2009年10月31日

いついかなる時も

 参議院の代表質問中にスポーツ新聞を「精査」する議員が?

 さすがは「国民目線」を標榜する党だけのことはあります。

 いついかなる時も、国民目線を失わないように努力しているのでしょう。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:17 | Comment(4) | TrackBack(1) | 寸書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

[NPB] 菊池雄星投手は西武に交渉権

 プロ野球のドラフト会議があり、花巻東の菊地投手は6球団から1位指名を受け、結局西武が交渉権を獲得したそうです。

 交渉がどうなるかはこれからですが、西武だけに、松坂の再来、という感じなのでしょうか。

 

 これだけ話題になるということは逸材なのでしょうけれど、なんか騒ぎすぎという気もする。まあ、 いきなりMLB入りよりも、プロ野球に入る方が日本にとっては望ましいのでしょうかね。

 

 いずれにしても、まだ18歳で本格的な人生はこれから。将来の活躍に期待。

 

続きを読む
posted by いさた at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(19) | 時事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

[府庁移転] 玉虫色もしくはなし崩し

 大阪府庁を南港WTCに移転する関連議案の採決が大阪府議会で行われ、移転条例案は否決。 ただし85億円にのぼる購入予算案は可決、という結果になったとのこと。

 

 さまざまな調整の結果、まさに「玉虫色」の決着になったわけですが、府民としてはわかりにくいことこの上ない。 WTCを買ってもいいけど府庁の移転はダメ、っていったいどうしたいの?という結論。

 不良資産の処理にちょっとは役立ちそうな大阪市にとっては、この決定はうれしいでしょう。

 

 このままWTCを買って、移転条例案を可決されるまで出し続ける、というなし崩し的意志貫徹作戦でしょうか。 最終的には、「府の資産を活用できていない、もったいない」とか言いだしそうです。

 結局、出直し知事選をほのめかすなどした橋下知事のごね得でしょうか。

 

 府庁移転に関して今後の展開は決まっていないようですが、経費に厳しい知事のこと、WTCを取得してそのまま塩漬け、 ということはないでしょう。

 しかし、「第2庁舎」としての利用は勘弁して欲しい。現府庁に行って、「それは南港の第2庁舎にまわってくれ」 なんて言われても、離れすぎていて全く行く気がしない。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:05 | Comment(2) | TrackBack(2) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

小学館、学習雑誌の「五年生」「六年生」を休刊

 小学館が、学習雑誌のうち、「小学五年生」と「小学六年生」を年内や、今年度中に休刊するとのこと。

 小学館の学習雑誌は歴史もあり非常に有名ですが、現在の小五・小六にとって、学習雑誌は総花的に過ぎ、 男女の好みの違いや細分化した情報といったニーズに応えられていないようです。

 

 今の小学校高学年の関心やライフスタイルは、私が子供の頃の中学生相当ぐらいですかね? 

 「時代」「コース」といった、中学生や高校生向けの学習雑誌ははやばやと姿を消していますが、 さらにその流れが小学校高学年にまで波及してきたということなのでしょう。

 少子化で読者数自体が減っていることも背景にあると思いますが、もう、学習雑誌を読んでどうこうではなくて、 塾に行って勉強しろ、ということなのかもしれませんね。

 

 なお、小学一年生〜小学四年生については、内容を見直して発行は続けるそうです。でも、今の傾向が続けば、小学三年生・ 四年生あたりもじきに危機に瀕することになるのかもしれません。

 当面、総花的な内容でもちそうなのは、小学校就学前までの幼年誌でしょうか。こちらは、 逆に幅広い編集方針が求められるのかも。

 

続きを読む
posted by いさた at 17:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

岡田外相、国会開会のお言葉に問題提起

 岡田外相が、国会開会式での天皇陛下のお言葉が毎回ほぼ同じであることに触れ 「陛下の思いが少しは入ったお言葉をいただく工夫はできないか」という問題提起をしたらしい。

 国会開会式のお言葉というのも、国会議員なら間近に聞くので気になることでしょうが、 一般庶民としてはあまり関わりのないことではあります。

 

