2008年10月31日

麻生政権 追加経済対策

 昨日になりますが、麻生首相が追加経済対策を発表。長いですが、産経ニュースから麻生総理の会見を引用させていただきました。

 

 庶民の生活に直接関係してくるであろう対策は「生活者の安全保障」と銘打った一連のものです。赤字国債にしない、という点は評価ポイントだと思います。

 ニュースなどでよく取り上げられているのは、給付金方式の定額減税、高速道路料金を一律1000円に、といった具体策。わかりやすいと言えばわかりやすいのですが、消費の刺激、という点での効果は、私は懐疑的です。

 多少の効果はあるでしょうが、多くは貯金や節約の方向となるのでは。高速道路料金が業務用車両にも適用されれば、産業界の各方面で助かる面が大きいでしょうが、その規模になると、財源が追いつかないでしょうね。

 

 また、大胆な行政改革を行い、経済状況を見て3年後に消費税増税、という点にも触れています。消費税の増税は、いつまでも避けて通れないと思いますし、増税時期を打ち出したのは良いと思いますが、3年後というのは微妙なところですね。

 その頃まで、麻生政権が続いているかどうか。総理が変われば、話がうやむやになることは珍しくないわけで。増税するにしても、「大胆な」行政改革が可能なのか、という点も疑問が残るところ。

 

 ともあれ、しばらくは衆議院の解散も無さそうな雰囲気になっています。多少なりとも、対策を功を奏すれば良いですが。

 

続きを読む
posted by いさた at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(11) | 時事(政治) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

エキスポランド民事再生法申請

 エキスポランドが民事再生法の適用を申請したとのこと。引用した産経ニュースは、斜陽化している大阪の象徴、 といった趣の記事も出ています。

 

 衝撃的だった風神雷神2の事故以後、何かとトラブルが発生したこともあり、信頼が失われ、 永らく閉園状態が続いていました。遊園地としての存在感も失われてきて、ここで民事再生、 というのも致し方ないところでしょうね。

 今後は、絶叫マシンを無くしてファミリー向け施設にしたい、ということです。手腕次第ということになりますが、 USJ、ひらパーの対抗馬、というのは難しい気がします。

 

 かつての阪神パークや宝塚ファミリーランドは、 ショッピングセンターやタワーマンション群へと姿を変えてしまいましたが、エキスポランドはどうなるのでしょうね。

 同じ道をたどることになるのなら、大阪府庁の移転先に立候補してみるとか・・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 16:33 | Comment(2) | TrackBack(3) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ・カローラ値下げ

 トヨタがカローラアクシオ(セダン)とカローラフィールダー(ワゴン)を部分改良し、値下げして発売したそうです。部分改良に伴う値下げは2003年以来、とのこと。値下げ幅は5万〜7万ぐらいのようです。

 

 カローラといえば説明は不要でしょう。長年、「合わせ技1本」でトヨタ、いや日本のベストセラーカーの座を守り続けている歴史あるクルマですね。

 それぐらい有名なのですが、私自身は所有したことが無く、また誰かのカローラに乗せてもらった、という記憶も無いんですよねぇ。不思議なものですが。

 

 さて、値下げは不振が続く国内自動車販売の底上げが狙い、ということで、確かにそういう目的もあるでしょう。しかし、強力なライバル、ホンダ・フィットへの対抗策、という意味の方が強いような気がしますね。

 カローラは、フィットのフルモデルチェンジ後、販売台数を抜くことが出来ていないので、このままだと年間販売台数1位の座から陥落してしまいます。やはり、2度目は無い、とばかりのトヨタの意地ですかね。

 

続きを読む
posted by いさた at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

生協と食品の毒物混入

 週末より、伊藤ハムの製品の中に、基準を超えるシアン化合物が含まれる地下水を使って製造した商品があるとして、 店頭から回収されたりしています。同じく、今日見ていたニュースの中に、 生協が伊藤ハムに委託製造したウィンナーに対して異臭の苦情があったというものもありました。

