのままであることに変わりはありません。

 シロだ、と誰をも納得させられるような説明ができれば良いのでしょうが、今のところその様な説明はありません。民主党としては、このまま有耶無耶になって、夏の選挙までには忘れ去って欲しいと思っているでしょうが、そう上手く事が運ぶでしょうか。 

 裁判がどう進むのか、秘書が罪を一身にかぶるという、既定路線の図式でなく、洗いざらい暴露してやる、的な方向に行くと今後の展開が変わってくるのかも知れません。できれば、そちらの方向に行って欲しいと思っています。

 

 首相は幹事長続投を容認しているらしいですが、「秘書の行為は政治家の責任」という名言を語った人物でもあります。この秘書の起訴を受けて、政治家の責任を問う状況なのか否か、どのように考えているのでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(11) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

[大相撲] 朝青龍引退

 暴行事件を起こした、といろいろと騒がれていた横綱・朝青龍ですが、相撲協会の理事会から事情聴取を受けた後、 事件の責任をとって引退したそうです。

 当初、暴行の被害者はマネージャということでしたが、後に別の知人男性と発覚。その後、 被害者には金を払って示談になったとか、真相が良くわからない事件ではありました。

 

 これだけでなく以前にもいろいろと問題を起こしているし、一般庶民に「横綱の品格」なるものに興味を抱かせるなど、 いろいろと世間を騒がせていた朝青龍。

 今回で引導を渡された、ということなんでしょうが、自分から引退という幕引きの仕方は最後の情け的で、 日本的幕切れのように思います。ただ、横綱としては引責と言うよりも、騒ぎに嫌気が差してもう止めた、 という感じがしないでもありません。

 

 現在29歳。優勝回数や戦績を見れば、「強い」力士であったことは間違いありません。横綱の引退後、 大相撲はどう変わるのでしょうかね。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(19) | 時事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

原因はボルトの取り付け忘れ

 先日の東海道新幹線の架線が断線した事故の原因は、ある車両のパンタグラフの整備ミスであったことがわかりました。

 パンタグラフの部品を固定する4本のボルトを取り付けるのを忘れたまま走行していたため、部品が外れてパンタグラフのアームが架線と接触、断線に至ったとのこと。

 ボルトを締め付けが甘かったとか締め忘れでは無く、「取り付け」忘れというところが初歩的な痛いミスです。

 

 1件の重大事故に至る前には29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリ・ハットがあるといいます。これを経験として、チェック体制を強化してもらいたいですね。

 問題の車両は、ボルトが無いままに東京〜新大阪間を1往復していたそうなので、綱渡り状態だったとしても、何とかなっていた、ということですね。

 もう少し早く取り付け忘れに気づいていたら、大規模な混乱は回避できたかも知れません。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(3) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

Spamメール 日平均通数(2010.01)

 2010年もはや一月過ぎましたが、どうも世間が沈滞気味な感じがしますね。2010年1月分Spamメールの日平均通数(12月30日〜1月30日)です。今月は末日区切りではありません。

[通数] 

 (2009.12 106.0 通/日)

 2010.01  87.2 通/日 (前年同月比  79.4%)
 

[概況]

 年末より2割ほど減りました。正月休みでしょうか?日本語メール・英文メールが3:8ぐらい。

 

posted by いさた at 23:50 | Comment(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。