 『陛下にわざわざ国会まで来ていただきながら同じあいさつをしていただいている』というのは、陛下に申し訳ない、 という意味合いでしょうかね。

 ただ、お言葉自体が内閣でつくられているのであれば、この問題提起は自身を含めて内閣閣僚に対してのものなのか。 それとも宮内庁がコメントをしているということは宮内庁向け?どこに向けたものなのかわかりにくい。

 

 国会での「お言葉」は国事行為の一つであり、政治的関与とか微妙な問題があるのでしょう。

 岡田外相も、具体的な「お言葉」の案があるわけでもないのでしょうが、ある意味、 アンタッチャブルな領域に触れているのでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 14:52 | Comment(2) | TrackBack(12) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

モラトリアムに続いて「良い談合」

 亀井金融相といえば、借金の返済を一定期間猶予するという「モラトリアム」を実現させたいとか、 日本郵政のトップを入れ替えたりとか、大臣になってから鼻息が荒いのですが、今度は公正取引委員会に「良い談合を認めろ」 と迫っていたそうです。

 ここぞとばかりに爆走しているのでしょうかね・・・・国民新党ではなく、民主党としてはどう考えているのでしょうか。

 この談合容認はかねてからの大臣の主張だそうですが、地方の中小企業が仕事を分け合うために行うのが「良い談合」で、 大企業が利益を独占するための談合は「悪い談合」らしいです。

 

 こんなことを公正取引委員会が認めるわけがなく、話は物別れに終わったとのことですが、 独占禁止法からすれば認められないのが当たり前。

 ただし、地方を救済するために公共事業を発注するということで、 できるだけ高い金で多くの業者に仕事を行き渡らせるには談合が必要なんだ、という趣旨はまあ理解できます。「競争」 とは違う次元での主張ではあるのですが。

 

 要するに、ここ5〜10年間で談合がかなり少なくなり、競争になったけど実態は価格競争でしかなく、 ダンピングばかりで建設(関連)業界は疲れてしまった。その上仕事量も減少の一途でどうにもならない。 特に厳しい状態の地方の建設(関連)業界は、昔のダンピングが無かった頃に戻してくれよ、ということだと思います。

 そうすれば経営は楽になるのかもしれませんが、技術力を高めようといった努力をしなくて良くなるのもまた事実。 努力をしなければ、ますます談合に頼らざるを得なくなるという悪循環に陥ることにもなります。

 

 競争していくにあたっては、根本的には「価格が安い」だけで決定するのではなく、 設計や工事の技術力もあわせて評価して契約する、というシステムに変わる必要があるでしょうね。

 現にプロポーザルや技術提案型など、そのような方向に変わりつつありますが、 これはこれで評価方法の問題が出てきたりして、簡単ではないのですが、政権が変わったので、 このあたりの変革に力を入れてはどうかと思います。

 

 こうした技術力の評価となると、大手が有利で中小企業が不利といったことにもなり、 中小企業は仕事がとれない状況になるかもしれません。倒産するところがいくらでもでてくるかもしれません。

 それを業界の再編と見るのか、行き過ぎた競争の果てと見るのか。それでよいのか、公共事業の持つ意味は? というところまで踏み込んで考えることになるのかもしれませんね。

 

続きを読む
posted by いさた at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(入札契約) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

オリオン座流星群を見ようと

 昨夜から観測に好条件になっているというオリオン座流星群。もしかしたら見れるか?と、23時過ぎから先ほどまで1時間ほど夜空を見上げていました。

 雲が若干出ていましたが、星はきれいに見えています。オリオン座周辺をじーと眺めていましたが、やはり街中では夜空といっても明るい。地上に近い空は灰色で、真上に行くほど暗い空。

 こうして夜空を眺めることは少ないのですが、想像以上に星が見えることがわかりました。

 

 さて、肝心の流れ星ですが、これといって変化の無いまま時間が流れてゆきました・・・が・・・0時をちょっと過ぎたぐらいでしょうか、オリオン座をかすめるように流れ星らしきものがサッと流れました!