 先日の、カップヌードルへの防虫剤混入に関連して、生協のオリジナルカップ麺でも混入があり、 異臭のクレームがあった、ということも明るみに出てきました。中国産毒ギョウザも生協の商品。 ちょっと古くてミートホープの偽装に関しても名前があがっていたりしましたね。

 

 こういった、食品への毒物混入の件になると、「生協」の名前が良く出てくるような感じですね。 オリジナルブランドで問題が出てくるのが印象に残ります。

 オリジナルブランドの製品は、外部に製造を委託している、ということはわかっていますが、こう、 良く名前が出てくるということはやっぱり何か事情があるんでしょうかね。例えば、委託先が幅広いため、 毒物混入の確率がおのずと高くなってしまうとか。

 

 また、カップヌードルの件では、輸送や保管の時に、外部で防虫剤を使っていると、 容器内部に成分が浸透するケースがある、ということで、商品の流通・管理段階で混入してしまうこともあるようです。

 商品の保管の実体を知らないだけで、実は結構な量の殺虫剤や防虫剤が使われているかも知れません。となると、 商品の管理はどうなのか、という事になってきますが、生協と他の小売業者ではどんな違いがあるのでしょうね。

 

 原因がよくわからないまでも、毒物混入で「生協」の名前をたびたび聞くようでは、信頼度が下がる一方。運が悪い、 とか製造委託先が悪い、ということだけでは無いような気がしてきました。

 

続きを読む
posted by いさた at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

「あおり21」品種登録取消し

 青森県が24年かけて開発したというりんごの新品種「あおり21」の品種登録が取り消しになった、というニュースが。

 品種登録をしていると、青森県が30年間苗木を独占管理でき、生産するには県の許可が必要になるそうです。農作物の特許権みたいなものなんでしょうかね。

 

 取り消しになった理由が、青森県が農水省に登録手数料6000円を期限までに支払わなかったためだそうで。担当者、あるいは担当セクションのうっかりミスでしょうか?

 期待の新品種だったそうで、たったこれだけのために、30年間の独占管理権が無くなったのは確かにイタイ。名前を変えて再登録、ということはできないらしいので、また新しい品種を開発する必要があるそうです・・・・・大変ですね。

 

 「あおり21」は、確か先日のNHKの9時のニュースで取り上げられていたような気がしますね。

 皮をむいても、長時間酸化しない(実が赤茶けてこない)、ということで、見栄えを気にする飲食店でのニーズや、ジュースにしても添架物の量を少なくできる、といったメリットがあるなど、新しい需要を生み出すのではないか、といった内容だったと思います。

 

 青森県にすれば、これをもし独占管理できていたら・・・と残念な思いでしょう。しかし、他県のリンゴ農家からすれば、ひょんなところからチャンスが生まれる可能性ができた、ということになります。

 

続きを読む
posted by いさた at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

カップヌードルに防虫剤が?

 短い速報のニュースですが、神奈川県藤沢市で売られていた日清のカップヌードルを食べた女性が、 嘔吐や舌のしびれを訴える、という事態が発生していたそうです。女性は軽症で、現在は回復しているとのこと。

 

 問題のカップヌードルのスープから、防虫剤の成分であるパラジクロロベンゼンが検出されたそうです。 どこで製造したものなのか、また製造過程で混入したものなのか、それとも店頭で何かされたのか、 そういったことは今の時点ではわかりません。

 カップヌードルは、いろいろ語るまでもなくカップ麺の定番だし、この件でもし、全国の店頭から撤去となった場合、 影響はかなり大きいですね。個人的には、製造過程で混入、というのはあって欲しくないですが。

 さらには日清製品の販売自粛、というような事態に広がると大事になりそうですが、これは今後の原因究明と、 状況推移を見守るしかありません。

 

 しかし、「カップ麺を開封直後に薬品臭がした」のであれば、 用心して食べなければ良かったのではないかと思いますが、食べてしまったのですね。空腹には勝てなかったのか、 それとももったいなかったから?