 時間にすれば長くてもせいぜい1秒弱。

 

 その後もしばらく眺めていましたが、ちょっと冷えてきたので終了。私が見たのは、多分、流れ星だと思うんですが・・・あまり自信が無い。あれがオリオン座流星群の一部なのか?

 できれば他の日にもまた観察してみた方が良さそうですねf(^^;

 

 オリオン座は、1時間ほどで目に見えて位置が高くなっていました。地球は回っているんだなぁ、ということを再認識します。太陽が昇って沈むのも同じ事なんですが、なぜか星座の動きを見る方が地球は回っているという実感が湧いてきます。

 

(関連記事)
今夜からオリオン座流星群の観測に好適

 

posted by いさた at 00:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

技術士一次試験 自己採点の結果

 先日受けてきた平成21年度技術士一次試験の正答が発表されました。

 ということで、自己採点してみました。

 

 なお、正答は日本技術士会の以下のページに。
http://www.engineer.or.jp/examination_center/correct_answer/index.html

 

続きを読む
posted by いさた at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

今夜からオリオン座流星群の観測に好適

 2006年以降、オリオン座流星群の出現数が急増しているそうですが、今年は今夜から23日未明頃がピークで、 観測に好適な時期になるとのこと。

 好適というのは、出現数が多く、月明かりが無いからだそうで、この条件が揃うのは今年がラストチャンスらしい。 来年は月明かりがあり、さらに出現数が多い状態になるのは70年後だそうです。

 

 日頃、あまり夜空を見上げることもないのですが、こんな機会には星を眺めるのもよいかもしれません。

 出現数が多い、というのは1時間当たり最大50個とのことなので、1分間に1個ぐらい。天候に恵まれれば、 短時間でもいくつか見えるのでしょうね。ただ、街中は夜も明るいのでなかなか見えないかもしれませんが・・・・・

 

 ウチの子供たちは、まだ流れ星を見たことが無かったはず。この流星群を見れれば、きっと良い経験になるでしょう。

 

国立天文台
http://www.nao.ac.jp/index.html

 

続きを読む
posted by いさた at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(なるほど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

新型インフルエンザ予防接種は1回でも効果が期待できるらしい

 新型インフルエンザのワクチン接種は2回行う予定だったそうですが、 健康な成人男女を対象にした臨床試験によると1回だけでも効果が期待できるらしいです。

 回数を減らすことで、限られたワクチンをより多くの人に接種できるかもしれません。

 

 とは言っても、新型インフルエンザの予防接種は優先順位があって、健康な働き盛りの大人で医療従事者でもなければ、 まず順番が回ってくることは無いのでは。小学生以上の子供も同じような状況でしょうか。

 ワクチンの生産能力にも限界があり、季節性インフルエンザのワクチンも今年は品薄状態であると聞きますね。

 

 来週あたりから季節性向けの予防接種が始まります。ウチは、 例年通り季節性インフルエンザの予防接種を受ける事にしました。

 新型インフルエンザも気になりますが、順番が回ってくるかどうかわからないものを待っていても仕方がないので、 まずは確実にやってくるものに対して早く備える方が有効ですね。

 

 予防接種も万能ではないので、やはり手洗い・うがいなど、予防の基本の徹底は続けないとダメです。

 

続きを読む
posted by いさた at 15:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

まいど1号 運用終了

 東大阪の町工場の職人集団が作り上げた人工衛星「まいど1号」。今年の1月に打ち上げに成功し「夢は実現するんや」と勇気を与えてくれた衛星でしたが、本日運用が終了となったとのこと。

 雷の観測などを行いましたが、運用終了後も軌道を動き続け、数十年後には大気圏に突入して燃え尽きることになるそうです。働き終わって「お疲れ様」ですが、まだ長い余生が残っているみたいですね。

 

 運用終了は、不景気で管理費が出ないためやむなし、というニュースを以前見ましたが、残念ながらその通りになってしまったようです。しかし、この経験が宇宙に関わる機器の開発活動や、ものづくりへの関心への高まりといったことに良い影響を及ぼしているとのこと。