 軽症で済んだのは幸いですが、毒物混入事件が多い昨今、ちょっと軽率な行動ですね・・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 19:07 | Comment(4) | TrackBack(10) | 思い事(毒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州新幹線高架橋の埋設型枠に欠陥

 鹿児島市と熊本県八代市を結ぶ九州新幹線の高架橋に使われた埋設型枠に欠陥があり、型枠が剥離してはがれる、 といったケースが起きているそうです。

 扱いが比較的大きいのは、問題のある型枠材「ASフォーム」が、 麻生一族である株式会社麻生が販売したものであるから、のようですね。ま、ネガティブキャンペーンでしょうが、 ちょっと弱いかな、と思います。

 

 それはさておいて、興味引かれるのは技術的な面です。

 この型枠材が剥離・落下して、例えば人や車に当る、といった事態が考えられますが、 橋本体の耐久性にまで影響は無いのでは。型枠材自体を橋の耐力に含めて考えたり、 あるいは型枠により橋が保護されるということで、鉄筋のかぶりを減じる、ということは普通はやらないので。

 ただし、鉄道の場合、独自の設計基準を持っているので、少し違う可能性はありますが、 たぶん基本的なラインは同じでしょう。

 

 埋設型枠の効用として、急速施工が可能(脱枠が不要)、また鉄筋コンクリート自体を保護し、 コンクリートが剥離して落下するのを防ぐ、といったことがありますが、今回の場合、 後者の効用は期待できない(型枠材の方が先に落下してはね・・・)ということになります。

 対策としては、型枠材がはがれないようにアンカー等で固定する、または問題のある材料は撤去してしまい、 別のコンクリート面保護を施す、ということが考えられます。

 

 欠陥が明確になれば、麻生の費用負担の元に対策をすることになるのでしょうが、 構造物の瑕疵担保はどうなっているのでしょうね。建設自体は7〜8年前のようなので、まだ時効ではないのかな。

 瑕疵担保となると、JRと建設会社間の問題になると思いますが、施工はどこがしたのでしょうね。

 

続きを読む
posted by いさた at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

日本一短い川が誕生

 和歌山県に、日本一短い川が誕生、その名も「ぶつぶつ川」。長さ13.5m。

 日本一短い、というのは、管理者が町から県にかわり、やや専門的に言うと、河川法の適用を受ける河川になった、 ということで、そう言った河川の中では一番短い、ということのようです。なので、誕生、と言っても、 川自体は以前から存在しています。

 

 これまでの、北海道島牧村のホンベツ川の30mを抜いた、ということのようです。雑学的知識としては、 知っていれば話の種にはなるかもしれませんね。

 和歌山県は観光名所になってくれれば、と言った淡い期待を抱いているようです。13.5mの川に見どころがあれば、 日本一物件として有名になるか?f(^^;

 

続きを読む
posted by いさた at 17:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 土木関連(技術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひき逃げ事件 3キロ引きずり

 今朝4時過ぎ頃、梅田で横断歩道のない交差点を横断中の会社員が車に轢かれ、そのまま3キロ引きずられる、 というひき逃げ事件が発生したとのこと。被害者の会社員は、昨夕から飲んで帰る途中だったということです。

 

 逃げたクルマは黒っぽいステーションワゴンということですが、人をはねて3キロも引きずっていたら、人、 もしくは何か引っかけている自覚がドライバーにあるでしょう(自身でそう言う経験が無いので、 実際のところどんな感じかは想像するしかありませんが)。

 ドライバーはどんな気持で走っていたのか。時間帯からして、飲酒運転だったのかも知れません。必死の逃走か?

 

 さて、会社員が引かれた現場の交差点ですが、相当に交通量が多い場所で、かつ道幅も広い。当然、横断歩道も無し。 もし、昼間にここを横断しよう、というのは自殺行為と同じですね。

 発生は明け方なので、交通量は少なめだったのかもしれませんが、それにしてもこんなところを渡るか? と言うのが率直なところ。酔いの勢いか何かで行ってしまったのでしょうか。

 

 亡くなった会社員は、引きずられなければ生命は助かった可能性はありますが、状況から想像すると、歩行者と運転者、 どっちもどっち、といった感想。

 

続きを読む
posted by いさた at 15:05 | Comment(4) | TrackBack(6) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

電子マネーで二重払い

 前払型の電子マネーで、支払時の端末操作ミスなどにより、代金が二重に支払われるケースがあるそうです。 前払型で私が関係しそうなのは、Edy、WAON、ICOCAぐらいでしょうかね。Suica、 PASMOはまず利用機会はありません。

 

 引用元の読売の「二重引き落とし続出」というのはちょっとオーバーな感じがしますね。過去1年ぐらいで、 今のところ確認件数が200件に満たない程度なら、発生率としては相当低いのでは、という感覚があります。

 Edyは非公表だそうで、他のサービスでも調べればまだまだ出てくるのかもしれません。前払型は、 利用者がわざわざ利用履歴を調べないと気づかないので、わかっていないケースがあっても不思議ではありません。

 

 件の電子マネーは、もらいもののEdyを数回使ったことぐらいしか経験がありませんが、 利用履歴ってどうやって調べるのでしょうね。前払型電子マネーを使う際には、注意が必要、ということのようです。やはり、 自身でチェックすることが重要ですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 覚え書(etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

『 DOLL 』

 今月のFM大阪のパワープレイでかかっているSCANDALのメジャーデビューシングル『DOLL』。10/22発売。

 FM大阪のパワープレイのコンテンツから引用すると、こんなバンドだそうな。

2006年8月大阪のボーカル&ダンススクールで出会った女子高生4人で結成。間もなく大阪城公園の「シロテン」でストリートライブを開始し、関西のライブハウスにも出演。 今年アメリカ6大都市を巡るツァーを敢行、またTOWERレコード限定シングルを3か月連続でリリースするなど、荒削りでアグレッシブなサウンドとポップなキャラクターの彼女たちは、今もっとも注目されるガーリー・ガレージ・バンド。

 

 確かにアグレッシブ、かつポップさを感じさせるサウンドで、私の琴線に触れるものがある。なかなかに良い。

 FMだと、パワープレイ以外に、リリース前のシングルをかけまくって、一日に数十回かかることもあったりして、シングル発売時には既にもう聞きたくないほど飽きていることもあるけれど、この『DOLL』は結構好きですね。

 

 久しぶりに、パワープレイで聞いてみたい曲があらわれた、という感じ。個人的には、今よくかかっている、Girls Ne...xxとか、mihima...とか、いきもの...xxとかよりは、はるかに良い。

 デビューして、活躍はこれから。ガンバレ!

 

SCANDAL Official Website
http://www.scandal-4.com/

FM大阪
http://fmosaka.net/index.shtml

 

posted by いさた at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

大阪府 あと2週間待てなかったのか

 大阪府が門真市で、第2京阪道路の用地として、保育園の畑を強制収用したそうです。畑には、保育園児たちが大事に育ててきたサツマイモや落花生が植わっていて、2週間後には芋掘りを予定していたのに、収穫の喜び目前で無惨にも破壊されてしまいました。

 

 単刀直入に言って、なぜあと2週間待てなかったのか。橋下知事の説明では、これ以上待つと第2京阪の開通が遅れ、通行量で6〜7億の損が出るので、公の利益のためだ、ということだそうです。

 この畑以外に、まだ3000平方メートルほど未買収地があるそうですが、(大阪府が交渉を進めているかどうか知りませんが)そちらもすぐに強制収用するのでしょうか?そうでないなら、今、強制収用する意味はなんでしょうね。