 

 開発計画を初めて聞いた頃は、本当にそんなことができるのだろうか、と半信半疑に聞いていました。

 しかし、やがて計画は実行され、打ち上げに成功。さらには、まいど2号につながるやも知れぬ意欲や、もっと広範の「ものづくり」への夢を見せてくれたところは、誇れる功績だと思います。

 

 何も東大阪に限らず、今後の日本のものづくりに、まいど1号の精神と夢が受け継がれていくと良いですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

子育て応援特別手当は凍結

 予算の「ムダ」カットに奔走する民主党政権ですが、今年度中に配る予定だった「子育て応援特別手当」の支給を凍結することにしたそうです。

 

 この特別手当は、3〜5歳の子供1名につき年額36000円を支給すると言うもので、前政権の置き土産みたいなものですね。例の定額給付金と同時期に一度配られましたが、今度は凍結・・・「凍結」という表現ですが、再開の可能性はあるのでしょうか。「中止」なのでは?

 民主党はマニフェストに書いている政策を実現するため、予算の見直しをしていますが、この凍結は民主党の言う「子ども手当」の財源の一部になるのでしょう。言ってみれば「メンツのための支給先送り」に当たるのではないでしょうか。

 

 どうも、来年度予算の概算要求は、今年度予算を超える額が出てくるようです。マニフェストにある政策の予算を確保し、その他の予算を切り詰めた結果がこれ、ということです。

 予算カットはこれからも検討するらしいですが、公務員の人件費や閣僚・議員の報酬カットには踏み込まないのでしょうか。今のところそう言う話は聞きませんね。

 

 どうも政策自体に無理があると思えますし、さらには不景気による税収減やガソリン暫定税率廃止による税収減など、歳入が減る状況でもあります。

 こんな中、首相は首相で、財源不足対策に赤字国債の発行を匂わせているのでは、たちの悪い「バラマキ」政策でしかないでしょう。分かっていたことですが。

 

 とにかくマニフェスト実現ばかりに躍起になっていても仕方がありません。もうちょっと現実を見つめ、懐具合にあわせて、優先度が高い政策に絞り込んで実現するような柔軟性を持って欲しいと思います。

 だいたい、子ども手当や高校無償化など、赤字国債の上に成り立たせていては、子供たちに借金を背負わせる制度を作ったことになってしまいますよ。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(8) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「羽田空港ハブ化」発言で波紋

 前原国交相の「羽田空港ハブ化」発言で、羽田以外でハブ化を目指す空港のある自治体、 例えば大阪府や千葉県などが反発し、波紋を呼んでいます。

 首相に根回しが甘く、前原国交相のフライング発言とも思われていて、反発の鎮静化に追われるなど、 混乱をきたしているようでもあります。

 

 私は、国交相の言う「羽田空港ハブ化」は正論であると思います。

 ハブ空港も日本には一つ稼働していれば十分でしょうし、何より東京の都心に近い。 いろいろ言っても東京に様々な機能が集中しているのだから、これは大きなアドバンデージ。

 また、様々な空港に分散投資をする財政的余裕も無いでしょうから、1ヶ所に集中的に投資せざるを得ない。 あまりに分散させていたら、港湾の失敗と同じ轍を踏むことになるでしょう。

 もし、複数のハブ空港がいるとしても、メイン稼働は羽田で、羽田が何らかの理由で利用できないときのサブとして、 成田ぐらいを考えておけば良いような気がします。

 

 ただ、ズバッと正論を出すのは良いとしても、その発言に反応して、 切り捨てられる場所に既得権益がある関係者から不満の声が出るのは当たり前のことで、この辺の調整不足は否めませんね。 今まで以上に、中央集権で物事を進める、という姿勢を感じます。

 現実は、そう強引な手法ばかりとれないでしょうから、調整は必要です。その結果として、反発の火消しで躍起になり、 結局妥協ばかりでよくわからない現状の引き延ばし、という状況にならないためには、与党として不慣れな鳩山政権が、 どれだけ調整できるかにかかっています。

 