 時間が無い、というのも、役所が手続きにかかる時間を極力短縮する努力をしたり、工事の工期短縮を工夫したりすれば、開通までに2週間ぐらいは稼ぎ出せるんじゃないでしょうか。そうすると、結局しわ寄せは業者側に寄せられて、突貫工事を余儀なくさせられるような気もしますが・・・・

 

 また、橋下知事は、なぜ2週間早く収穫しなかったのか、とか菜園を使った別のイベントもできたのでは、とか言っているそうですが、これは全く何もわかっていないですね。

 何のために畑で作物を育てていて、それが子供たちの成長にいかに関わっているのか、理解していない。時期を考えずにただ収穫すればいいものでもないし、ずっと収穫を目標に育ててきたのに、直前になって違うことをして終わり、では何をしてきたのかわからない。

 イベントをして、それが楽しければ良い、ということでは決して無いはずです。

 

 今回の強制収用で、園児たちも何か思うことがあっただろうし、中にはショックを受けた子もいるでしょう。通行量で6〜7億の損害というけれど、子供たちの心に与えた衝撃が、将来どのような影響を及ぼすのでしょうか。

 お金に換算できるものではないでしょうが、数億円の損失では、到底済まないかも知れませんよ・・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 22:51 | Comment(16) | TrackBack(9) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

「皇居ランナー」の銭湯マナー

 皇居周辺を周回して走るビジネスマンのランナーを「皇居ランナー」と言うらしいのですが、 このランナー達が汗を流すために銭湯を利用するので、都心の銭湯の利用が増えているそうです。

 利用者が減少する銭湯の経営にとっては有難いことですが、マナーの悪い客が多くて困っているとか。

 

 まず、脱衣所にシューズを持込む、ということです。間違えて履いて帰られるかも、という思いからのようですが、 東京の方の風呂屋には、カギのついた下足箱は無いのでしょうかね?

 子供の頃は家に風呂が無く、風呂屋に行くのが楽しみでした。何軒も行きましたが、 必ずカギがついた(カマボコ板を大きくしたような木製)下足箱があったので、シューズを脱衣所に持込む、 という事自体考えつきません。東西の文化の違い?

 

 また、風呂桶を片付けない人がいる、ということです。これは年代にもよると思いますが、 もっぱら内風呂で育ってきて、銭湯の利用経験が少ないからではないでしょうか。利用のマナー、 というか暗黙の了解ごとを知らない、ということでしょうから。

 ここらは、銭湯側が貼り紙をしたりして、不文律を明文化して要請しないと、マナーを守るのは難しい気がします。 利用者の間で不文律が伝承されていくのが「美しい」のでしょうが、銭湯通いをする人が減っていっている現在、 方法を変える必要があると思います。

 

続きを読む
posted by いさた at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(柔らかめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毒インゲン 3万5千倍

 イトーヨーカドーが東京は八王子市で販売した、中国製の冷凍インゲン中に、 基準値の約3万5千倍もの高濃度の殺虫剤「ジクロルボス」が混入していたとのこと。製品自体はニチレイフーズ製。

 このインゲンを使った料理を味見した主婦が急性症状を起したが回復。 いまのところ他に健康被害は報告されていないそうです。被害にあった主婦の方は「毒味役」として災難でしたが、 家族に被害が及ばなかったのは不幸中の幸い、でしょう。

 

 これだけの高濃度だと、ほぼ原液ではないか、ということです。以前大騒ぎになった毒ギョウザどころではない濃さですよ。しかし、 中国製と聞けば「そういうことがあっても不思議ではない」とどこか納得しまいます。これまでいろいろありすぎて、 感覚がマヒしています。

 今回の件は故意か事故なのかわかりませんが、改めて「中国製品には気をつけろ」ということですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(15) | 思い事(毒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

メルちゃんのバスタブのリコール

 玩具の「メルちゃん」シリーズ中のアイテムのひとつ、バスタブがリコールになったそうです。消費生活用製品安全法に基づく措置で、約30万個を無償交換するとのこと。引用元のasahi.comの記事には実物の写真があります。

 水関係なので、お風呂の中で使われることが多いと思いますが、シャワーを支持しているホルダー部が、風呂場でこけた際に身体に刺さる事故が2件発生したため、ということです。

 

 シャワーヘッドを外した状態のホルダー部が刺さったのでしょうね。問題の部分は、柔らかい素材にし、形も変更するそうです。角をとるんでしょうかね。

 ウチにも問題のバスタブがあります。ウチの子も、もっと小さいときにはメルちゃんで遊んで、このバスタブも使っていましたが、今では卒業したのか、メルちゃんで遊ぶことはほとんど無いようです。

 

 実際に使っているときには、怪我の可能性なんて考えたことも無かったし、これまで怪我もしなかったのですが、危険なこともあるのですね。

 さて、どういう対応にしようか、明日、嫁はんと相談してみよう。

 

続きを読む
posted by いさた at 22:27 | Comment(3) | TrackBack(2) | ウチの子供たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

技術士一次試験を受けてきた

 個人的なことですが、今日は技術士一次試験の試験日で、試験を受けてきました。

 「技術士」というのは国家資格で、一応、科学技術に関連した計画や設計に携わる者の資格として、国内で最もメジャーな資格です。科学技術、ということで、建設関係に限らず、機械や電子、農業、環境、あるいは経営工学など、様々な分野(部門という)がありますが、建設部門が大半を占めているのが実情です。

 

 建設コンサルタントと名乗るためには、この技術士の資格を持った者が必要で、建設関連業界では有用な資格ですが、一般の知名度は、弁護士や行政書士などと比べれば、まだまだ低いものです。

 ちなみに、建設部門の技術士は、建築に関わる業務はできず、建築は「建築士」が行います。こちらは、もともとそれなりの知名度はありましたが、耐震偽装でさらに知名度が上がった、というところでしょう。

 

 これまで、資格取得は気にしてこなかったのですが、ここらで一つ腕試ししておくか、という気分で、今年試験に申し込んでみました。さて、私が受けてきたのは・・・・

 

続きを読む
posted by いさた at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ロス疑惑の三浦和義氏が自殺

 今年の2月にサイパンで逮捕され、つい先日ロサンゼルスに移送された三浦和義元社長(変わった肩書きの付け方ですがなぜだろう)が自殺したというニュースがありました。

 

 緒形拳さんの訃報も驚きましたが、こちらも驚きました。首をつった、ということですが、拘留中の自殺防止の対策はどうなっていたのでしょう。警察当局の記者会見も行われるそうなので、その辺の説明はあるのでしょうか。アメリカだと、考え方が違うかも知れませんね。

 

 結局、これでロス疑惑の本当のところは、三浦氏があの世まで持っていってしまいました。事件発生から相当時間も経ち、世間もそれほどの関心は寄せていないでしょうが、やはり「疑惑」のまま終わる、というのは残念です。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(39) | 思い事(気になる) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

超深海魚 撮影成功

 日本海溝、深さ7700mの「超深海」に棲む魚の撮影に成功したそうです。これまで撮影された深海魚のうち、最も深いとのこと。日本とイギリスが共同で調査機器を設置したそうですが、超深海の環境に耐えうる調査機器をつくる技術もすごいものですね。

 

 結構活発に活動し、17匹ぐらいが一緒に写っている映像もあるそうで、これまでの超深海魚の常識(数は少なく、動きも少ない)をくつがえすものだそうです。

 7700mといえば、約770気圧で、地表面の770倍の圧力がかかっています。また水温も1.7度と非常に低く、過酷ですが、そんな環境でも生きている命があるのですね。

 生きているということは、当然餌も存在しており、死体を分解するものなどもいて、超深海でうまくまわっている生態系があるということになります。不思議ですが、生命とはなんと強いものなのでしょうか。