続きを読む
posted by いさた at 11:26 | Comment(2) | TrackBack(18) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

技術士一次試験ふたたび

 今日は体育の日でしたが、私にとっては資格試験の日。昨年挑戦して惜しくも敗れた「技術士一次試験」を再び受験してきました。

 試験は適性、専門、基礎の3科目。それぞれのおおよその内容は昨年の記事に書いたので割愛しますが、今回は昨年受験して、流れや雰囲気がわかっているので、多少気楽に試験を受けてきました。

 

 今年は再挑戦で昨年よりは勉強して臨んだのですが、うーむ、あまりかんばしい出来では無かったです(>_<)。

 昨年に比べ、今年の問題は知識を問われているというか、大筋よりも細かなことを問う問題で、適性・専門・基礎の全てが難しくなっている気がしました。自信を持って解答できた問題は数少ない・・・

 マークシート方式なので、とりあえず解答は埋めました。私の勘が冴え渡っていれば、もしかするとなんとか合格できるかもしれません。

 

 果たして、来年も挑戦することになるのか?合格発表はクリスマス頃。結果がわかったら、また報告したいと思います。

 

(関連記事)
技術士一次試験を受けてきた
試験の結果ですが

 

posted by いさた at 23:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

2020年五輪へ向け広島・長崎が立候補か

 先日の2016年五輪開催地決定では、リオデジャネイロが南米初の開催を決め、東京が敗れました。そして、その次の2020年五輪開催地に、今度は広島・長崎が立候補する動きがあるようです。

 

 被爆した都市として、平和を世界にアピールする、という狙いのようです。「核兵器無き世界」を訴えるオバマ大統領のノーベル平和賞受賞も、後押しになっているかも。

 被爆地という背景のもとに「平和」を訴えれば、オリンピックの精神にも願ったりかなったり、共感というか、なかなか反発しにくい状況になることは確かだと思います。

 

 asahi.comの記事ではオリンピックは原則1都市開催であるとか、制度面の困難を書いたりしていますが、それよりも現実問題、招致アピールの仕方によっては、核保有国の参加が難しくなるのではないか?という気もします。

 2020年に核兵器問題がどうなっているかは不明で、ある意味オバマ大統領の働きにかかっている部分もあるものの、現在の核保有国の多くは、スポーツの有力選手保有国でもあります。

 そう言った国々が、言わば政治的な事情により参加辞退とでもなれば、モスクワオリンピックのような状況にもなりかねない。平和をアピールといっても、その仕方や内容など、戦略的に考える必要がある知れません。

 

 また、南アフリカがどうするのか、ということも気になります。来年のW杯で成功を収め、その実績を持って2020年の開催地に立候補したら、かなり有力な候補地になりそうです。

 アフリカ初、かつもし開催されれば文字通り五大陸全てで開催されたことになるので、これまたオリンピックを象徴すると言えそうです。「初物」なら、平和云々とバッティングすること無く、選択理由にも出来るでしょうし。

 

 JOCは広島・長崎の立候補について、今のところ静観しているそうですが内心はどう考えているのか。東京の再立候補を望む声もあるようで、国内候補地としてどこが正式に決定されるかはまだわかりません。

 

 2020年の開催地が決まるのは4年後の2013年。それまでには、この記事が単なる杞憂になるぐらい、様々に動きがあるでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 01:07 | Comment(2) | TrackBack(13) | 時事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車輪出し忘れて胴体着陸

 昨日10月10日の午後、松山空港で小型機が胴体着陸をする、という事態になったそうです。二人乗りの小型機でけが人は無かったそうで何よりですが、胴体着陸になってしまったのは、「車輪を出し忘れたから」とのこと。

・・・・一度着陸態勢に入って車輪を出したけれど、ちょっとタイミングが早かったので車輪をしまったところ、出すのを忘れてそのまま着陸してしまった、という顛末のようです。

 

 二人のり小型機だったので何ですが、これがもし旅客機だったなら、大惨事になっていた可能性もあります。

 ただ、操縦士が2名いるし、操縦システムとしても様々に安全対策が講じられているでしょうから、同じような事故はそうそう起きないでしょうが、ヒューマンエラーとして発生する確率はごくわずかでもあるのでしょうかね。

 

 この事故で滑走路が3時間閉鎖され、定期便が22便ほど欠航になったらしいですが、やはり航空会社から損害賠償請求されるのでしょうか、気になります。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

オバマ大統領早くもノーベル平和賞

 アメリカのオバマ大統領、就任からまだ1年も経っていないのですが、ノーベル平和賞受賞が決まったそうです。

 受賞理由は「国際協調外交を推進した功績」ということですが、まだ動き始めたばかりで、目に見える成果が出ている状態とは思えません。前のブッシュ政権との対比で、「国際協調」というところが目立つのかも知れませんね。

 

 まずは、Congratulations! です。ただ、正直なところ、功績を顕彰する、という意味ではまだ早すぎる受賞という気がします。結果よりも、まず実現への期待感を込めて賞を贈った、ということのようですね。

 逆に言えば、さまざまな外交目標達成へのプレッシャー、あるいは後押しとなる、ということでしょうか。

 

 4年後ないし8年後、再びノーベル平和賞が贈られるほどの成果が得られるよう、頑張っていただきたいと切に思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 00:33 | Comment(4) | TrackBack(41) | 思い事(喜・楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ダム事業は基本的に凍結

 前原国土交通大臣が、ダム事業の一時凍結を行う方針を表明したそうです。

 現在日本で143ヶ所のダム事業が進められていて、国や水資源機構が直轄で行うのが56、自治体が行うものが87あり、 そのうち直轄のものは、既存ダムの機能向上を行っている8事業を除く48事業を凍結するとのこと。

 基本的にダム事業は凍結ですね。「中止」でなく「凍結」ですが、現在のムダカット、ムダカットの流れの中では、 復活は難しいでしょう。

 

 八ッ場ダムの建設中止、これは既定路線として押し通されると思っていますが、これに伴って地元への補償問題が議論され、 実際に補償が行われることになるのでしょう。

 他の凍結されたダム事業からも同じような話が出てくるでしょうから、八ッ場ダムが一つのモデルケースとなって、 補償金の支払いなどが行われる可能性があります。そのような出費が伴えば、ますます復活の芽は無くなるでしょうね。

 

 自治体が行うものについては、知事の判断を尊重するということですが、 補助金の支出に関してはストップするつもりもあるようです。そうなると、いくら判断を尊重するといっても、 費用がついてこなければ断念せざるを得ないでしょうから・・・・まあ、国にならえ、という意思表示ではないでしょうか。

 時代は変わっていく、ということのようです。

 

続きを読む
posted by いさた at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(入札契約) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ICカード乗車券が使えなくなり行列

 昨日の台風18号は、想定されたよりも被害が小さくて済んだようですが、首都圏では台風が過ぎた後も、 鉄道関係でちょっとした混乱があったようです。

 通勤時間帯に台風の影響で運休が相次いだため、 混乱を避けようとSuicaやPasmoなどのICカード乗車券で降りる際に、 カードをかざさなくても改札から出られる措置をとったとのこと。

 これはこれで効果があったのかもしれませんが、ICカード乗車券は、降りた記録が無いと次に乗車できません。そのため、 夜の帰宅ラッシュ時に入場できる処理をしてもらうための長い行列ができたそうです。

 

 平時はいちいち切符を買わなくて良いので便利なのですが、こう言う時に思ってもみなかった弱点が出てきますね。 不正乗車防止のためとは言え。

 私はPitapaを使っていますが、平時でも、出札時の処理が何かのタイミングでうまくいっておらず、 次に乗る時に使えなかった、と言う経験が何度があります。混雑時など、 改札をとおるタイミングによっては処理はエラーになるけど改札は通れてしまう、ということがあるみたいです。

 他社線に乗り継ぐ時にこれが起きると、乗ってきた駅にわざわざ戻らないと処理してくれないので、ちょっと面倒です。

 

続きを読む
posted by いさた at 13:33 | Comment(3) | TrackBack(1) | 思い事(柔らかめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