 

 魚の姿は、引用元のasahi.comに写真があります。「シンカイクサウオ」という魚のようです。見た目は、白いオタマジャクシのような感じ。光がささないので白いのですね。

 深海魚は見慣れない変わったかたちのものが多いですが、このシンカイクサウオもそうですね。過酷な環境で生きていくには都合がよいのかも知れません。

 撮影だけでなく、わなを使って3匹ほど捕まえたそうです。研究のため調べるようです。超深海魚を地表まで連れてくるのは、かなりゆっくりと注意深くしないと、圧力差がありすぎて、身体が変形してしまいそうな気がしますが、素人の杞憂でしょうかね。浮き袋が口から飛び出す、程度の騒ぎでは無いような。

 

 私たちにとっては、超深海は日常から離れた、言ってみれば「夢の世界」のようなものですが、一方で超深海に棲む魚たちにとっては、世界的な株価暴落など、まさに「別世界」のできごと、ですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い事(すごい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

今度はノーベル化学賞だ

 タイガースの敗戦はショックでしたが、気分が切り替わる明るい話題がありました。ノーベル物理学賞に続いて、ノーベル化学賞でも日本人の下村脩さんが受賞する運びとなりました。おめでとうございます。

 評価された業績は、今や細胞中のタンパク質を観察する手法として広く使われているという、「光る目印」となる物質を特定し、光るメカニズムを解明した、という研究のようです。

 

 今年のノーベル賞は当たり年なのでしょうか。これで日本人が4名受賞となりました。またしても快挙です(^^)

 この勢いなら、文学賞候補に度々名前が挙がっているあの作家も受賞となるのか??

(関連記事)
ノーベル物理学賞に日本人3名

 

続きを読む
posted by いさた at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(16) | 思い事(喜・楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負けてもうた・・・

 阪神タイガース、ジャイアンツとの天王山の一戦に負けてもうた・・・orz

 3−1だったけれど、押し出しの1点だけではなぁ・・・・これぐらいの点差なら、チャンスでもう少し打てていれば勝負はわからなかったのに。

 

 チームの勢いと残り試合から見て、優勝はまずジャイアンツでしょうね。タイガースは、緊張の糸が切れた感じか。クライマックスシリーズ向けに気持ちを切り替えた方がいいかもしれないけれど、この調子ではドラゴンズにやられて終わりそう。

 ペナントレースの前半の独走ぶりが、今となっては懐かしい思い出に・・・・

 

posted by いさた at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(なにわ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ノーベル物理学賞に日本人3名

 今年のノーベル物理学賞は日本人3名が受賞することになりました。米国籍ですが南部陽一郎氏と、小林誠氏・益川敏英氏の2名のグループにそれぞれ賞が贈られるようです。

 日本人がノーベル賞を受賞するのは2002年以来6年ぶり、3名同時は初。快挙です(^^)

 

 物理学の中でも、素粒子物理学分野での業績が評価されての受賞のようです。理論的なことはよく理解できませんが(^^;、現在主流となっている理論の基礎を打ち立てたのですね。

 

 近年、日本では理系志望が減少の一途をたどっている、といったことを聞きますが、今回のノーベル賞受賞がきっかけとなり、理系への関心が多少なりとも高まると良いですね。

 

続きを読む
posted by いさた at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(24) | 思い事(喜・楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[訃報] 緒形拳さん急逝

 今朝方、緒形拳さんが今月5日に亡くなられていた、というニュースが。驚きました。先頃、 ドラマの製作発表で元気そうな姿を見たのですが・・・・その後体調が急変したらしいです。

 

 幅広い役柄をこなす名優。出演作では独特の重みというか、存在感がありましたね。「必殺シリーズ」や「楢山節考」 が代表とされるところでしょうが、私としては昔のドラマ「ポケベルが鳴らなくて」で演じた、 不倫で家庭を崩壊させる男性の役も印象に残っています。