太陽系第9番惑星探査計画

 3年ほど前、冥王星が惑星から格下げされ、太陽系の惑星は8つということになりました。

 そして、今年の秋から、第8番の海王星の外側に存在が予測されている、 第9番惑星の望遠鏡による探査が行われるそうです。予測したのは神戸大学の研究チームで、 日本発の仮説を立証し天文学史に残る発見を、と意気込んでいるとのこと。

 

 この第9番惑星は、理論的には地球ぐらいの大きさで公転周期が1000年ぐらい、 地球からみた明るさは14〜20等級とかなり暗く、かなりわかりづらいようです。

 公転周期は海王星が165年、冥王星が248年なので、1000年というと相当遠くになりますね、 といっても全然ピンときませんが・・・

 

 惑星探索は欧米が中心になっていて、日本チームが発見すること自体も歴史に残る出来事のようです。 早ければ5年以内に見つかる可能性もあるようですが、時間がかかりることには間違いありませんね。

 ぜひ、快挙を成し遂げて欲しいと思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 15:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

CO2排出量 世界最大は中国に

 これまで、世界最大のCO2排出国はアメリカということになっていましたが、この度発表された国際エネルギー機関・IEAの統計によると、2007年時点で中国がアメリカを抜き、世界最大の排出国になっているとのこと。

 世界全体の排出量のうち、中国が21%、アメリカが20%でほぼ双璧をなしているようです。約2年経った現在では、その差はもっと開いているかも知れません。

 

 あれだけの規模の国が、近年で急激に経済成長をし、エネルギー消費も増えているにもかからわず、日米欧ほどエネルギーなどの利用効率が高くないのですから、世界最大になって当たり前ですね。

 以前から言われていたことですが、予想よりもハイペースで排出量が増えているのでしょう。

 

 こうなってくると、下手な言い訳を続けるわけにもいかなくなるでしょうから、排出量削減を実行せざるを得なくなるでしょうね。

 ただ、どういう方向に進むのか?自動車産業が中国を新たな巨大市場として期待しているように、排出権取引でも巨大市場化、ということになるのでしょうか。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

[光母子殺害] 元少年の実名が本で明らかに?(追記あり)

 山口県の光市母子殺害事件。荒唐無稽な主張で死刑逃れを試みた被告とその弁護団ですが、 その意に反して死刑判決が下されたのは去年の4月のこと。

 現在、最高裁に上告中の被告ですが、その実名を明らかにしたルポの本が近く出版されるそうです。 早ければ明日からも店頭に並ぶようですが、この被告の実名掲載は了承されたものでない、 ということで出版差し止めの仮処分申請が行われたとのこと。

 

 出版側は了承を得ている、元少年の弁護団は了承していない、と食い違っていて、こうした問題は、 本当のところは当事者間でしかわからないことがほとんどでしょうね。このケースでは、 被告の意志よりも弁護団の都合の方が優先している気もしますが。

 ま、第三者的には了承を得たかどうかよりも、元少年の実名の方に興味が湧きますね。人権云々というよりも、 これだけ世間を騒がせた人間はどんなヤツなのか、という好奇心の方がはるかに勝ります。

 

 もし、本が発売されたら・・・・・買うかどうかはまだ何とも言えませんが、とりあえず立ち読みぐらいはするかな。

 

続きを読む
posted by いさた at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(6) | 思い事(毒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

[訃報] 中川昭一氏 急逝

 昨日のことになりますが、自民党の中川昭一 元財務・金融大臣が自宅で急逝。あまりに突然のことでとても驚きました。

 

 死因は現在でもはっきりしないようで、行政解剖によると循環器系の異常や飲酒の形跡があったことがわかっている程度。 さらに病理解剖をして詳しく調べるそうです。

 最近は不眠や体調不良を訴えていたそうで、睡眠薬など処方されていたそうです。長年の飲酒による身体への負担、 衆院選落選のストレス、睡眠薬とアルコールの相乗作用? 結果的に致命的な異常が発生したのでしょうか?

 状況からすると、病死であり、自殺ではない感じです。56歳は、政治家としてはまだまだこれからでしょう。 中川氏は無念でしょうか・・・

 

 先頃のG7の「酩酊会見」で醜態をさらしてはしまいましたが、農水相時代のアメリカ産牛肉輸入問題での交渉や、 中国への態度など、はっきりと意見を言えるあたり、私は好きな保守の政治家でしたね。

 これから建て直しを図ろうかという自民党にとっても、貴重な人材を失い大きな痛手となったことでしょう。

 議員として復帰できたら、将来の活躍を見てみたかった人物ですが、それももうかないません。 今は故人の冥福を祈るばかりです・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(12) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

2016年五輪は初の南米で、東京は散る

 今日はウチの上の子の運動会が、どうにか雨も降らずに一日もちこたえられて、無事に終了。今年はインフルエンザの流行具合によっては運動会が消滅する可能性もあったので、開催できて良かった・・・

 

 まあ、子供の運動会は開催場所も決まっているのですが、こちらはグッとスケールが壮大なオリンピックの開催地の決定、2016年はリオデジャネイロが選ばれ、南米初のオリンピックが開催される運びとなったとのこと。

 東京も立候補していましたが、2回目の投票で落選したそうです。2度目の開催であることと、国民的関心が高くはない状態で、1回目の投票で生き残ったというのは健闘した方なのでは。

 

 下馬評では、本命は無い、と言われていたそうですが、やはり「南米初」ということでリオが順当な線である気がします。

 日本から見ればまさに「地球の裏側」での開催になりますが、ブラジルは移民や貿易など、関係浅からざる国。まだ7年ほど先のことですが、日本もオリンピックの盛り上げに、一役買えると良いですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(22) | 時事(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

Spamメール 日平均通数(2009.01〜09)

 10月になり、今年最後の四半期に入りました。私のいる業界は先行きがさっぱりわかりません。明るい展望ではないのは確かかも。2009年9月分Spamメールの日平均通数(1日〜末日区切り)です。

[通数] 

 (2008.12 105.0 通/日)

 2009.01 109.8 通/日 (前年同月比 104.7%)
 2009.02 192.2 通/日 (前年同月比 129.5%)
 2009.03 140.5 通/日 (前年同月比  90.5%)
 2009.04 157.7 通/日 (前年同月比 107.1%)
 2009.05 160.4 通/日 (前年同月比 120.1%)
 2009.06  83.2 通/日 (前年同月比  59.6%)
 2009.07 140.9 通/日 (前年同月比  100.9%)
 2009.08 119.3 通/日 (前年同月比   96.1%) 
 2009.09 102.8 通/日 (前年同月比   80.8%) 

[概況]

 8月から引き続き減少傾向。日本語メール・英文メールが2:8ぐらいと、このところ同じような割合で推移しています。日本語メールはほとんどが出会い系・アダルトサイト関係。

 

posted by いさた at 23:35 | Comment(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳少年が小3男子に暴行、殺人未遂

 福岡県大牟田市で、15歳少年2名と小・中学生3名が共謀し、 小3男子をリンチにしてぐったりしたところを川に放り込むという暴行事件が発生。 被害者は自力で川から上がって助かったそうですが、これは一歩間違えば死んでいますね。

 暴行の動機は、被害者が生意気だからとか、ストレスの発散になるとか言っているらしい。「死んだら海に捨てればいい」 と殺意は十分だったようで、さらに暴行の様子を携帯で動画撮影していた、というあたりはゲーム感覚ですかね?

 

 加害者が15歳及び、中1、小6と、低年齢なのがとても腹立たしいし、一緒に恐ろしさも覚える事件です。

 被害者と加害者が知り合ったのはゲームセンターだそうで、 もしかすると被害者側の素行にも何か問題があった可能性もありますが、何より、 15歳が小3の子供に殺意を持って暴行するという、精神の未熟さが恐ろしい。

 

 加害者の年齢から、やはり更正への道を探ることになるのでしょうか。もし「目には目を」 で被害者と同じ目にあわされても、改心するのかどうか・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(子供) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。