 

 死因は公表されていないようですが、一説にはガンだったとも言われているようです。しかし、 71歳はまだ早いでしょう。心から哀悼の意を表し、故人のご冥福をお祈りいたします。

 

続きを読む
posted by いさた at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(8) | 時事(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

[映画] 大決戦!超ウルトラ8兄弟 感想

 記事名のウルトラマンの映画ですが、昨日家族で見に行ってきました。シネ・リーブル梅田に行ったのですが、客の入りは100席中、20〜30名といったところ。

 大ヒット御礼、ということで「大入り袋」をもらったりもしたのですが、率直なところ、う〜ん、これで大ヒット?という印象でした。公開から日数が経っていることもあるかもしれませんが。ま、ゆったりと見られたのは有り難かったです。

 感想などについては、一部ネタバレがありますので、追記部分に。あらすじなどは公式サイトをご覧下さい。では・・・

「大決戦!超ウルトラ8兄弟」公式サイト
http://ultra2008.jp/index.htm

続きを読む
posted by いさた at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

東大農場で禁止農薬を使い米作り(追記あり)

 三笠フーズによる汚染米、事故米問題が発覚してまだ間もないですが、東大農場での問題も発覚した模様です。 97〜99年と、10年近く前のことですが、国内で使用が禁止されている水銀系の農薬を使って米作りをしていたとのこと。 内部告発で発覚したのでしょうか。

 問題になっている農薬は「酢酸フェニル水銀」といい、73年に国内での使用が禁止されたものだそうです。 禁止から25年も経っているのに使われていた、ということは学内にかなりのストックがあったのでしょうか?水銀、 と聞くと水俣病を思い出しますが、酢酸フェニル水銀には、水俣病の原因であるメチル水銀ほどの毒性は無いらしいです。

 

 農場でできた米は、学内の生協で使われたり、一般販売もされていたそうです。使用されていた時期など、 引用したニュースを読む感じでは、今後の内部調査によって新しい事実が出てくるのかも知れません。 今に至っても使われているとか・・・・・

 よくわからないのが、なぜそんな農薬を、よりによって東大の農場で使っていたのか、ということですね。 思いつくのは、禁止されているとは知らずに、ただストックがあったから利用していたというパターンですが。

 

 今回の問題は、「東大」が舞台、という点で情けなさに拍車がかかっていますねぇ。大学として、 使用の経緯や健康への影響など、今後の調査で明らかにして、きっちりとフォローしてもらいたいですね。

 

2008.10.03 12:50 追記
東大が件の農薬を使っていた時期は、製造・販売は禁止だったが、使用については「合法」だった、という情報もありますね。使用禁止の症例が出たのは2003年だとか。
行政の対処のまずさ?もこの問題に関連があるのかもしれません。

 

続きを読む
posted by いさた at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | 思い事(とほほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

Spamメール 日平均通数(2008.01〜09)

 9月が終りました。アメリカ発世界的金融不安か、という状況で下半期に突入していくことになりました。Spamメールの月別(それぞれ1日〜末日区切り)日平均通数です。

 (2007.12 106.1 通/日)

 2008.01 104.9 通/日
 2008.02 148.4 通/日
 2008.03 155.2 通/日
 2008.04 147.3 通/日
 2008.05 133.6 通/日
 2008.06 139.7 通/日
 2008.07 115.8 通/日
 2008.08 124.2 通/日
 2008.09 127.3 通/日

 8月から微増。日本語メール・英文メールが3:7ぐらいです。英文メールが少し減ったように感じますが、その分日本語のアダルト系や出会い系のメールが増加したようです。100通/日以下にはならないようですね。右肩上がりか・・・

 

posted by いさた at 00:34 | Comment(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ 【当ブログや記事を評価していただける方へ】
最後までお読みいただきありがとうございます。m(_"_)m
上のバナーをクリックしていただけると励みになります。